お見合い相手はうちのボス ネタバレ 26話!会長と約束したお見合いに出るのは…

スポンサーリンク
漫画ネタバレ

ピッコマで配信中の漫画「お見合い相手はうちのボス」

今日は、その漫画「お見合い相手はうちのボス」 26話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

「お見合い相手はうちのボス」25話はこちら>>>

会長と約束したお見合いに出るのは…

\好きな漫画を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

U-NEXTは、31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

お見合い相手はうちのボス ネタバレ 26話!会長と約束したお見合いに出るのは…

社長室のソファーに座って向かい合うカンと会長(カンの祖父)。

二人が同時にお互いの名前を呼んでしまいタイミングが被ってしまいます。

…さっそくですが(じゃが)

再び話の切り出しが被ってしまう二人。

お先にどうぞ、とカンが促しますが、いやお前から、と言われ、結局カンから話し出します。

結婚相手を紹介すると言うのは取り消します、というカンに髭を触りながらニヤリと笑い、取り消すとは天下のジフの面目も丸潰れじゃな、まあ仕方ない、こうなればお見合い再開じゃ!と宣言した会長に、とても嫌そうな顔を向けながら、わかりました、と言ってカンも了承。

 

一方、送ってくれてありがとね、サングラスすごい助かった〜、と車の外から覗き込んで笑顔で手を振るユナに、どう致しまして!ミヌと楽しんで!と見送ったスア。

しかしユナが去った後、久々にユナと呑もうと思ったのに孤独だ〜とがっかりします。

ため息を吐きながらハンドルにもたれかかり、ジュンさんに電話しちゃおっかな、と思案していたところ丁度着信を告げるバイブ音が。

まさか!?テレパシーかな?とキムからの電話を期待したスアでしたが、表示にはチョ・ハナという文字の羅列が。

 

店内に入り、ミヌどこかな?とキョロキョロするユナにかかる声。

ざわざわと騒がしい中で一際大きな声で呼びかけてくるミヌを見つけたユナは、顔を赤くして盛大に酔っ払い、陽気な笑顔でこちらに手を振っているのを見て、ちょっとミヌ!大丈夫なの…?と驚きます。

ユナ会いたかった〜とユナに思い切りだきついてくるミヌ。

突然の抱擁に顔を赤くしたユナは、もお酔っぱらったの?座ってほら!と言いながらミヌを押し返します。

びっくりした〜!とかなり動揺している様子です。

その後、お酒を注いでやりながらミヌの話を聞くユナ。

ナヨン(ミヌの別れた彼女)から自分のことを好きじゃないみたいと言って振られたらしいミヌは、もっとかまって欲しかったらしいとユナに説明します。

よく分からず、どういうことかと尋ねるユナに、友だちばかり優先して寂しかった、浮気してるのではと疑われたのだと酒を煽るミヌに、浮気って…ミヌに限ってそんなこと…とユナが庇ったところ、っていうかそもそも女なんて周りにいないっつーの!という言葉の刃が。

ミヌに片思いしているユナにグッサリと刺さったそのセリフに、酷い、酷すぎる、じゃあわたしは…?立ち直れない…と人知れず涙を流します。

しかし次の瞬間、そーいえば、とポンとユナの頭に手を置いたミヌ。

驚くユナの頭をそのままなでなでし始め、ここに居ましたね〜と笑います。

どこまでも陽気な様子で、そこに恋愛感情はないようです。

照れたユナはバッとカバンを持って立ち上がり、もう酔っ払ったなら帰ろミヌ!と言いますが、え〜帰りたくない〜俺まだ全然平気だよ、今日はつきあってくれよ〜と泣きつきます。

それにこうでもしてないと辛いんだ…とそんなミヌの態度に絆されたユナは、わかった、じゃあ飲もう!と座り直したユナに、肘をついて嬉しそうに笑いながら、そうこないと!オレたちの永遠の友情の為にね!と再び一撃を喰らって心で号泣しながらも笑顔で乾杯とグラスを合わせるユナ。

 

夕食誘っておいて先に食べてるなんて相変わらずマナーがないわね、スアにそう声をかけられやっと相手の到着に気づいた相手。

そこでは明るい茶髪のショートヘアにグリーンアイのきらびやかな女性が食事を始めていました。

肉を食べていた手を止め、今度はワイングラスを片手に悪びれもなく、お腹が空いちゃって!きてくれてアリガト〜と返す女性は、スアを先ほど呼び出したチョ・ハナ。

自分の前の席のグラスにワインを注ぎながら、かなり久しぶりよね?おんなじ会社なのに不思議ねと話しかけてくるハナに、不機嫌そうな顔でそこに座りながら、不思議って…同じ建物じゃないんだし当たり前でしょう、と答えるスアは内心で、今日もどうせ自慢話するのに呼び出したんでしょ…さっさと始めよ、とかなり今回の呼び出しを鬱陶しがってる様子。

そしてついて早々始まる二人の闘い。

鳴り響くゴングに二人がボクシングコスチュームで構え、最初はハナからパンチを仕掛けます。

ラウンド1:
最近忙しいでしょ?ウチの会社どっかの小さな会社と違って海外との取引がグーンと伸びてるからね!
攻撃が見事スアに入り、チクショ〜むかつく!!と悪態をつくスア。
ハナwin

ラウンド2:
そうよ、お陰様でボーナスも頂いたわ、子供の小遣い程度の額だけど!!
大手のくせにけちり過ぎなんだよ!!
今度はスアの強烈な一撃がヒット!!
スアwin

ファイナルラウンド
今のところ二人のHPとスコアは同点を競ってます。
小遣い程度でもないよかましでしょ?まあせいぜい出費に備えて蓄えとくことね、と汗を流し息を切らしながら言うハナに、出費?とこちらも汗だくで息を切らしながら相手を睨みつけるスア。
わたしの結婚祝いよ!
そして突然飛んできた攻撃。
そういえばまだ彼氏も居ないんですって?と思い切りハナに殴り飛ばされたスアは地面に倒れます。
winnerハナ
高笑いしながらスアを見下ろし、悪いけどバージンロードお先に歩かせて頂くわ!と宣言します。

思わずナイフをステーキに突き刺してしまうスア。

結婚すんだ?いつなの?と険悪な表情で尋ねるスアは、落ち着け羨ましがったら負け落ち着くんだ、と必死で自分を抑えています。

しかしハナからは、日取りはまだよ来週お見合いなの、と言う返事がきて、お見合いかとホッと一安心。

相手は気にならないの?と聞いて欲しそうなハナに、ううん全く、とバッサリ切るスア。

それでも引き下がらないハナは、絶対気になると思うけどなと意味深に言うので、私が知ってる人?とスアが訊くと、スタークラウドの社長(カン・ジフ)よ、と言う返事が。

それに手が止まるスア。

 

疲れたー。

夜もふけベッドに入ったユナは、ミヌ凄い辛そうだった…結局ナヨンとも続かなかったな…と過去にミヌが彼女を紹介してきては別れを繰り返すのを見てきたユナ。

ミヌは私とは七年も仲よくやってるのに彼女とは昔から長続きしなかった…、だからいつかミヌと結ばれるかもって…そう思ってきたユナは、しかし今日ミヌに頭を撫でられてもいつもみたいにドキドキせずなんともなかったことに気づき、おかしいな…と思いながら眠りにつきます。

 

次の日、会社で居眠りしてるところを起こされ飛び起きたユナに驚いて、疲れてんのかと聞く先輩。

大丈夫ですと元気よく返事をしたユナに、今日の会食のメールを確認したかと耳打ちしてくる先輩に、覚えがなかった様子のユナは改めてメールを確認したところ、部長から会食に社長も来るので全員参加の旨が書かれたメールが来ていました。

コレはどういう…と青くなって震えるユナに、全く社長と会食なんて冗談じゃ無いよな、緊張で喉になにも通んないよ、と先輩もため息を吐いて億劫そうです。

その日は予定が…と会食から逃れようとするユナですが、メールに全員参加って書いてあるし、あの鬼婆(部長)ならロープで縛ってでも連れて行かれる、と取り付くシマもありません。

 

その頃社長室では…ユン専務のオフィスにキム常務が出入りしてるのを確認しました、キム常務も今回の不正に関与しているものかと、と社員の不正を伝えるキムに、解雇しろと簡素に命じるカン。

今すぐですか?と驚くキムに、アアとだける答えるカンは、アン理事から反発されると言うキムの言い分に、言わせとけばいいと気にもしません。

ところで、今回の不正と関連のある者を探し出すのが目的にしても、ただでさえ忙しいのにわざわざ各部署の食事会に参加される必要は…とカンが会食に行くのを反対するキムですが、それなら他の日程を週末に移動しろ、と命じられ、しかしすでに夕方以降のスケジュールを週末に変更し終えていたキムは、倒れたらどうするんですかとカンの身を案じます。

しかしそんなキムの言葉も無視して、報告はそれぐらいかと話を切り上げるカンに、それ以上深くは追求はせずに、業務連絡関連の報告は以上になります、あとは、会長からお見合いの日程を決めるように、と…と仕事とは別件を持ち出すキム。

会長からすでにカンと話が済んでいると言われてもカンがお見合いを再開するということが信じられないキムは、話が済んでいるのは本当かと尋ねます。

それに、ああと答えたカンに、スアさんの友達(ユナ)との結婚は諦めてしまうんですか?と不審げに首を傾げるキムですが、無言でカンにスマホを指差され、連絡がつかないことを思いだしたようです。

しかも手がかりを探すよう送った秘書には裏切られて、とキムもユナとスアの側についたことを指摘され慌てて謝りますが、それでも、一度決めたことをそう簡単には諦めないのに、といつものカンらしくない決定にやはり違和感を覚えつつ仕事を続けていたキムは、お前はどう思った?と突然聞かれてギクリとし、何がです?!と聞き返します。

すると椅子ごと体をキムに向け、私がまだ会ってすらない見合い相手と結婚すると言った時だ、と質問を補ったカンに、当然ありえない事だと、と言ってしまい慌てて口を塞ぐキム。

ですから社長が結婚すると言いだしたこと自体がありえない話だなあと!社長は仕事一筋なので…それに結婚ですから相手がどんな人か把握してしてからが…と言い繕ったキムに、バッと立ち上がったカンはネクタイを緩めながら、そうだ、だから私も考えを改めてシン・ユナについてもっと把握してから結婚することにした、と宣言します。

シン…どなたですか?とユナを知らないキムに、ぺ・スアの友人だと教えるカン。

あ、それならお見合いはキャンセルですかね、よかった、スケジュールがいっぱいでどうしようかと、と内心なぜユナの名前を知っているのか疑問を浮かべながらもスケジュールを書き換えようとするキムですが、しかしそこで、会長とのお約束だからお見合いには出席しないと、とにこやかにキムの肩を叩いたカンは…

きみがな、と告げます。

お見合い相手はうちのボス ネタバレ 26話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「お見合い相手はうちのボス」ネタバレ 26話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

無料で読む方法はあるのかしら?

マスター
マスター

「お見合い相手はうちのボス」は、ピッコマで読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

 

ですが、「お見合い相手はうちのボス」の配信状況を調べてみると・・・

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「お見合い相手はうちのボス」は、上記の配信サービスなどで読むことはできませんでした。

 

ですが、U-NEXTでは31日間無料お試しでポイントがもらえて好きな漫画が無料で読めたり

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

また、「まんが王国」は無料の会員登録半額クーポンがもらえて漫画がお得に読めたりします。

まんが王国会員登録無料!
半額クーポンプレゼント!(初回のみ)
無料のじっくり試し読み作品、3000作品以上!
ポイント還元率最大45%でお得!

こんなにお得なサービス。

まんが王国について詳しくはこちら>>>

 

ぜひ、上記サービスを利用して、好きな漫画を絵付きで楽しんでください!

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

お見合い相手はうちのボス ネタバレ 26話の感想!

まさかの!今度はキム君が代理!

え!?相手ってもしかしてハナ??

うわ〜スア、もし知ったら気まずそう。

というかカンは悪どいですね〜

今まで騙されていた腹いせでしょうか…

まあキムも断ればいい…のか??

一方ミヌ!!

なんか怪しい男だな〜

本当にユナに気が無いのか怪しい〜

でもユナは少し恋心が変わってきてる感じですね。

カンになびくのか、こちらのカップリングの展開もまだまだ気になります!

まとめ

「お見合い相手はうちのボス」ネタバレ26話と感想をご紹介しました!

「お見合い相手はうちのボス」が読めるのは現在、ピッコマだけ。

ピッコマで読む!

ぜひ、絵とあわせて「お見合い相手はうちのボス」を楽しんでくださいね!

「お見合い相手はうちのボス」 27話はこちら>>>

「お見合い相手はうちのボス」ネタバレまとめ>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント