社内探偵 ネタバレ 10巻!人を不幸にしていると言われ自信を失くす久我に松原と林は…

スポンサーリンク
社内探偵 ネタバレ 10巻漫画ネタバレ

コミックなにとぞの人気漫画「社内探偵」。

今日は、その「社内探偵」10巻を読んだので、ネタバレと感想をご紹介したいと思います!

人を不幸にしていると言われ自信を失くす久我に松原と林は…

「社内探偵」9巻はこちら>>>

また「社内探偵」の最新刊は、まんが王国で先行配信されています。

\登録無料!/ 

「社内探偵」を今すぐ半額で読む!

※無料登録で半額クーポンがもらえる! 

「まんが王」は登録無料で「半額クーポン」がもらえるので、好きな漫画をお得に読めます!

ぜひ、絵と一緒に漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

社内探偵 ネタバレ 10巻!人を不幸にしていると言われ自信を失くす久我に松原と林は…

久我は若林の退職手続きを進めるよう高井から指示され、若林に直接退職理由を尋ねに行きました。

若林から、退職ではなく、諭旨退職、つまり、自分で退職届を出せば解雇にしないでやるということだと聞かされます。

しかも、その理由は若林自身には身に覚えのないパワハラの告発が原因だと言うのです。

久我も若林が一部の女子社員をエコヒイキしたり口が悪かったりという話は今までも耳にしていましたが、流石にパワハラレベルの話を聞いたことはありませんでした。

しかし、若林は飯田の一件で懲戒処分になっているので、仕方ないと諦めて退職を受け入れたのでした。

久我はパワハラが身に覚えのないことならば申し開きをして認めるべきではないと若林に強く訴えますが、若林は聞く耳を持ちません。

飯田と若林が窮地に追い込まれたのは二人の不正を暴いた久我のせいだと若林は怒り、久我は自分の正義だけで満足かと言い捨てます。

 

一方、以前同じ部署だった山下から若林がクビになると聞かされた飯田は、若林にメールや電話を何度もしますが、すべて無視されてしまいます。

仕方なく、飯田は若林の自宅の最寄り駅で待ち伏せし、クビになったとはどういうことなのかと若林に詰め寄りますが、若林は自分で辞めるって決めたのだと言いました。

理由を尋ねる飯田に、総務に異動になってから考える時間が増え、自分にとって一番大事なのは妻だと気が付いたから、飯田とも終わりにしたいと言い出しました。

飯田には妻とは上手くいっていないと話していたので、若林の言葉を直ぐには信じなかった飯田ですが、異動してから話し合う時間が増えて、今は夫婦関係が良好だといい、飯田の元を去っていきました。

しかし、これは若林の嘘で、妻からは今でも邪魔者扱いされています。

 

若林の退職の件に納得できない久我は、高井にパワハラの事実についてもう少し慎重に調べた方が良いと訴えますが、首をつっこむなと諭されます。

このままでは真実がうやむやになってしまうと言う久我に対し、高井は、久我は若林や高井が隠していたことを暴いて専務のことを暴こうとして、人を不幸にしているのに、自分がスッキリしたいだけじゃないのかと言われてしまいます。

そして、真相を解明したら久我も傷つくことになると。

その言葉は、久我が信頼している三屋部長が不正に関係しているということを暗に言っていました。

久我は三屋部長が利己的な理由で働くとは思えないから、何か事情があるはずで、それでも自分は事実を追求するのか?と自問自答します。

 

デスクに戻り仕事をしている久我の元に、飯田からメールが届きます。

その内容は平仮名の多い改行のおかしい幼稚な文章でしたが、実はそれは、「縦読み」するための細工で「くび何でふざけんな」と書かれていたのでした。

飯田の心が折れていないか心配していた久我は、相変わらずの飯田節に一安心しました。

 

会議室で久我は飯田と会い、そこで飯田から若林がなぜクビになったのか教えて欲しいと言われ、若林から聞いたと思い込んだ久我が、聞いたんですねと答えると、飯田は、やっぱりクビなのね!と激高します。

久我はしまったと思いますが、飯田は若林からは退職と聞かされていたのに、なぜクビと思ったのか疑問に思い尋ねると、山下が飯田にクビの理由を教えろと言ったのだと飯田は答えました。

諭旨解雇であることは当事者と一握りの上層部以外は知ることができない規定で、山下のネットワークでは到底知り得ることのできない情報なので、考えられることは、若林のパワハラを告発した人間が山下であるということだと久我は気がつきます。

高井に言われたことや、三屋部長のことを考え、人事部員としての自分に対し考えこんでしまっていた久我に対し、松原と林は、少なくとも久我は自分たちを救ってくれたのだから、久我なら大丈夫だと励ましました。

久我が不正を暴いたことで飯田や若林は厳しい処分になったけれど、もしも不正を見過ごしにしたら、他の誰かが不利益を被っていたので、その誰かを守れたのは久我がいろいろな働きかけをしたおかげだと。

二人の言葉を聞き、初心に戻った久我は、自分にできることを徹底的にやろうと決心します。

たとえ相手が三屋部長でも関係ない、若林が冤罪なら見て見ぬふりはできないので徹底的に調べ尽くす、それが人事部員としても自分の矜持だと久我は思うのでした。

そして、飯田と手を組むことを考え、飯田に習って「縦読み」メールを飯田に投げました。

 

その頃、飯田も大奥での不満を募らせている他の女子社員から、一緒に一之江課長を引きずり降ろさないかと持ち掛けられます。

久我からのメールもあり、飯田はこの誘いに乗ることにしました。

社内探偵 ネタバレ 10巻!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「社内探偵」ネタバレ 10巻を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!
「社内探偵」を無料で読むことはできるのかしら?

マスター
マスター

「社内探偵」は、U-NEXTやmusic.jpなどで読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「社内探偵」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「社内探偵」が読めるということ。

これなら、お金をかけずに「社内探偵」を読むことができますよ。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

また「社内探偵」が先行配信されていてどこよりも早く読める「まんが王国」では、無料の会員登録で「半額クーポン」がもらえます!

その半額クーポンを使って、初回に限り好きな漫画がお得に買えるんです。

「まんが王国」に会員登録するだけで、「社内探偵」をお得に読むことができるんですね。

 

しかも、「まんが王国」は

まんが王国会員登録無料!
半額クーポンプレゼント!(初回のみ)
無料のじっくり試し読み作品、3000作品以上!
ポイント還元率最大45%でお得!

と、こんなにお得なサービスなんです。

まんが王国について詳しくはこちら>>>

 

「まんが王国」のじっくり試し読みはたくさん種類があるので、ついついいろいろな作品を読んでしまいます。

気になる漫画が、じっくり試し読みで無料で読める場合もあります。

ぜひ、「まんが王国」をチェックしてみてください!

\会員登録は無料!/

今すぐ「まんが王国」で半額クーポンGET!

※初回のみ好きな漫画を半額で購入できます!
違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

社内探偵 ネタバレ 10巻の感想!

飯田はただのぶりっ子ではなくて、本当に若林が好きだったのですね。

久我が濡れ衣を晴らしてくれると良いのですが、相手は本当に三屋部長なのでしょうか?

今度は飯田と手を組み、どんな方法で調べていくのでしょう。

益々目が離せなくなってきました。

まとめ

「社内探偵」ネタバレ 10巻と感想をご紹介しました!

「社内探偵」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「社内探偵」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「社内探偵」を楽しんでくださいね!

「社内探偵」11巻はこちら>>>

「社内探偵」ネタバレまとめはこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント