その先はプライベートです ネタバレ 14話!柊モードの咲弥に限界を超え気を失うひなこ

その先はプライベートです ネタバレ 14話漫画ネタバレ

ベツコミの漫画「その先はプライベートです」(後藤みさき先生)

今日は、その漫画「その先はプライベートです」14話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

柊モードの咲弥に限界を超え気を失うひなこ…

「その先はプライベートです」13話はこちら>>>

また、「その先はプライベートです」はU-NEXTで無料で読めます!

\「その先はプライベートです」を無料で読む!/ 

U-NEXTの公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

その先はプライベートです ネタバレ 14話!柊モードの咲弥に限界を超え気を失うひなこ

演技の練習だと分かっていても、咲弥に至近距離で甘い声で囁かれ心臓が痛いほど波打つひなこ。

咲弥の動作をひとつも逃さないように五感がフル稼働しているのを感じていました。

ひなこは、こんな自分は知らないと思います。

そんなひなこに、咲弥は容赦なく手に、腕に、唇を這わせました。

服を捲りひなこの腹部にキスをした咲弥。

次はどこにしてほしい?と艶めかしく聞いてきました。

するとひなこの鼻からたらりと熱いものが!

あ?

咲弥の目も点になります。

ひなこは叫び声をあげてカーテンの陰に隠れてしまいました。

恋愛初心者になんてことすんの!?と動揺するひなこ。

でも、妙に女慣れしている咲弥にもやもや・・・。

付き合ってた彼女とかいるんだろうな、なんて考えていました。

咲弥がそろそろ出て来いよとカーテンを揺さぶります。

そろっとひなこが顔を出すと、さっきの続きしよ?とまだ柊モードの咲弥。

真っ赤な顔でひなこは「もうしない」と伝えますが、なんで?いや?と咲弥も引きません。

慣れていないから緊張すると言ってしまったから、慣れればいいじゃんとさらに顔を寄せてきます。

本当にムリ!とひなこが咲弥を押し返すと、咲弥もオレもムリ!と・・・。

私の方が!オレが!と押し問答になる二人

そのうち咲弥が、「佳乃」と呼んでひなこを見ました。

ひなこは真っ赤な顔で目をギュッとつぶったまま。

大きくため息をついた咲弥は、わかったもうしないと言って部屋に入ってしまいました。

 

残されたひなこは、怒った?呆れられた?とアタフタ。

でも、咲弥がトップスピードであれこれしてくるからだ!と自分に言い訳します。

演技なんだからいちいち過剰に反応しちゃダメだってわかっているけど、相手が咲弥だと思うとどうしても意識してしまうのでした。

手の感触も甘い声も、心臓が痛くなるほどの熱情も初めて経験するひなこ。

不可抗力じゃん!と開き直りますが・・・。

それでもやっぱり自分が悪いと思い、咲弥に謝ろうと部屋の前まで来ました。

声をかけても返事がないので、聞き耳を立てると中から声が聞こえてきます。

どうやら仕事の電話をしているようでした。

切り替えの早さに感心しますが、自分のために忙しい時間をぬって相手してくれていることを思い出すひなこ。

しっかりしろ!と気合を入れます。

 

部屋から出てきた咲弥に、柊くんと声をかけたひなこは、もうムリとか言わないから慣れるまでいっぱい練習させてと抱きつきました。

めちゃくちゃ恥ずかしいけど、もう逃げないとひなこは覚悟を決めています。

オレといちゃつきたいの?と煽られても、ひなこは「うん」と答えました。

いい度胸してんじゃん、覚悟しろよと言って、咲弥はひなこに丁寧だけど深いキスをします。

長い長いキスにひなこの心臓は壊れそう!

耐えろ私の心臓!と必死なひなこを、好きだよと言って優しく抱きしめる咲弥。

ひなこは頭のてっぺんまで血が上りそうに!

佳乃は?ねぇ、好き?

限界を超えたひなこは気を失ってしまうのでした。

 

映画の打ち合わせにやってきたひなこと咲弥。

咲弥は柊モードとは一転、いつもの毒舌に戻っています。

挨拶してくると言って咲弥が離れていきました。

ひなちゃんと声をかけられ振り向くと、咲弥の大学のサークル仲間たち。

咲弥を探すと、いつものように女性たちの熱い視線を集めています。

業界でもモテてるの?と聞かれたので、大学でもそうなのかとひなこが尋ねました。

入学したての頃はモテてたけど、全然相手にしないから今は崇め奉られていると聞き、モテるのも大変だなと少し同情するひなこ。

そのとき、咲弥が大学で唯一付き合ったという彼女の話題になりました。

同じサークルの人だからそのうち会えるだろうと言われ、ひなこは複雑な気持ちになります。

彼女くらいいただろうと思っていたけど、実際に聞くと咲弥が知らない男の人のように思えてくるひなこ。

同時に、咲弥の付き合っていた人はどんな人なんだろう?咲弥はどんな人を好きになるんだろうと気になるのでした。

その先はプライベートです ネタバレ 14話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「その先はプライベートです」ネタバレ 14話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「その先はプライベートです」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額2,189円(税込)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額976円(税込)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1,958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「その先はプライベートです」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「その先はプライベートです」が読めるということ。

これなら、タダで「その先はプライベートです」を読むことができます。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\ 無料トライアル600ポイントで!/ 

「その先はプライベートです」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

その先はプライベートです ネタバレ 14話の感想!

恋愛初心者のひなこには咲弥のイチャイチャはハードル高すぎだと思います!

男性とのスキンシップは慣れもあるかもしれないけど、好きな人だから余計にドキドキしちゃうのも女心。

ひなこもそれを自覚しているから、耐えろ!!になっちゃうわけです。

鼻血出したり気絶したり・・・ホントにひなこはクランクインまで持つの!?

咲弥の演技指導(?)だけでも大変なのに、サークル仲間から元カノのことまで聞いてしまいました。

いたんだろうな、という漠然とした思いから、その事実を知っている人から具体的に聞くのではリアリティが違います。

これで当人に会ってしまったら、ひなこの精神状態は揺れてしまうかも?

女優としてのひなこ、一人の女性としてのひなこ、どちらの成長も楽しみです。

でも、咲弥との恋愛模様はしばらくお預け?

有名女優への道と同時進行して欲しいのですけどね。

まとめ

「その先はプライベートです」ネタバレ 14話と感想をご紹介しました!

「その先はプライベートです」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「その先はプライベートです」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「その先はプライベートです」を楽しんでくださいね!

「その先はプライベートです」15話はこちら>>>

コメント