オネエ系ヤクザに溺愛されてます ネタバレ 17巻!李々の身を案じて関わりを避ける剣持

スポンサーリンク
漫画ネタバレ

天真夜先生の漫画「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」

今日は、「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」の17巻を読んだので、ネタバレと感想をご紹介します!

李々の身を案じて関わりを避ける剣持・・・

「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」16巻はこちら>>>

また、「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」はU-NEXTで無料で読めます!

\「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」を無料で読む!/ 

U-NEXTの公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

オネエ系ヤクザに溺愛されてます ネタバレ 17巻!李々の身を案じて関わりを避ける剣持

朝、さらの朝食の準備を手伝うキイチ。

するとさらの首の赤くなっている箇所に気付き、虫に刺されているとキイチは教えてあげます。

その部分は昨晩、絢胤に付けられたキスマークでした。

思い出し顔を赤らめるさら。

すると、いきなり大きい声で「たのもー」という女の子の声が家中に響き渡ります。

何事かと驚くさらに、いつものことだと話す絢胤。

どうやら剣持が帰ってくると毎回起きることのようで、剣持自身も他人事のようにのんびり構えています。

剣持いづるを返してほしいといったことを叫んでいる様子。

呼ばれても外に会いにいかない剣持。

自分が出ていけば相手は味をしめると剣持は話します。

組の人達に追い払われて、決して諦めないと言い捨てその子は去りました。

剣持との関係が気になるさら。

 

庭の花に水をやるキイチに、近くの縁側に座る剣持が、いくらキイチが花を育てても誰も気に掛けないと揶揄います。

その言葉を受け、キイチは花を部屋の花瓶に移せば一時的には自分のものとなるが二週間位で枯れてしまうということ。

花が美しい姿であるのは断じて自分のものではない為だと、さらと絢胤の仲睦まじい様子を思い出しながら話すキイチ。

そう語るキイチにドン引く剣持。

すると剣持が自分に絡んでくるのは剣持と似た部分を持っているからだとキイチは話します。

手に入らないものを諦めきれずイラ付いていることをキイチに指摘され、イライラしながら剣持は立ち去りました。

 

一方さらはキスマークを気にしています。

絢胤が跡を付けるようなことをしたのは自分の気迫が足りないせいかと悩むさら。

いつも自分のことを気に掛けてくれる絢胤に、自分はしっかりしなくてはと考えるさらでした。

さらは部屋から出ると丁度剣持と出くわします。

しかし声を掛けても剣持はさらを無視します。

返事をしてほしいと言うさらに怖い顔で威圧する剣持。

剣持と仲良くなりたいとさらは話しますが、用が無い時に話し掛けるなと剣持はその場を立ち去ろうとします。

するとさらは今朝大声で叫んでいた女の子は誰なのかと剣持に問います。

立ち止まり雰囲気が一変する剣持。

何故剣持は避けるのかさらが尋ね続けていると、剣持からいきなり首を片手で押さえつけられてしまいます。

あの女の子に近づいたら殺すと脅されるさら。

しかし自分を殺すなんてことは絢胤が許さないと首を押さえられながらさらは話します。

自分は父親を15歳で殺しているからいつでも人を殺せると剣持はさらを脅し、立ち去っていくのでした。

その場に座り込むさら。

自分が偽物であろうともここにいる皆のことを好きな気持ちは本物であると呟きます。

 

朝、またもあの女の子が大きな声で叫んでいます。

周りも慣れたようで最早この声は時報であると話す様子。

さらは立ち去る女の子を呼び止めます。

近くの公園のベンチに座り二人は話し始めます。

女の子は李々(りり)という名前でショートカットのさっぱりした感じの子です。

さらが自分は四条家で世話になっていることを話すと途端に顔色を変え、さらの安否を心配する李々。

なにか起きたら剣持を頼るといいと笑顔で話します。

李々は昔この辺りに住んでおり、剣持とは幼馴染で遊び仲間であったと話します。

ヤクザに悪い印象を抱いている李々は、悪いことができない剣持がヤクザになったことを良く思っていない様子。

ヤクザを悪く言う李々に、居場所がなく引き取られ絢胤を慕いながら組から離れない人達もいることを話すさら。

決めつけるのを止めてほしいことを李々に話します。

ハッキリと物を言うさらに意外な印象を受ける李々。

そこへ剣持が現れます。

表情が明るくなる李々。

さらを睨み付け、李々と二人で公園を離れる剣持です。

自分達とは関わるなと話す剣持に、李々はさらを悪い人じゃなさそうだと話し、頑なに諦めないことを伝えます。

そんな李々にイラつく剣持。

どうやら、組のことに巻き込みたくないようでこれ以上行動しても自分は庇えないと剣持は話します。

それでも構わない様子の李々は、これ以上剣持に会えなくなるのは嫌だと切なさそうに言います。

そんな李々を見て、俯く剣持。

すると自分の女になるかと尋ね、戸惑う李々を抱き寄せます。

夜も自分に付き合えと剣持は言い無理やり口付けてきます。

戸惑う李々。

そして剣持を突き放し、李々は走って逃げてしまいます。

諦めたような少し悲しそうな表情で、それでいい、と立ち尽くす剣持でした。

オネエ系ヤクザに溺愛されてます ネタバレ 17巻!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」17巻のネタバレを紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」は、U-NEXTで読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」が読めるということ。

これなら、お金をかけずに「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」を読むことができますよ。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\31日間無料トライアル600ポイントで!/ 

「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

オネエ系ヤクザに溺愛されてます ネタバレ 17巻の感想!

今回は剣持と李々がクローズアップされた回でしたね。

剣持は色んなことを一人で背負って生きているようで、これから彼のことが徐々に明かされていきそうですね。

二人にはこれからどんな展開が待っているのか気になります。

さらも組に住み続け、絢胤始め色んな人の影響で優しさはそのままに逞しく強くなっている様子でさらの今後も気になりますね。

まとめ

「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」17巻のネタバレと感想をご紹介しました!

「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」を楽しんでくださいね!

「オネエ系ヤクザに毎晩溺愛されてます」18巻はこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント