絶対にときめいてはいけない ネタバレ 30話!弟としてさくらの傍にいることを選んだ楓

絶対にときめいてはいけない ネタバレ 30話漫画ネタバレ

デザートの漫画「絶対にときめいてはいけない」(築島 治先生)

今日は、その漫画「絶対にときめいてはいけない」30話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

弟としてさくらの傍にいることを選んだ楓…

また、「絶対にときめいてはいけない」はU-NEXTで無料で読むことができます!

\「甘くない彼らの日常は」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

絶対にときめいてはいけない ネタバレ 30話!弟としてさくらの傍にいることを選んだ楓

突然、弟に戻りたい、とさくらに打ち明ける楓…。

卒業まではこのまま家族でいようってこと?とさくらは尋ねます。

違う、と楓は真剣な表情で答えます。

さくらとのことを考え直したい、とも…。

自分が何かした?嫌になった?と驚くさくら。

違う、でもさくらの母さんが倒れた時からずっと考えていた、と楓は話します。

もう私とは付き合わないって意味なの?とショックを受けるさくら…。

楓の言葉に混乱し、少し時間が欲しい、と言うさくらは話を聞き入れません。

はっきり結論を出そうとする楓の言葉を遮り、考えるふりでもいいから、とさくらは話を終わらせるのでした。

 

後日、さくらは友達に、楓に言われたことを話します。

さくらのお母さんが倒れたことで動揺しているだけなのでは、と友達。

さくらは、私たちが付き合ったことがいけなかったのかな、と話します。

私がそう思うぐらいだから、きっと楓はもっと色々考えたのかな、とさくら…。

そばにいてくれて安心してしまった自分が、もっと楓の気持ちを考えてあげればよかった、とも話します。

さくらは、心の中で楓に謝るのでした。

気づいてあげられなくてごめん、ごめんね…。

友達に話したことで少し気持ちがすっきりしたさくら。

そしてこれからのことを悩みながら、さくら達は夏休みを迎えます。

 

終業式も終わり、帰りにどこかへ遊びに行こう、とさくらを誘う友達。

しかしさくらは、お母さんの帰りが早いし晩ご飯の準備もあるから、と断って帰ってしまいました。

帰って行くさくらの方を見ながら、家にいるの辛いんじゃないかな、弟くんと嫌でも顔を合わせないといけないしね、と心配する友達…。

その後ろには、さくらの姿を探す涼がいました。

友達の会話が全て聞こえてしまった涼…。

 

自宅で昼ご飯の準備をするさくら。

友達が自分に気を遣ってくれたことを嬉しく思います。

とそこへ、楓が帰ってきます。

少し気まずいながらも、一緒に昼ご飯を食べるさくらと楓。

楓が変わらずに優しいことをさくらは心の中で嬉しく思います。

昼ご飯の後片付け中に、雑誌で指を切ってしまったさくら。

その指にそっと絆創膏を貼る楓に、前にもこんなことがあったね、と懐かしそうに話します。

あの時、楓は指を舐めて消毒してくれました…。

さくらは、消毒しないの?と潤んだ瞳で見つめます。

しかし楓は、絆創膏を貼ると、さくらに背中を向けてしまいました。

特別な関係が終わってしまったことに、苦しくなるさくらなのでした。

そしてそれは楓も同じようです…。

 

家族で晩ご飯を食べていると突然、夏休み中は葵のところへ行く、と楓が切り出します。

大学のこととか聞きたいから、と急に行くことを決めた楓に、戸惑う家族とさくら…。

さくらは2人きりの時に、思い切って葵のところに行くのはいつから決まっていたのかを楓に尋ねます。

好きなだけいていいって言われたから、と話す楓。

戸惑うさくらに、しばらく離れた方がいい、気持ちの整理つかないだろうから、と突き放します。

気持ちの整理なんてつかない、と苦しくなるさくら…。

 

楓が葵のところへ行ってしまい、一日が長く感じるさくら。

今日はクラスの皆で、小太郎くんの誕生日会をやる予定です。

きっと楓も来るだろう、と考えるさくらは行きたくない思いと、会いたい気持ちとの間で悩むのでした。

結局、小太郎の誕生日会へと向かったさくらは、そこで涼に会います。

楓は来れなくなった、とその内の1人が話します。

来ないのか、と少し残念そうなさくら…。

楽しそうな雰囲気の中、楓の近況を話す友達。

さくらは楓から自分に、連絡がきていないことを悲しみます。

それでも普段通りにしなくちゃ、と無理やり笑顔を作るさくら…。

とそこへ、涼がそろそろ行こうか、とさくらに声を掛けました。

驚くさくらを連れて、これから別の打ち上げに参加するから悪いけど抜けるな、と皆に説明する涼。

そして2人は、外を歩き出します。

戸惑うさくらに、後ろは振り向かないから、と答え歩く涼。

無理やり笑顔を作っていたことを見抜いていた涼に、安心したさくらは涙を流すのでした。

 

一方その頃、葵に連れられ大学へと向かった楓。

葵の女友達の勢いに圧倒されてしまいます。

次々とどんな子が好み?紹介するよ?と質問攻めにされる楓…。

そばにいたい子はいる、告白とかそういうのはしない、と答えます。

じゃあ付き合えばいいのに、という言葉に、黙ってしまう楓…。

弟なら、ずっとさくらのそばにいられるんだ、とさくらの笑顔を思い出すのでした…。

絶対にときめいてはいけない ネタバレ 30話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「絶対にときめいてはいけない」ネタバレ 30話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「絶対にときめいてはいけない」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額2,189円(税込)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額976円(税込)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1,958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「絶対にときめいてはいけない」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「絶対にときめいてはいけない」が読めるということ。

これなら、タダで「絶対にときめいてはいけない」を読むことができます。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントがもらえる
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\ 無料トライアル600ポイントで!/ 

「絶対にときめいてはいけない」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

絶対にときめいてはいけない ネタバレ 30話の感想!

切ない!

切なすぎる回でした!

楓はさくらを守るために弟の立場を選んだわけですね…。

でもさくらはとっても辛そうです…。

確かに弟としてはずっとそばにいられるけど、今までの関係を考えるとさくらは苦しいですよね…。

そこへ、涼の優しさが沁みます!

もしかしたら、さくらと涼がいい雰囲気になるのでしょうか…。

今度の展開から目が離せませんね!

まとめ

「絶対にときめいてはいけない」ネタバレ 30話と感想をご紹介しました!

「絶対にときめいてはいけない」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「絶対にときめいてはいけない」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「絶対にときめいてはいけない」を楽しんでくださいね!

「絶対にときめいてはいけない」31話はこちら>>>

漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント