大切な日はいつも雨 あらすじ ネタバレ 92話!二人で抜け出し…健一は恭子は話を…

漫画ネタバレ

LINEマンガで配信中の漫画「大切な日はいつも雨」

今日は、その漫画「大切な日はいつも雨」92話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

みなみの告白を受け、飲み会を抜け出した健一…恭子の話を温かく聞いてくれるみなみに…?

「大切な日はいつも雨」 91話はこちら>>>

\好きな漫画を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

U-NEXTは、31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいねね。

大切な日はいつも雨 あらすじ ネタバレ 92話!二人で抜け出し…健一は恭子は話を…

居酒屋で再会した健一とみなみ。

健一へ想いのすべてを告白したみなみは、私じゃ・・・やっぱりダメですか・・・?と彼の胸元に顔をうずめて言うのでした。

みなみの積極的さに驚き、顔を赤くしてしまっている健一。

みなみも健一の胸元に顔をうずめたまま、ドキドキしながら健一の返事を待っています。

みなみの肩を掴んで、そっと引き離した健一は、こう言うのでした。

と・・・とりあえず、ちょっと抜けるってみんなに言ってくるからここで待っていてくれる?まだ酔いも醒めてないと思うし、ちょっと散歩でもしよう!と。

・・・はい、と返事をしたみなみなのでした。

 

人気のない商店街を歩く二人。

さっきのみなみの告白もあり、気まずそうにお互い沈黙のまま・・・。

そんな沈黙の中、みなみが思い切って明るく声を出します。

久しぶりに!質問ターイム!と。

え!?と驚く健一に、この方が聞きたい事を聞けそうだと思って・・・と。

そんなみなみの優しい気遣いに、ありがとう!俺もその方が素直に堪えられそう、と健一も笑顔になります。

じゃあ、やっぱりまずは昔の事を聞きたいのでとみなみ。

高校の時、部活は何をしていたんですか!?と健一に訊ねます。

弓道部だよ!と答えた健一に、わっ!袴姿だ!見たかったなぁ!とみなみは素直に言葉にします。

ご兄弟は!?と聞くと、弟がいるよ!と健一。

あぁ!・・・っぽいです!なんか男兄弟で女性に慣れていない感じ!?とクスッとみなみが笑います。

確かに!それはあるかも!と健一も照れくさそうにします。

今度は、一番聞きたい事を聞いちゃおうかな、と言うみなみ。

前の彼女さんとの出逢いの話・・・聞いてもいいですか!?と。

少しの沈黙の後、いいよ・・・と答えた健一は、ゆっくりと話し始めるのでした。

 

実は俺、高校の時は本当に女性を異性として意識したことはなかったんだ、と。

いつも男友達と遊んでいたし、だから彼女に対しても記憶が今となってはうろ覚えなのだと。

特に彼女との本当の出逢いは、俺が思っているような出逢いではないのかもしれない、と言った健一。

彼女さんの片想いからだったってことですね、とみなみは返します。

健一の中で、初めて記憶の中でハッキリと彼女が入り込んできたのは卒業式だそう。

いつものように男友達とかたまっていた健一に、一緒に写真を撮りたい、と話し掛けてきたのが彼女。

男友達のモテ男がいたから、そいつと撮りたいんだと勘違いをした健一だったけれど、彼女は健一と写真を撮りたかったのです。

そんなことがあったけれど、付き合うことになったのはまだまだ先の話だそう。

それから偶然再会をした時、健一の中には彼女はいなかったけれど、彼女の中にはまだ健一がいたのでした。

ここまで話して、今と立場は逆ってことだよな、と笑う健一。

でも今思えば、前からつながりはあったんだなと思うことが多くあったそう。

ふとした時に、彼女の笑顔が目に付いたり、よくすれ違ったり・・・そんなことがよくあったのかもしれない・・・と今となって思い出されるのでした。

 

もっと・・・早く彼女の存在に気が付いていたかった、とか・・・。

終わった時間にすら彼女を求めてしまう・・・と呟いた健一の頬には涙が。

自分でも驚いたようで、慌てて涙を拭う健一。

こんな話、嫌だったよねと言う健一に、全然そんなことないです!とみなみ。

それを含めて白石さんだし・・・それにきっと、その前の彼女さんを超えないと、あなたの彼女にはなれない気がするからと、みなみははにかみます。

だから我慢してこの話を聞いているわけじゃないし、知っておきたいのは私のほうなんです、と。

それに!私、白石さんの気持ちわかります・・・私も同じだから、終わった時間にすら白石さんを求めてしまいます、と言うみなみ。

もっと早くあなたと出逢っていたかった、と言って健一のことを見上げるみなみに、健一はこう言います。

強いんだね、みなみちゃんは・・・と。

 

そして、こう言うのでした。

俺こんなに弱いんだけど・・・大丈夫?それでもいい?

そして・・・みなみの手をそっと握るのでした。

今は・・・そういう時期なんですよ、とだけ言って、みなみも健一の手を握り返します。

それだけ言って、二人はまた沈黙になるのでしたーーー。

→「大切な日はいつも雨」ネタバレ 93話に続く

→「大切な日はいつも雨」ネタバレ 全話まとめはこちら

大切な日はいつも雨 あらすじ ネタバレ 92話の感想!

みなみ、最高にイイ女じゃないですか!?

強くて優しくて、明るくて・・・。

最後、健一のセリフにグッときました。

こっちまでガッツポーズを握ってしまう程でした。

きっと最初は健一はまだまだ恭子のことを引きずって、みなみも辛いことが多いかもしれないけれど、どうにか頑張って欲しいです!

東京に行きたいこととかはどうするんでしょう!?

この二人の行方もすごく気になりますね!

漫画が無料&お得に読める!おすすめサービスTOP3!

no1・31日間無料トライアルあり
・無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる
継続利用でもらえるポイントは1200円分

U-NEXT公式サイト

no2・会員登録なし
初回ログインで30%OFFクーポンがもらえる
・Tポイントが利用できる

eBook公式サイト

no3・会員登録無料
ポイント還元率最大50%でお得
・無料会員で3000作品以上が読み放題

まんが王国公式サイト

コメント