捨てられた皇妃 ネタバレ 最終回の結末(145)!ルブリスの想いに応えるアリスティア…

漫画ネタバレ

ピッコマで配信中の漫画「捨てられた皇妃」

今日は、その漫画「捨てられた皇妃」 最終回の結末(145)を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

「捨てられた皇妃」 144はこちら>>>

「捨てられた皇妃」 ネタバレ 全話まとめ はこちら>>>

血の誓いをアリスティアにたてるルブリスに、とうとうアリスティアはその想いを受け入れて…

\好きな漫画を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

U-NEXTは、31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

捨てられた皇妃 ネタバレ 最終回の結末(145)!ルブリスの想いに応えるアリスティア…

お茶をしながら、話をするアリスティアとカルセイン。

アリスティアが、久しぶりに昔の話もいいものね、と言うとカルセインが、この前の約束だけど…と話し出します。

アリスティアが、2日ほど付き合って欲しい、っていう話し?とそれに答えると、それはもういい、とカルセインは言いました。

どうして?とアリスティアが聞くとカルセインは、自分の母親の話しを始めます。

母親は父親を最初愛していたわけじゃなかったけど、一緒にいて楽で楽しかったから結婚を決めた。

そうして一緒に過ごすうちに、燃えるような感情じゃなくて、水のような静かな愛もある、って気付いた、と言っていた。

自分もそんな風に、父親のように情熱的に愛して、母親のように静かに愛されたかった、とカルセインは言いました。

そして、前に一緒に行った草原を覚えているか、とアリスティアに聞きました。

アリスティアは、もちろん覚えているし、その風景は忘れない、と答えます。

カルセインは、もう一度アリスティアとその草原に行って話したいことがあったけど…もうその必要がなくなった、と笑いながら言いました。

カルセインの話しがよくわからないアリスティアですが、ルブリスも心配するしそろそろ戻ったほうがいい、とカルセインはアリスティアに言い、アリスティアは、なんだか追い出されているようだな、と感じます。

そして、また会いましょう、とアリスティアが言うとカルセインは、元気で、と返してきました。

それを聞いたアリスティアは、カルセインは自分にさよならを告げたのだ、と気付きます。

さよならを言うために、気持ちを整理していたんだ、と気付いたアリスティアは、自分も振り返ってはダメだ、と思いました。

そしてアリスティアはカルセインの元から歩き出します。

心の中で、カルセインにさよならを告げながら。

 

書類に判を押す父に、お世話になりました、と挨拶をするアリスティア。

すると、いつかアリスティアが騎士になることを諦めてくれることを願っていたけれど、いざそうなると変な気分だ、と父は笑います。

ごめんなさい、というアリスティアに、アリスティアが幸せならそれでいいんだ、と優しく微笑む父。

父は、皇室との合意内容についても話してくれました。

皇后になってもモニーク家の後継者となれること、父が神に召された後の爵位はアリスティアに継承されること、そうなった時にはモニーク家のものはアリスティアの所有となり、皇太子となる子以外の銀髪の子供の1人に爵位を譲ればいいこと。

アリスティアは皇后であると同時に、未来のモニーク侯爵となれるのです。

 

そんなアリスティアが廊下を歩いていると、ミルーワ侯爵と会いました。

ミルーワ侯爵は、先日の判決で序列を5段階下げられて、侯爵家の最下位まで降格し、10年間貴族としての権利も剥奪されて伯爵の待遇となり、領地や採石場も没収、という状態になりながらも不満を見せませんでした。

そんなミルーワ侯爵は、自分たちの派閥をよく思わないかもしれないけれど、一部を見て全部を憎まないで欲しい、とアリスティアに言いました。

難しいお願いだということは理解しているけれど、結局はみんな帝国のために働く人たちなのだから、と。

そんな言葉を聞いて、派閥の本来の目的を忘れた一部の強硬派たちが今回その勢力を失い、これからはミルーワ侯爵たちのような穏健派が貴族を掌握することになり、いろいろな面でこれまでより良くなるだろう、とアリスティアは思います。

 

死刑が執行されるなか、アリスティアは以前自分が処刑台に立ったことを思い出し、思わず目をつぶります。

隣に座るルブリスが、大丈夫か、とアリスティアに声をかけると、アリスティアはコクリとうなずきました。

 

先の調査で、わかったことがありました。

モニーク家が帝国の1番の忠臣と呼ばれる前は、ゼナ家が皇室での陰の仕事を請け負っていました。

紋章にこだわったのも、そのためでした。

ですが、血の誓いでの絶対的な信頼関係が築かれる中、ゼナ家は本家にその役割を奪われることになり徐々に皇室と遠ざかり貴族派に鞍替えした、と。

ゼナ家がモニーク家に恨みをもつのはわからないでもないけれど、ゼナ侯爵はそれがひどかった。

アリスティアは、神が自分を戻した理由はこれなのかもしれない、と思います。

公爵の欲のために亡くなっていった罪のない人々を守るために…

 

処刑台のゼナ公爵が、貴様ら!地獄に行っても…と叫ぶ中、その首は落とされました。

 

その日の夜、アリスティアは大神官を訪ねていました。

大神官は、自分が小さい頃、ビタのもとにある女性が訪ねてきたといいます。

彼女は自分の母を治して欲しいといいましたが、皇位神官たちに寄付金なしに神聖力を使ってはいけないと言われ、気が重かったけれど知らないふりをした、と。

数日後、またその女性がきて、自分のせいで母が亡くなったと怒りをぶつけてきた。

その女性が、モニーク侯爵夫人です、と大神官はいいました。

そのことで夫人は自分をとても憎んでいて、後日許してもらえたけれども、罪悪感は消えなかった、と続けます。

そして、やっとその借りをお返しできるようです、と告げました。

それを聞いたアリスティアは、だから自分にいろいろと気を使ってくれていたのか、と気付きます。

 

アリスティアは、ひとつだけ聞いてもいいですか、と言い、たくさんの悩みの最後に自分が出した答え、それが正解なのではないですか?と大神官に問いかけました。

神は、自分のせいで沢山の人の運命が変わったから、それを直すために時間を戻したといったけれど、それはすでに決められた運命だったのではないか、神のいう運命、避けられない決定、というのは、じゃあ誰がきめるのか、と思いながら。

大神官は、その悩みと過程すべてが神のお導きです、というしかありません、と答えました。

アリスティアは、フィオニアという、逃れたかったその名前が与えられてから、険しい道のりを進む決心をした。

だから、自分は与えられた名前のように、運命を切り拓いたと信じている…と思うのでした。

 

大きな木の枝には、銀色の花がたくさん咲いています。

長い間拒んで恨んだその名前を与えてくれたことに感謝する、と思うアリスティアは、その名前でなかったら自分はとっくに宮殿から遠ざかっていたし、そうしたら、ルブリスと想い合うこともルブリスとの未来を考えることもなかったから、と思います。

その木の根元に立つアリスティアと、目の前に跪くルブリス。

そしてアリスティアに、自分の血と心臓で、この命と心を生涯ささげます、と告げます。

血の誓いを…!と驚くアリスティア。

どうか自分の願いを許してほしい、とアリスティアに言うルブリスに、どんな願いですか?と聞くアリスティア。

アリスティアの震える手を取り、ルブリスは、自分の願いは死ぬその時までアリスティアと共にいること、一緒に眠り、また起きて、2人で力をあわせて帝国を築き、喜びや悲しみも分け合いながら、お互いだけを見つめて生きていくことだ、と言います。

その代償が一生でも?とアリスティアが聞くとルブリスは、アリスティアがその願いを聞いてくれたら自分もアリスティアの生涯をもらえることになるんだから、公平だと思うけど、と微笑みました。

誓いを破ったら命を捨てることになっても?とアリスティアは言いますが、ルブリスは関係ない、と答えます。

死ぬまでアリスティアへの気持ちは変わらない、だから答えが欲しい、自分の願いを聞いてくれる?というルブリスに、願いを受けます…と答えるアリスティアでした。

 

ルブリスの血と心臓は自分のもの

どんな者も誓いを破るものは罰を受ける

これは神聖な血の誓い

祝福と共にあれ、主神ビタよ

あなたの前に、帝国の太陽と高貴な月となる神の子が立っています

どうか彼らに祝福を…

アリスティア・ラ・モニーク

自分の誓った者であり唯一の伴侶

あなたに帝国第一の女性であり高貴な女性として皇后の称号と

カスティーナの姓を与えよう

主神ビタと太陽のご加護が共にありますように

 

王冠を被ったルブリスとアリスティアは、幸せそうに微笑みあうのでした。

捨てられた皇妃 ネタバレ 最終回の結末(145)!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「捨てられた皇妃」ネタバレ 最終回の結末(145)を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

無料で読む方法はあるのかしら?

マスター
マスター

「捨てられた皇妃」は、ピッコマで読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

「捨てられた皇妃」の配信状況を調べてみると・・・

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額2,189円(税込)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額976円(税込)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1,958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「捨てられた皇妃」は上記の配信サービスなどで配信されていましたが、もらえるポイントよりも「捨てられた皇妃」は高いため無料で読むことはできませんでした。

 

ですが、U-NEXTでは31日間無料お試しでポイントがもらえて好きな漫画が無料で読めたり

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
継続すると、2倍の1200ptがもらえる

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます。

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\ 無料トライアル600ポイントで!/ 

好きな漫画を無料で読む

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

捨てられた皇妃 ネタバレ 最終回の結末(145)の感想!

カルセインは、アリスティアに別れを告げに来たんですね…切ない(泣)

カルセインもすごくいい人だから…幸せになって欲しい。

そして、ルブリスとアリスティアがついに結婚できました!

良かった!

幸せそうなアリスティアが、印象的です。

漫画では、誓いの言葉が流れる中、カルセインや美優の姿も映し出されていたんですが、美優は帝国から去って、修道院に行ったようですね。

生きていて良かった。

ルブリスとアリスティア、想いの通じ合った2人、これからも幸せでいて欲しいですね。

漫画が無料&お得に読める!おすすめアプリTOP3!

no1

ダウンロードはこちら

・ダウロード無料
・集英社のアプリ
・話題の少女漫画が毎日更新される
・オリジナル作品が多い
・作品数300作品以上
no2

ダウンロードはこちら

・ダウンロード無料
・講談社のアプリ
・「Kiss」「BE・LOVE」の少女漫画が読める
・「ヤングマガジン」「モーニング」「アフタヌーン」「イブニング」の青年作品もあり
no3マンガPARK

ダウンロードはこちら

・初回ダウンロード限定で30話分のコインがもらえる
・3000話以上の作品が完全無料
・白泉社のマンガを読み放題
・1日最大8話分が読める
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント