鬼の花嫁は喰べられたい ネタバレ 6話!酒呑童子にお弁当を届ける真白が会ったのは…

スポンサーリンク
漫画ネタバレ

 花とゆめに掲載の漫画「鬼の花嫁は喰べられたい」( サカノ景子先生)

今日は、その漫画「鬼の花嫁は喰べられたい」6話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

酒呑童子にお弁当を届ける真白が会ったのは…

また、「鬼の花嫁は喰べられたい」はU-NEXTで無料で読めます!

\「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

鬼の花嫁は喰べられたい ネタバレ 6話!酒呑童子にお弁当を届ける真白が会ったのは…

鬼に喰べられるために生きてきた人間の花嫁「真白」

そんな彼女をずっと見守ってきた鬼の頭領「酒呑童子」

お互いが好き過ぎるあまりにすれ違う二人にも少しずつ変化が現れ始めていました。

酒呑童子は真白を抱きしめ、すりすりと頬を寄せてご機嫌です。

真白はそろそろお出かけにならないと遅刻してしまいますよと言いますが、もっと真白を堪能したいと、真白の首筋で匂いを嗅いだり、味を確かめるために舌で首筋を舐めたりします。

真白はぷるぷると震えながらされるがままです。

酒呑童子は調子に乗り過ぎたと我に返り、すまんっ嫌だったか?と慌ててたずねます。

真白はくすぐったいけれどいやじゃないと答え、酒呑さまのご満足いくようになさってくださいと言います。

酒呑童子は真白を抱き上げ、真白のいってらっしゃいの接吻が欲しいなと強請り、真白はそれに応えるのでした。

 

酒呑童子が出掛けた後、真白は幸せ過ぎて溶けそうとテーブルに突っ伏します。

もっと酒呑童子の役に立ちたいと思うのに、喰べてもらうことしか考えてこなかったため、自分でも役に立てることはなんだろうと考え込みますが、ふと、テーブルの上に酒呑童子に渡すはずだったお弁当の包を渡し忘れていることに気がつき青ざめるのでした。

 

一方、酒呑童子はニヤニヤと上機嫌です。

鎮守府で働く面々はそんな彼の状態が逆に怖いとざわつきます。

酒呑童子は、真白の唇ふわっふわに柔らかくて最高に美味しかったと思い返し、早く家に帰りたいとうっとりします。

そんな酒呑童子を狛丸は夜叉殿の雷がそろそろ落ちそうなので…と声をかけます。

案の定、さっさと仕事しろというオーラを醸し出している夜叉が酒呑童子をすごい顔でみていました。

酒呑童子はげっあぶねぇと言い、午後には来賓の予定もあるという狛丸の言葉にあいつが来るんだったなと面倒くさいと言うのでした。

 

お弁当を持って酒呑童子のいる鎮守府にきた真白は喋る鬼瓦のような門に訪問予定の無い者は登場禁止だと阻まれていました。

こうなったら塀をよじ登って…と考えていましたが、この娘は私のツレだよと後ろから肩を抱き寄せられました。

長髪の男性は門を開門するよう言います。

門は彼を見て慌てて開門しますが、真白は見覚えのない男性に誰かわからず、あの…と声をかけようとしますが、彼は門を通りたいのろう?と真白の言葉を遮ります。

二人は門をくぐり、真白はここが酒呑さまの働いている所…と思います。

そして、彼にお礼を述べようとしたところ、美味しそうだよねと彼に迫られました。

彼は真白の髪をひと房手に取り、酒呑の匂いだと呟き、もしかして酒呑の女?と真白にたずねます。

真白は酒呑童子の知り合いなのかと考えますが、むやみに妻と名乗るわけにはいかないしとどう答えたらいいのか迷います。

彼はお礼なら言葉じゃなく接吻がいいなと言いますが、真白はお弁当箱を盾にして接吻は差し上げれませんと拒み、ありがとうございました!と言って逃げるように去りました。

彼はこれは残念と笑みを浮かべ、お礼はもう貰ったけどねと手には小さなお弁当の包を手にしていました。

 

真白は狛丸を見つけ声をかけます。

狛丸は真白がいることに驚きますが、真白が弁当を届けに来たと聞き、酒呑童子はこちらの部屋にいると言いました。

真白は部屋に入らず障子の隙間から仕事をしている酒呑童子をうっとりと見つめます。

狛丸は会っていかれないのですか?と真白にたずねますが、お邪魔になってはいけないのでと酒呑童子には会わず帰るつもりのようです。

真白は狛丸と夜叉の分のお弁当持ってきたのでどうぞと言います。

今回のおいなりさんは自信作なんですと言いながら、お弁当を包んでいた包を解きますが、なぜか複数あったお弁当が足りなくなっていました。

狛丸は酒呑さまのお弁当もすべておいなりですか…?と青ざめます。

真白はその言葉を疑問に思います。

 

そこへ先ほどあった彼がそれは素晴らしいと是非ともそのおいなりも食してみたいものだ、と真白の弁当の包から失敬したいなりを食べながら現れました。

真白は盗むほどお腹が減っていたのか可哀そうとショックを受けます。

狛丸は、たぶん違うこと考えてる!と真白の考えていることに対して思わずツッコミます。

真白は他人の物を盗ってはいけませんよと言って、真白の非常食弁当をあげます。

彼は説教された挙句に施しを受けるとは、と笑いをこらえながら言います。

無知とは恐ろしいが不思議と不快ではないなと呟きます。

 

そこへ酒呑童子が部屋から現れ、俺の嫁に触るなと真白を後ろから抱き寄せます。

真白に対し、気をつけろ、こいつはただのタラシ男ではないぞと言い彼の名前を真白に告げます。

妖狐族の長・玉藻だと。

鬼の花嫁は喰べられたいネタバレ 6話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「鬼の花嫁は喰べられたい」ネタバレ 6話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「鬼の花嫁は喰べられたい」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「鬼の花嫁は喰べられたい」が連載されている「花とゆめ」が読めるということ。

これなら、お金をかけずに「鬼の花嫁は喰べられたい」を読むことができますよ。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\31日間無料トライアル600ポイントで!/ 

「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

鬼の花嫁は喰べられたい ネタバレ 6話の感想!

酒呑童子と真白の甘々なやり取りに読んでいるこちらもニヤニヤですww

真白が可愛くて、酒呑童子の顔がだらしなくニヤニヤになるのもわかる気がします。

無事酒呑童子に会えた真白ですが、助けてくれたのが妖狐族の長だったとのことで、なにやら一波乱起きそうな予感がしますね…!

そして、自分でも役に立てることは見つかるのでしょうか?

続きが早く気になります!

まとめ

「鬼の花嫁は喰べられたい」ネタバレ 6話と感想をご紹介しました!

「鬼の花嫁は喰べられたい」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「鬼の花嫁は喰べられたい」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「鬼の花嫁は喰べられたい」を楽しんでくださいね!

「鬼の花嫁は喰べられたい」7話はこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント