おじさんとリコ ネタバレ 6話!具合の悪いおじさんのために1人で外に買い物に行くリコ

スポンサーリンク
おじさんとリコ ネタバレ 6話漫画ネタバレ

DeNIMOの漫画「おじさんとリコ」(宇佐木城先生)

今日は、その漫画「おじさんとリコ」6話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

具合の悪いおじさんのために1人で外に買い物に行くリコ…

「おじさんとリコ」5話はこちら>>>

また、「おじさんとリコ」はFODの2週間無料おためしで無料で読むこともできます。

\ 「おじさんとリコ」を無料で読む! / 

FOD公式サイトはこちら!

※2週間無料おためし期間中(翌月同日の前日まで)に解約をすれば、料金はかかりません! 

FODの2週間無料おためしでもらえる最大900ポイントを使えば、好きな漫画をお得に読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

おじさんとリコ ネタバレ 6話!具合の悪いおじさんのために1人で外に買い物に行くリコ

おじさん!どうした!玄関のドアが開き、リコが慌てて出てきます。

熱が出て、ドアの前で座り込んでしまったおじさんは、リコを見て、足音で気づいてくれたのか、と安堵の表情。

ベッドで寝ているおじさんの横で、心配そうに見守るリコ。

おじさんは、リコにあやまり、買ってきたお弁当を食べといて、と言いますが、リコは首を横に振り、食べようとはしません。

そんなリコを見て、また、あやまるおじさん。

おなかが減ったら台所にフレークあるから、ちゃんと食べ…と言いかけて、スーと寝てしまいました。

心配な顔で見つめるリコ。

服を脱ぎ、裸でおじさんの寝ている横に潜り込みました。

熱でぐっすりと寝ている横で、一緒に寝るリコ。

しばらくすると、おじさんは目を覚ましました。

横で寝ているリコに気づきます。

掛布をめくると、素っ裸のリコがおじさんにくっついていました。

ビックリして、掛布でリコを隠すおじさん。

動揺しながら、どどどうした.、とリコに聞きます。

リコはおじさんに、ギュッと抱きつき、おじさんの背中をスリスリしました。

おじさんの片足に自分の両脚をからめて、ギュゥ、スリスリ。

リコの尻尾はフサフサと揺れています。

温めようとしてくれるのかな、人肌で温めるのをどこで知ったのだろう、獣の本能なのかな、とおじさんは思うのでした。

ドキドキするのは熱のせいかな、おじさんはポカポカとしてきました。

抱き合いながらおじさんは、ありがとう、いい子だな、世界一かわいい、とリコに言いました。

 

朝になりました。

寝ているおじさんの頬に手を当てて、熱の確認をしているリコ。

ベッドの横に膝をついて座り、おじさんの顔をペロペロとしています。

心配な顔をして、おじさんを見ています。

おじさんが倒れてしまったのは、自分のせいだと思ったリコ。

冷蔵庫に買い物のメモが貼ってあるのを、リコは見つけました。

牛乳、くるみパン、おトーフ、塩コショウつめかえ

リコはメモを手に取りました。

よそいきの服を来て、リュックを背負い、玄関で靴を履き、ドアの前に立っています。

ブルブルと震える脚。

ガチャ、ドアを開けてリコは外に出て行きました。

 

少し時間が経ち、陽が低くなって来ました。

目を覚ますおじさん。

沢山寝て、だいぶ楽になりました。

テーブルの前で、正座のリコに気づきます。

よそゆきの服を着ているリコを不思議に思いながら、ほったらかしてごめん、とおじさんはリコの元に近づきました。

テーブルの上には、買い物のメモ、牛乳、塩コショウつめかえ、おトーフ、が置いてありました。

おじさんは、目を見開いています。

泣きそうな顔で、パン屋の男のひとが怖くて、くるみパンを買えなかったことを、リコはあやまっています。

買い物もろくに出来ないと、落ち込むリコ。

おくさんになれない…と言う途中で、がばっとおじさんはリコの肩に手を乗せて、ひとりで外に出たれたリコをほめました。

嬉しそうなおじさん。

自分を助けるために…と感動するのでした。

すごい!リコーッ!とおじさんはリコに抱きつき、嬉しさと喜びでいっぱいです。

リコはおじさんに、自分がいて迷惑なのではないか、と聞きました。

リコのおかげで疲れがふき飛んだ、リコがいてくれてよかった!とおじさんは、リコの頬に 自分の頬をスリスリしながら言いました。

嬉しくて泣きそうなリコ。

幸せな顔のリコ。

 

二週間後、リコの面談の日。

リコがひとりで外に出て、買い物に行けたことを、バーギィ(獣社員)に自慢するおじさんに、得意顔のリコ。

カッコイイじゃん、とほめられました。

獣社員が、おじさんたちの様子を見ながら、電話で話しています。

おじさんに、今日、第二陣の子がひとり来ると伝えました。

リコは、ほかの子…耳をぴんっと立てて反応します。

里親とお互いに一目惚れでパートナーとして暮らしているらしい、もうすぐ18さいになるみたい、と社員たちは話しています。

パートナー?とおじさんにリコは聞きました。

恋人、とおじさんは教えてあげます。

リコの耳がぴんっ。

リコみたいな子とおじさんみたいな人が、恋人に…とリコ。

その子の保護者はおじさんじゃないよ、と社員たちは笑いながら言いました。

一目惚れされるなんて、よっぽどきれいな子なんだろう、と社員たちは話しています。

社の入口でスマホで話しながら、第二陣の子が入って来ました。

身体はスマートで手足が長く、長い髪に、長い尻尾、ハットを被り、顔は犬。

おじさんとリコ ネタバレ 6話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「おじさんとリコ」ネタバレ 6話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「おじさんとリコ」は、FODでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「おじさんとリコ」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、FODです!

 

FODは、2週間間の無料おためしがあります。

しかも、最大900円分のポイントがもらえるんです!

この900円分のポイントを使って、FODで「おじさんとリコ」が読めるということ。

FODでは「Amazonアカウント」を利用してFODプレミアムに初めて登録すると、2週間間無料おためしが楽しめます。

 

ちなみに、FODの2週間間無料おためし

FOD2週間間無料おためし最大900円分のポイントプレゼント
見放題対象の動画が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(100誌以上)
2週間間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

 

2週間間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

 

また、ポイントを最大900円分もらうには

初回登録ボーナスポイント:100ポイントプレゼント
8の付く日(8日/18日/28日):それぞれ400ポイントプレゼント

と、このように「8の付く日」を待つとポイントが最大900円になるという仕組みです。

ですので、途中で解約してしまうと900円分のポイントにならないので、ご注意くださいね!

 

また、FODは漫画だけでなく、アニメやドラマ・バラエティなどの動画もたくさん配信されています。

2週間間無料おためしでは、そんなFODの動画も楽しめます!

ぜひ、FODの2週間間無料おためしをチェックしてみてくださいね。

\ 2週間間無料おためしで! / 

FODで今すぐ「おじさんとリコ」を読む!

※2週間無料おためし期間中(翌月同日の前日まで)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おじさんとリコ ネタバレ 6話の感想!

おじさんは、疲労も重なり、熱を出して倒れてしまいました。

リコが裸になって温め中、熱のせいか?ドキドキするおじさん。

リコ、世界一かわいい、そう思います!!

頑張ってひとりで外に買い物に行けたリコ。

おじさんを想う気持ちが、リコを成長させました。

感動しました。

おじさんの「おくさん」になりたいリコにとって、第二陣の子、興味深いですね。

次回も、気になります。

まとめ

「おじさんとリコ」ネタバレ 6話と感想をご紹介しました!

「おじさんとリコ」は、FODの2週間間無料おためしで、無料で読む方法もあります。

FODで「おじさんとリコ」を無料で読む!

ぜひ、絵とあわせて「おじさんとリコ」を楽しんでくださいね!

「おじさんとリコ」7話はこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント