鬼神の花嫁 ネタバレ 13話!深麓を知り理解して一緒に過ごしていきたいと決意する桃

スポンサーリンク
鬼神の花嫁 ネタバレ 13話漫画ネタバレ

めちゃコミックで独占配信中の大人気漫画「鬼神の贄嫁~婚前恋戯~」

今日は、そんな「鬼神の花嫁」13話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介したいと思います!

「鬼神の贄嫁~婚前恋戯~」12話はこちら>>>

深麓を知り理解して一緒に過ごしていきたいと決意する桃…

\ 31日間無料で漫画も読める!/

U-NEXT公式ページはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約すれば料金はかかりません!

スポンサーリンク

鬼神の花嫁 ネタバレ 13話!深麓を知り理解して一緒に過ごしていきたいと決意する桃

自分の身に何が起きても、桃といられるならそれでいい

数日前、一緒に食事をした際に深麓にそう言われた桃は、自分がこれからどうしていけばいいのか、考えがまとまらず、ずっと悩み続けていました。

自力で立ち上がる気力も沸かないまま、自室で1人、ただひたすらに深麓に言われたことを反芻して考え込む日々。

そんな桃を両親が心配する中、桃は最終的に、どうしても数日前の食事の時のことを思い出してしまうのでした。

 

数日前の食事が終わった後、自分の考えがまとまらないまま、深麓のことを思うと涙が止まらなくなってしまった桃。

そんな桃を心配しつつ、深麓は車に乗せて家まで送るのでした。

その途中、深麓は、時間がかかっても大丈夫、桃が気持ちを整理して、分かってくれるまで待っているからと優しく声をかけます。

しかし、その声とは裏腹に、これ以上自分に何か言っても無駄だから何も言わないでほしいといわんばかりの深麓の表情が、『この先も2人が一緒に過ごしていく上での最良の形は、深麓が自分の飢えや苦しみに耐えていくこと以外にはないのだ』と言っているようなものだと桃は感じ取ってしまうのでした。

その深麓の苦悩や葛藤を知ってしまった食事の日から、桃は頭の中でそのことばかりを考えてしまい、改めて自分が願ってしまった幸せに対する犠牲は大きいものだったのだなと実感して、ひどく落ち込んでしまいます。

それと同時に、桃は、そうして自分の幸せを願った相手が、自分を犠牲にしても相手を幸せにしようとする心優しい鬼だったんだなと、深麓の話を聞いて改めて思ってしまうのでした。

 

そうして自分が願ってしまった手前、深麓に自分から意見が言えない状況になってしまい、八方ふさがりでどうしようもなくなってしまった桃。

そこへ、様子を見に来た青丹が桃に、そうやって塞ぎ込んでても仕方がないだろ、何が不服なんだと、これ以上深麓の気遣いをなかったことにするなと言うように、腹を立てながら話しかけます。

それに対して桃は、自分はそうまでして一緒にいてもらえるような人間じゃないと、青丹から顔を背けてますます落ち込んでしまうのでした。

そんな桃に青丹は、深麓様は桃を食べることはないのだから、そうしてダラダラと1人で考え込んでいるだけでは、それこそ命を無駄にしているだけだと、あきれながら言い放ちます。

それを聞いた桃は、さらに心を痛めてしまい、そんなこと言うってことは、その深麓様の気遣いを受け入れられない私がいけないということなの?!だったらこれからどう過ごしていけばいいのか教えてほしいし、青丹は深麓様が我慢すればいいと思っているということなの?!と、青丹に対して自分の今の気持ちをそのまま激しくぶつけてしまうのでした。

それに対して、青丹はますます腹を立ててしまい、我慢すればいいなんて思ってない!それに、なんだったら桃が深麓様とこれからも一緒に過ごしていくことすら自分は受け入れてはいない!と、桃に激しく詰め寄ります。

さらに続けて青丹は桃に、深麓様が桃と過ごせる時間は、自分たち鬼にとっては一瞬のことだから、早々に桃には自分の気持ちを整理してもらって深麓様と一緒に過ごしてもらわないと、本当に時間がないんだと、深麓のことを気遣うように話すのでした。

そんな青丹の本心を聞いた桃は、桃が思っている以上に深麓のことを思う青丹に、心の底から圧倒されてしまいます。

そして、その青丹の言葉を聞いた桃は、自分にできることは、青丹の言うように『一緒に過ごすことだけ』なのだなと、改めて実感してしまうのでした。

 

今の自分にできることは、深麓と一緒に過ごすことだけ…そう実感したものの、そのことをなかなか受け入れられない桃。

これからのことについて、相変わらず結論が出ず、答えも見つからないまま時を過ごす桃でしたが、ある日、大学で構内を歩いていると、とある臨時講義の看板を見つけてしまいます。

その看板には、【郷土学入門】と書かれており、『今現在自分が住んでいる土地の歴史を様々な視点からひもといて、食文化を中心に自分たちが住む勝山という地域を学ぶ』という講義内容が書かれているのでした。

その看板を見た桃は、何となくその文言に誘われ、その講義が開かれている部屋の扉を開けて中に入ってしまいます。

そこでは、ちょうど勝山の歴史の中でも鬼の伝説についての講義が行われているところで、その話を聞いた桃は、この話は深麓たちのことを言っているのではないのかと思い、つい聞き入ってしまうのでした。

そうして勝山に伝わる鬼と人の歴史が語られる中、生徒からは「ではこの勝浦に鬼は実際に存在したのか」という質問が飛びだし、それに対して講師が「たくさん鬼に関する伝記が残っているので、その可能性は高いと思う」と発言します。

その発言に対して、桃は深麓たちのことを思いながら少し緊張してしまいますが、会場にいる生徒も講師もそれ以上は鬼の存在について言及することなく、そのまま和気あいあいと講義が続けられたのでした。

 

そうして講義が終わり、一通りの話を聞いた桃は、深麓たち鬼のことについて初めてきちんと知識を得たと思うと同時に、今の伝説の内容は実際にこれまで深麓たちが経験してきた事実なのか、それとも単なる空想の話なのか、もう少し踏み込んだところまで知りたくなってしまいます。

そして、その講義を行った講師が部屋から出るところに突撃し、思わず、さらに詳細に鬼について教えてもらえるところがどこかにありますかと尋ねてしまうのでした。

すると、その講師は桃をオカルト好きな女子だと思ったのか、郷土資料館にそういった鬼や勝山の歴史に関する展示をしているところがあるから、よかったら休みの日に自分が一緒に行って案内とか解説とかをしてあげようか?と、桃に紳士的な笑顔を向けて話をしてきます。

それに対して桃が少し戸惑っていると、その講師は名刺を差し出しながら自己紹介し、勝山という土地は少し悲観的というか、怪しいというか、そういう習わしがある土地だから、興味深い話が聞けたりすると思う、と、そうした歴史を知ることはオカルト好きな桃にピッタリだと言うように、うれしそうに話すのでした。

それを聞いた桃は、講師が話すネガティブな言葉に、深麓たちのことが頭に浮かんでさらに戸惑ってしまいます。

そうして戸惑っている桃に、よかったら連絡をくださいねと言い残し、その講師は颯爽とその場を後にして去って行ってしまうのでした。

 

その後、車で迎えに来ていた青丹と合流した桃。

早速車に乗り込むと、青丹に先ほどの講義で出会った講師こと久岡のこと、そして一緒に資料館に行こうと言われたことを話します。

それに対して青丹は、それは絶対下心があって誘っているから、一緒に行く必要はないと真っ向から否定するのでした。

そういわれてしまった桃は、名刺を確認しながら、教授という役職の人だし、まさかそんな下心ありきで誘っているとは思えない、単純に歴史のことを話すのが好きなだけの人だと思うと、青丹は考えすぎだと言うように反論します。

それを聞いて青丹が、そんな話、絶対いかがわしいに決まっていると文句を言いますが、続けて桃は、それに、青丹や深麓様は、私を自分たちの習わしに巻き込まないように、勝山で起こった歴史についての話が出ないように振る舞うでしょう、そういう心遣いを分かっているけど、そんなふうに守られて過ごすのはもう嫌なの、と、桃はここ数日悩んでいたことを整理するように話し始めるのでした。

そのまま桃は、私がそばにいることで、深麓様がどんな苦しい思いをするのかという知識を持ちたい、そこで、私にできることは本当に何もないのか考えたいし、そういうことも分からないまま、ただ単に一緒に時を過ごすのではなく、現実から目を背けないで前を向いて進んでいきたい、と、深麓のことを大事に思っているからこそ、もう何も知らない自分のままではいたくないと言うように、今の自分の気持ちを青丹に打ち明けます。

それを黙って聞く青丹。

そうして桃は、こうして深麓様に距離を置かれているのは、前に私が鬼の世界に染まりたくないと言ってしまったからだと思う、でも今は、私は深麓様と対等に話ができる、深麓様のことを受け入れることができる鬼神の嫁になりたい、と、これからは深麓に真摯に向き合い、共に歩んでいく覚悟を決めたかのように、青丹に決意を語るのでした。

鬼神の花嫁 ネタバレ 13話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「鬼神の花嫁」ネタバレ 13話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「鬼神の花嫁」は、めちゃコミックで読めますね。

レイ
レイ

「鬼神の花嫁」を無料で読むことはできるのかしら?

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

「鬼神の花嫁」の配信状況は・・・

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

と、このように、残念ながら「鬼神の贄嫁~婚前恋戯~」2話以降は現在のところ無料では読めませんでした。

 

「鬼神の花嫁」を無料で読みたい方のために調べてみましたが、めちゃコミックで限定配信中で、他の配信サービスでは読むことができません。

めちゃコミでは「鬼神の花嫁」1話を無料で読むことはできます。

ですが「鬼神の花嫁」2話以降は50ptが必要です。

 

ただ、上記の配信サービスは好きな漫画が無料、もしくはお得に読めるサービスとなっています。

例えば、U-NEXTの31日間無料トライアルなら

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\無料トライアル600ポイントで!/ 

好きな漫画を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

鬼神の花嫁 ネタバレ 13話の感想!

桃がネガティブな感情から脱出したみたいでよかったです。

相手のことを思って、自分には何もできないことを落ち込む気持ちはわかりますが、少し落ち込みすぎじゃないかなと心配になっていたので、前を向いてくれてよかったです。

やはり何も知らない状態では、相手と向き合おうにも不安になってしまいますよね。

相手のことをきちんと知識として学んで、それからどうしたらお互いが我慢せずに一緒に過ごしていけるかを考えられる段階まで桃が進んだので、本当によかったなと思いました。

あと、青丹が「下心ありそうだからやめておけ」って言うところで、桃のことを心配しているのか、桃のことを好きな深麓のことを心配しているのかは分かりませんが、全力で久岡と一緒に資料館に行くことを否定しているのが読んでいて面白かったです。

これから、歴史を知っていって、桃がどういう行動をとっていくのか、本当に鬼と人が共存できる環境が実現するのか、これからも続きが気になる作品でした。

まとめ

「鬼神の花嫁」ネタバレ 13話と感想をご紹介しました!

「鬼神の花嫁 」は残念ながら無料で読むことはできませんでした。

ですが、U-NEXTの31日間の無料トライアルでは、好きな漫画を無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で好きな漫画を読んでみる!

ぜひ、絵とあわせて漫画を楽しんでくださいね!

「鬼神の花嫁」14話はこちら>>>

「鬼神の贄嫁~婚前恋戯~」ネタバレまとめはこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント