おじさんとムスメ ネタバレ 11話!一葉は穂波に嫌われるも2人は合うという秋津に…

スポンサーリンク
漫画ネタバレ

モバフラで連載中の人気漫画「おじさんとムスメ」(著作:五条うるの)

今日は、そんな「おじさんとムスメ」11話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介したいと思います!

一葉は穂波に嫌われるも2人は合うという秋津に…

「おじさんとムスメ」10話はこちら>>>

また、「おじさんとムスメ」はU-NEXTで無料で読むこともできます!

\「おじさんとムスメ」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

おじさんとムスメ ネタバレ 11話!一葉は穂波に嫌われるも2人は合うという秋津に…

8月から短期間だけ寮のお手伝いをすることになった一葉。

お手伝いとはいえ、寮の仕事は早朝からで、寝ぼけ眼で頑張って起き上がります。

軽く支度を終えてから、少し戸惑いながらも元気よく挨拶。

今日からお盆期間だけお手伝いします向出一葉です、と挨拶した相手はあまり表情を出さない、和服と割烹着に身を包んだ老婆の松乃さん。

一葉の挨拶にも、はいと一言返すだけで、あとは無言。

ギックリ腰はもう大丈夫なんですか?と聞く一葉。

そう、今回は寮のお世話をしている松乃さんの怪我により、寮のお手伝いをできることになったのだ。

しかしその気遣いの言葉にも軽い相槌で、あとは無口の松乃さん。

それでも一葉は、笑顔を絶やさず仕事を開始します。

 

そこのナベを取ってくれるかね、という松乃さんに一葉は元気よく返事をするものの、違うそれじゃなくて…と言った瞬間、グキッ!

作業を開始した途端に、松乃さんはまた軽く腰を痛めてしまいました。

松乃さんは無言を貫きながらも、脂汗を掻いて痛みを堪えます…。

まだ無理しないでくださいね、と一葉は少し慌てながらも言葉を掛けます。

私、何でもやるんで言ってください、という一葉の言葉に松乃さんは訝しむ表情をしますが、少し黙ってから一葉にポツリと、どうゆうアレか知らないけど…と、温かい鍋の中にある、お味噌汁をかき混ぜながら話し出す松乃さん。

あんたも若いのに、朝早くからこんな手伝いつまらないだろ、という松乃さんの言葉を、一葉はすぐに否定します。

前に、すごくお世話になったおばあさんがいて、と少し遠くを見つめるように思い出しながら呟く一葉。

また一緒に朝ご飯を作ってるみたいで、うれしいです、と続けます。

大切な5年間の思い出…重ねる言葉は温かく、その表情を見ればとても大切な思い出だという事が一目でわかります。

そうかね、と無口で無言で硬い表情を崩さなかった松乃さんも小さく微笑む。

…それに、お味噌汁がいい匂い、と一葉。

長年寮のお世話をしてきた、人生の大ベテランが作ったお味噌汁。

その香りに一葉は目を輝かせながら、お腹を空かせてしまいます。

…そんな感激している一葉の姿を見て、松乃さんは不敵に笑います。

 

そんな朝の一幕があってから、朝食を作りを終えると、寮の住人たちが続々と階段を下りてきて、出来立ての朝ご飯を食べ始めます。

いただきます!と、大きな声で皆が食べ始めると、大きなあくびをしながら秋津がやってきました。

朝から働く一葉を見て、今日からだなと一声掛けます。

すげー助かる、という秋津は、寝起きでふにゃふにゃな顔。

それでも笑いながらお礼をします。

大好きな人とまた朝からこんな会話ができるなんて…一葉も軽く挨拶を返しますが、感動でニヤツキが止まらず。

 

寮の皆が出勤した後、残った家事を松乃さんと片づけてお昼休憩。

休憩時間で松乃さんから、昨日まで園長さんが手伝ってたんだよ、とこぼれ話を聞きます。

―――あんなに眠そうだったのはそのせいだったのか?

―――いや、普段からあんな感じだったけど…。

それでも何だかんだ優しくて、困っている人がいたら助けてくれる。

―――秋津さんの役に立ちたい

ほのかにそんな気持ちが灯ります。

 

午前の仕事を終えたら、午後はスイーツ店で働くことになっている一葉。

お店で働くことはいい、いいのだけど、一緒に働く人が…まさかの穂波!

最初の出会いが出会いなので、気まずい空気が流れます。

耐えきれず一葉は穂波に言葉を掛けます。

寮でも『穂波ちゃん』って呼んでるし、お店でも穂波ちゃんって呼んでいいかな?という一葉に、穂波は、は?と返し、殺伐とした重苦しい空気に。

あまりの圧でこれ以上続ける言葉はありません。

…この店では私のほうが先輩ですけど、特別に許してあげます、という穂波に、ありがとう!私のこともテキトーに呼んでね、と軽く返しても、また穂波の無言の圧で、一葉は心の中で泣きます。

私…嫌われている?

そんな始まりからの初仕事。

まずはパティシエの水森さんから商品の作り方を習う事になりました。

初日だし、一番盛り付けがやっかいなヤツ練習してみようか、と一葉が初心者なのもあって、見本として穂波も一緒に練習をすることに。

そして出来上がったスイーツの片方はキレイに整った可愛らしいもの。

もう片方は少々崩れた禍々しいものになっています…。

穂波ちゃんはちょっと不器用なんだよね〜という水森さんの言葉に、またしても重苦しい圧力で穂波に睨まれてしまい、一葉は笑って誤魔化します。

その後にも水森さんは一葉を褒めます。

あまりにも上手いのでバイトが経験あるのかと訊かれますが、当然初めて。

何とかここでもやっていけそうだ、秋津の役に立てそうで一葉は「ほっ」と一息します。

 

あ、ここのお店じゃん、カランコロン♪とお店の扉が軽やかな音を奏でて開かれます。

そこには若い女性―学生ぐらいの女の子が二人いました。

入店してきてすぐに、女の子たちはスマホを穂波に見せて、SNSのこれ食べたいんですけどー、と画像のスイーツを見せます。

それ人気で、お昼ごろ売切れちゃったんですよねー、と穂波が販売終了の旨を伝えると、客である彼女たちは怒りを露わにします。

わざわざ県外から来たのに!と、騒ぎ立て始めました。

今日の分の材料が、もう無くなってしまって…と穂波がぶっきら棒に、他の味もおいしいですけど?と、応対しても、これが食べたい!わざわざ来たのにー!?と我がまま言いたい放題で駄々をこねまくる女性客。

無いもんはしょーがないじゃん!と、ピシャリと『お客さま』に穂波は言い放ちました。

当然『お客さま』な彼女たちは更に怒ります。

暴言を散々吐いてから、もーいいよ!と叫んでお店から出ようとしたとき…あのっ、と意を決して一葉は言います。

特別メニューを作ります!という一葉に、何それ!?と穂波の苛立ちの言葉が一葉に向かいます。

遠くから来てくれたお客様に特別メニューで!と、穂波に頼みます。

当然、穂波は抗議しますが小声で一葉は、水森さんに相談してくる間の時間稼ぎの旨を伝えます。

かなり強引だが穂波にお客さまを任せて一葉は急いでスタッフルームにいる水森さんを呼びに行きます。

お客さんが…と、相談しようとした瞬間、遠くから笑い声が聞こえてきました。

特別メニューいいじゃん!ブサかわ♪

そこにあったのは穂波が急遽作った可愛い…が、少し崩れたキャラクターもののスイーツ。

上機嫌になった女の子たちは、スイーツ以外にも穂波も誘って写真を撮っていました。

先ほどの荒々しい場面から考えられないほど盛り上がり、二人は笑顔で帰っていきました。

 

嵐が去ってから。

あまりの出来事で感動した一葉は、さすが穂波ちゃん!と、尊敬の念を伝えますが、穂波は怒り返します。

アンタのほうが器用なんだから、アンタが対応すればよかったでしょ!?という穂波に対して、嫌な顔一つせず一葉は言います。

穂波ちゃんって手先は不器用かもしれないけど、何でもハッキリ言えてすごいと思う、と一葉。

手先以外に色々と不器用な穂波。

しかし店のことを第一に考えて、色々と対応してくれていた。

優しく笑顔で褒めていた一葉に、穂波は怒鳴り返します。

あれは店頭で騒がしかったから言っただけだ、私はアンタみたいないい子ぶってるやつ、大キライ!もし私がアンタの彼氏だとしたら、そーゆーの重いだけだし!と。

『重いだけ』

今までの自分の言動…秋津に会いたい一心での今の現状に、一葉は心抉られます。

確かにそうかも…!苦笑しながら、今日はごめんねと言って、一葉がゴミ捨てに行こうとしたとき、穂波は呼び止めます。

あんたと園長さんって、どうゆう関係?と聞く穂波。

穂波は一葉が来てからの初日から、さり気なく二人を観察していました。

知り合いにしては距離が近い、お互いを知りすぎている、しかしどこか他人めいている、と思う穂波。

ゴミ袋を握りしめながら一葉はゆっくりと、園長さん…秋津さんとの関係を簡潔に話します。

―自分が母を亡くしたこと。

―頼れる身内もいない時に、おばあさんと住む家で5年間私を預かってくれた人だと。

言葉少なく簡潔に。

だけど、大事な人だよ、と言った一葉の顔は、とても暖かく優しくみえました。

そう言ってゴミ捨てのために扉の向こうに行った一葉を見送ってから、穂波は室内を見渡します。

…いつの間にか台所や作業場がキレイになっている。

そんな素振りを見せなかったのに、どこもかしこも掃除が行き渡っていました。

―誰が見ても『いいこ』な一葉。

大キライ!と、誰もいない店内で、穂波は悪態を吐きました。

 

閉店後。

店内清掃をしている最中に、秋津が店にやってきます。

軽快に、お疲れさんと一葉と穂波を労ってから、一葉に、初日はどうだった?と訊きました。

一葉が言葉を探していると、穂波が、全然ダメと、ざっくりストレートにダメ出しを言います。

そんな様子に水森は笑いながら、そんなことなかった、と助け船を出します。

手先の器用さや、ソツなく何でもこなす様子を伝えると、だろうな、と満足そうに秋津は微笑みました。

…なんで園長が?一葉の事を褒めているのに、なぜ秋津が嬉しそうな顔をするのか穂波は分からず、水森はやいやいと秋津にツッコミを入れ始めました。

―その様子を、静かに穂波が見つめていることを知らずに。

 

話が一段落してから、秋津は自分がもう少しで仕事が終わるから一葉と穂波に一緒に帰宅するかと訊いてきます。

しかし穂波は、私は早く帰りたいんで、ということで、そのお断りを軽く拒否。

偶然、そう、偶然的に秋津と一葉は二人っきりで帰宅することになりました。

再び出会ってからの初めての二人っきり。

一葉は赤い顔をしながら黙って秋津の隣を歩いていると、秋津は一葉に訊ねます。

初日は疲れただろ?いきなり訊ねられて、言葉を濁しながら一葉は同意します。

疲れたのは仕事の内容ではなく、どちらかと言えば穂波に対してでした。

でも、それを言うのも憚れる気がして軽く流します。

しかし一葉が一言も言っていないのに、秋津は穂波に対して、あいつはズバズバ言うもんなーと言います。

突然すぎて一葉は驚きますが、よくよく考えたら一緒に暮らしているし、一緒に働いているし当り前かと思う前に、秋津から思いがけない言葉が出てきます。

だからお前ら二人合うかなと思って、という秋津に、そこで初めて一葉は知りました。

この配属先、人事配置は全て秋津が担当したことを。

涙目になりながら、無言の訴えを一葉はしますが、秋津は言います。

―穂波は自分のことを不器用だって言うが、手先は器用でも一葉も色々と不器用だ。

最初は色々疲れるだろうけど、お互いい所を見つけ合えるんじゃないか、と続ける秋津。

そこで一葉は思い直します。

秋津は一葉自身が忘れかけていた事を思い出させてくれる人だと。

自分の事を、よく見てくれている人だと。

そしてお互い笑い出します。

笑いあっていると、秋津は更に顔を綻ばせ、一日の終わりに、お前の笑ってる顔見れんのって最高だな!と、秋津は何でもないような様子で伝えますが、一葉はそれどころではありません。

大好きで…大切な人からの思い掛けない言葉に更に顔を赤くし…そして、秋津の背中にギュッとしがみつく一葉。

おいっと慌てる秋津に、ちょっとだけ!と赤い顔でねだります。

靴を履いてるフリさせて、という一葉は、秋津に以前言われた言葉も覚えています。

それでも何かのフリをしてでも、この愛おしさを伝えたかった、と思う一葉。

苦く笑いながらも、俺の背中くさいぞ?と冗談交じりで心を許して背中を貸す秋津。

そんなの全然平気だし…!と、笑いながらも泣いてしまう一葉。

ただの帰り道だけど、秋津と一葉は二人の距離を確かめ合いました。

 

その頃、冷蔵庫内を点検をしていた水森はあるものを見つけました。

それは一葉の練習に付き合った、穂波が作った失敗スイーツでした。

水森は、穂波が忘れていったものとして何の不思議にも思いませんでした。

ですが、帰宅した穂波は湯船に浸かりながら、失敗したら俺が食ってやるって言ったくせに、そう静かに怒りを滲ませながら呟いていました。

おじさんとムスメ ネタバレ 11話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「おじさんとムスメ」ネタバレ11話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「おじさんとムスメ」は、U-NEXTでも読めますね。

レイ
レイ

「おじさんとムスメ」を無料で読むことはできるのかしら?

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「おじさんとムスメ」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「おじさんとムスメ」が読めるということ。

これなら、お金をかけずに「おじさんとムスメ」を読むことができますよ。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\31日間無料トライアル600ポイントで!/ 

「おじさんとムスメ」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おじさんとムスメ ネタバレ 11話の感想!

今話から本格的に始まった新しい環境に、新しい人々…とくに穂波ちゃんがいい味を出している回でした。

しかし第一話から読んでいるから、一葉の想いは成就してほしい。

穂波ちゃんの登場で、確実にこれから一葉は波乱の展開に飲み込まれると思いますが。

続きが気になります。(特に穂波ちゃん!)

まとめ

「おじさんとムスメ」ネタバレ11話と感想をご紹介しました!

「おじさんとムスメ」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「おじさんとムスメ」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「おじさんとムスメ」を楽しんでくださいね!

「おじさんとムスメ」12話はこちら>>>

「おじさんとムスメ」全話ネタバレはこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント