ミステリというなかれ ネタバレ 3巻(ep4)!狩集家の遺産相続争いの真実を見つけた整は…

スポンサーリンク
ミステリというなかれ ネタバレ 3巻漫画ネタバレ

flowersで連載中の漫画「ミステリと言う勿れ」(田村 由美先生)

今日は、その漫画「ミステリというなかれ」3巻を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

狩集家の遺産相続争いの真実を見つけた整はさらに…

また、「ミステリというなかれ」はU-NEXTで無料で読むことができます!

\「ミステリというなかれ」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

ミステリというなかれ ネタバレ 3巻(ep4)!狩集家の遺産相続争いの真実を見つけた整は…

広島の美術館で絵画鑑賞をした久能整は、観光をしている途中で男2人に絡まれている女性に助けを求められますが、お芝居ですよね、あなたは新幹線の後ろの席にいて、観光でもずっと後ろにいましたし、観光ルートだからと思っていましたが、ここまでされると流石に変です、と断ります。

女性は東京から久能を尾けていたことを認め、75点ね、ガロちゃんには劣るわ、と言って携帯の画面を見せます。

そこには、久能整を推薦する、引き受けるかは分からない、というガロからのメールが表示されています。

ガロちゃんにお願いしてたんだけど、できなくなっちゃったじゃない、だから整君バイトしませんか、命とお金がかかっていて、私は殺されるかもしれません。

話が理解できずに衝撃を受ける久能に、女性はお店で軽食を奢るので話を聞いて欲しいと頼みます。

 

ドーナツを食べながら自己紹介をすると、女性の名前は狩集汐路(かりあつまり しおじ)と言う、高校一年生で、久能はガロに連絡を取れるのか訪ねると、多分外国にいるから連絡できないと汐路は答えます。

そこに「何しとるん」と汐路の従兄弟2人が通りかかり、久能を見ると波々壁新音(ははかべ ネオ)は、お前が言っていた美形の彼氏って、そのブロッコリーかと笑います。

狩集理紀之助(かりあつまり りきのすけ)は失礼だろと嗜め「汐路も早く来なさい」と言って去ります。

久能は見知らぬ他人に嘲笑された事に顔を青くします。

店を出ると汐路は、これから祖父の遺言書がこうかいされるの、と言います。

 

ホテルの一室の長机に着席し、顧問弁護士と税理士が挨拶をして遺言書を読み上げます。

子供が既に他界しているので、孫4人のうち1人にだけ遺産を相続させる、伴侶を同席させていないものは除外する、孫にはそれぞれ蔵を与えるので「あるべきものを、あるべき所へ、過不足なくせよ」その成果を見て顧問弁護士と税理士が1人を選ぶ事とする。

親族の1人が、やっぱり誰か死んじゃうのかな、と口にしたので、久能が訪ねると、汐路が答えます。

過去の遺産相続もお題が出て争うんだけど、毎回必ず死人がでているの。

それを聞いた顧問弁護士は、アニメや映画ではありませんので、確かに亡くなった人はいますが、事故や病気と原因がハッキリしていますと話します。

そうね、警察はいつも調べないもの、私のパパが死んだ時も、ガロちゃんはウチの一族には闇がある、君を守りながら見てみようかなって言ってた。

孫達は蔵の鍵を受け取ります。

久能は、顧問弁護士と税理士は随分と皆さんから信頼されているんですねと言うと、弁護士の車坂家と、税理士の真壁家は、狩集家が小さい地主から成長する頃から一緒にやってきた仲だと聞いてるわ、と汐路が話します。

久能はそろそろ帰らないとと言うと、汐路がチケットはあるのか尋ねます。

まだ買っていないと答える時に、久能は大学で今日が期限の広島行きのチケットを知らない人から安く買ったが、ここに来させる為に仕組まれていたと気づいて恐ろしいと思うと同時に、以前ガロが展示は広島でもやると言っていたのも、このつもりだったのかと気づきます。

汐路は、だからバイトしようよ、護衛と蔵の謎解き係として、と久能を誘います。

お金が欲しいんですか、と久能が訪ねると、私1人ならいらない、けど母は嫁として家事を押し付けられ1円も貰えないなんて嫌だ、母のために欲しいと汐路が答えます。

久能は相続人で集まりお茶を飲みながら話し合いをすることを提案します。

 

相続人の皆さんでお茶飲んで話合いしませんか、と提案した整でしたが、新音、理紀之助、ゆらとも話を聞いてくれませんでした。

「話を聞いてくれない一族」とつぶやく整ですが、汐路は遺産を争うライバルなのだからしょうがないといいます。

そして、一族と整はともに汐路の祖父である狩集家当主の本宅に泊まることになりました。

 

家に行くと、盛り塩やアメジストドームが置いてあることが気になる整。

魔除けになるという理由から本宅には長年置かれていると汐路が説明してくれます。

そんな話をしていると、家の奥から「皆さんお疲れ様」とマリが出迎えてくれました。

マリは汐路の祖父の従妹で、祖父の世話をしてくれていたと整に説明する汐路。

二人の様子を見て、マリは整が汐路の言っていた「超絶美形の彼氏」であることに気が付いたようです。

汐路に連られてきた整ですが、汐路が一族に生涯の伴侶と紹介していたことに対して「なにも聞いていない」と文句を言います。

しかし、汐路は「形だけだから適当でいい」と軽く返します。

夫がいるゆら以外はみんな同じ手段を使っているから気にしないでと続ける汐路ですが、汐路に寝室として通された部屋には二人分の布団が並んで敷かれていました。

それを見て整えは、「人と一緒の部屋だと眠れない」と文句をいいます。

汐路は、女子高生である自分と一緒の部屋で寝るのは理性の心配とかはないのかと尋ねます。

すると整は「ゾッとします」と一言返します。

その言葉を聞いた汐路は、この部屋は自分と母親が寝る部屋だから整の部屋は別にあると言います。

 

無事一人の部屋をゲットした整ですが、汐路からお風呂場所について説明があると、「他人の家でお風呂に入りたくありません」とさらに文句を言います。

それを聞いた汐路はあきれながら「好きにして」と言い、着替えは近くのコンビニで買ってといいますが、整は遠方に行くときは災害とか川に落ちるとか何があるのかわからないので1泊分は用意していると言うと、汐路はさらに呆れた顔をしながら「なんかもうどうでもいい」と言います。

そこに、整の着替えを持った汐路の母親が現れます。

すると、整は汐路に、相続人候補者の皆さんは、誰も人を殺してまで遺産を手に入れようとする人には見えませんと伝えますが、見えないから怖いじゃんと一言言って、おやすみと自分の部屋に汐路は言ってしまいます。

ため息をつきながら一人コートを脱ぎだした整の元に、勢いよくふすまを開けて汐路が戻ってきました。

彼女は、言い忘れたことがあるといって整に、無理やり引っ張ってきてごめんね、迷惑だと思うけど来てくれてありがとう、と言って自分の部屋に戻っていきました。

 

一人になった整は家の探索をはじめます。

狩集家には盛り塩や水晶といった厄除けのものから歴代当主の写真に汐路の家族写真、さらには日本刀まで飾ってありさすがに寒気を感じた整は寝ようと寝室に戻りますが、金縛りにあってしまいます。

翌朝整が起きると、汐路が家にある神社でお参りをしていました。

そんなものまであるんですね、と家の広さに驚く整、鳥居もあるよ、と言いかけた汐路めがけて植木鉢が降ってきました。

遺産相続の戦線布告と取った汐路ですが、そこまで動揺する様子もなく、そのまま整を朝ごはんまで家の中を案内すると言って連れ出します。

 

遺産のほとんどが不動産だと汐路が言うほど狩集家は広く、いとこが各々もらった蔵も見せてもらった整ですが、蔵の形がみんな変わった形なことを不思議に思います。

蔵を見せてもらった整は朝ごはんを食べます。

整の朝ごはんの食べっぷりの良さを見た汐路は整を外に連れ出します。

汐路が連れて来た先は広島焼のお店。

朝ごはんを食べたばかりなのに広島焼屋に連れて来られて驚く整ですが、朝食をきれいに食べた整を見て作った人を傷つけない人であると感じ、信頼して秘密を打ち明けるために連れだしてくれたようです。

広島焼屋で汐路は蔵にまつわる話をしてくれます。

今朝見た4つの蔵は開かずの蔵であったこと、しかし1回だけ汐路の父親がすごくコソコソしながら蔵に入っているのを見たこと、そして、汐路の父親は兄弟である新音の母親と理紀之助の父親とゆらの母親の4人とよくケンカをしていたことを話します。

さらに、冬の晴れた日に4人で車で出かけその車ががけ下にダイブし大炎上。

4人は即死であったことを話してくれました。

その理由を、遺産相続のため殺しあったからだと汐路は言います。

そして、誰かが失敗したことで全滅してしまったんじゃないかと予想を話す汐路。

でも、事故の原因は汐路の父親が居眠り運転をしたことによるものだとされてしまっています。

しかし、汐路の祖父が相続したときも、祖父の兄弟同士がけんかをして殺しあったうえで相続が行われたこと、さらにその上の人達も殺し合いのすえ相続が行われてきたのだと話、そういう家系だと汐路はいいます。

そして、次は自分たち孫の代が争いを行う番であると、変な蔵をもらったことや、すべきことはひとつ、それぞれの蔵において あるべきものをあるべき所へ 過不足なくせよ、という謎のお題、そのお題を解いて生き残り財産を勝ち取るために手伝ってほしいと整の顔をまっすぐ見て汐路は言います。

お金を払うという汐路ですが、子供にお金をもらうわけにはいかないと言い、整は手伝う代わりに汐路に条件を付けます。

まず、ご飯を食べさせてもらうこと、さらに、自分に嘘をつかないでという整。

だましたり、ためしたり裏で手を回したりされると汐路のことを信用できなくなるからだと整は言います。

二人は手を組み、謎を解くため蔵に戻りました。

 

汐路がもらった蔵を開けるとそこにはたくさんの人形がしまわれていました。

しかし、その人形は3体足りません。

12か月を表している人形であるはずなのに9体しかない人形。

その人形を見て汐路は子供の時この人形を見たことがあるのを思い出します。

そして父親に、持ち主に返さないといけない、と言われたことも。

そんな話をしていると、新音が蔵に入ってきました。

新音の蔵には皿やら茶碗が入っていたと言います。

しかし、そこには全く同じ茶碗やお皿が数々あります。

一方は偽物で一方は本物のようだという新音。

人形は足りなくてお茶碗は多いということに整は疑問を持ちます。

他の二人の蔵も見てみようと新音は自分の蔵を出るとそこにはゆらがいました。

ゆらの蔵に何が入っていたか尋ねると、レースはもう始まっているんだから言うわけないでしょ、と怒るゆら。

ゆらから聞き出せないとわかると新音はゆらの子どもである幸を騙して聞き出そうとします。

それを止める整。

子供をスパイに使うと、自分が親の足を引っ張ったことを一生悔やむことになるからダメという整、さらに子供もバカじゃないのでそういうこともわかると説明します。

 

その時、朝晴という男性が汐路たちの前に現れました。

朝晴を見ると汐路はすごくうれしそうに飛びつきます。

蔵を開けて何が入っていたのか聞く朝晴に骨とう品だらけだと答える新音。

朝晴が車で来ているとわかった新音は、骨とう品店に行こうといいます。

骨とう品店では以前同じものを持ってきた人がいるといいます。

彼らもまた、持ち主に返さなければ、と言っていたとも。

 

骨とう品店から帰ると理紀之助に会い、理紀之助は自分の蔵を見るかと汐路たちに尋ねます。

不気味なものが入っていたという理紀之助。

一方、ゆらは自分の蔵に入り、蔵の中に座敷牢があることを知り気持ち悪いとこぼします。

すると、ゆらの蔵がだれかの手によって閉められてしまいゆらは蔵の中に閉じ込められてしまいました。

蔵に閉じ込められたゆらは扉をたたきながら大声を上げますが、近くに誰もいないため、ゆらの声は届きません。

 

一方、整たちは理紀之助の蔵を見に行くようです。

すると、途中で理紀之助を呼び止める女性がいました。

また知らない人が、とつぶやく整に、汐路がその女性のことを説明します。

その女性は絹代といって真壁のおじさんの孫だそうです。

そして、理紀之助は車坂弁護士の孫で、理紀之助と絹代は二人とも一人っ子。

二人は昔からいい感じなのに結婚できなくてかわいそう、という汐路にその理由を整は尋ねます。

汐路はそれを昔からの掟だといいます。

3家の間でいろいろと決めごとがあるのだそうで、その一つが車坂と真壁の家の子どもが一人っ子だった場合、狩集の家のものと結婚してはいけないというもの。

決まり事として黙認されているこの掟ですが、汐路もなぜそのような決めごとがあるのか理由は知らないようです。

だから私も朝ちゃんのことはあきらめた、とこぼす汐路に、古い掟とかルールは天から降ってきたものではないから、と助言をしようとした整ですが、整の話を最後まで聞かずに汐路は理紀之助の空いた蔵へ走って行ってしまいました。

 

理紀之助の蔵の中を見ると汐路も整もぎょっとしてしまいます。

その理由は、古びた鎧が置いてあったから。

しかもその鎧は手入れがされておらずボロボロで髪の毛までついています。

髪の毛の話になると、整は汐路が直毛一族であることに気が付きます。

しかし、汐路が言うには自分の父親は天パであったといいます。

さらに、新音の母親やゆらの娘である幸も天パだそうです。

天パの話をしていると、整は屏風が逆さまに置かれていることに注目しました。

理紀之助は動かしていないし、何も蔵にあるものは触っていないといいます。

何も触らない方がいいという理紀之助の視線の先にはさび付いた日本刀がたくさん置いてありました。

しかもそのさびは人間の血液がついたままほったらかしにしたからできてしまったものではないかと理紀之助は言います。

不気味な理紀之助がもらった蔵を見終えた新音は、もう二度とこの蔵には来ないと言って蔵を後にしました。

 

夕食の時間になり、全員食卓に戻ります。

夕食が出来上っているのにも関わらず二階に行こうとする理紀之助や新音を少し怒りながら呼びに行く汐路。

出来立てを食べた方がおいしいと文句を言いながら階段を下りる汐路ですが、急に階段から滑り落ちてしまいます。

汐路を助けようとした新音も一緒に階段から落ちてしまいます。

階段から落ちた汐路が階段を確認すると、そこには油が敷かれていました。

また、遺産相続の争いで誰かがやったことだと思った汐路は怒ります。

そして、整に向かって、殺しあう一族なんだよという汐路。

 

一方、ゆらは蔵の中で助けを待っています。

明かりは持ってきたものの、コートは汚れるからと置いてきてしまったゆらは薄着で蔵の寒さに困っています。

座敷牢を見て、こんなところに閉じ込められていたら正気じゃいられなかっただろうと想像するゆら。

自分も正気を保つため、近くのタンスから着物を引っ張り出します。

すると、そこで1冊の手帳を見つけました。

そのとき、ゆらを探していた夫が蔵を開けたことでゆらは無事に発見。

本家に戻り、誰が自分を蔵に閉じ込めたのか犯人捜しをします。

以前も同じような争いがあったというマリですが、ゆらを筆頭に従妹同士はやられたらやり返さないと、と臨戦態勢に入っています。

 

次の日、整と汐路は汐路が受け継いだ蔵をもう一度探索しています。

何故かご機嫌な様子の汐路に少し疑問を持っている整。

蔵の床で二人は演劇のチケットの半券を見つけました。

ネットで調べようと本家に戻る二人。

途中で、理紀之助と絹代が仲良く話している場面を見つけた汐路は、やっぱり二人は仲がいいと言い、さらに二人が寄りかかっている柵がぐらぐらしているから気を付けてと注意をします。

一人ゴミ捨て場に行った整は、そこで汐路に向かって落ちて来た植木鉢と何か糸を発見します。

 

夜になると、汐路が危ないと言っていた柵で作業をする人物がいます。

柵にもたれた人物が倒れたところに刺さるように短刀を埋めています。

そこまでやっちゃダメですよ、と整は短刀を埋めている途中の人物に話しかけます。

作業を止めて振り返った人物は汐路でした。

整は植木鉢や汐路の様子から、ゆらを蔵に閉じ込めたのも階段に油をまいたのも汐路でさらに自作自演で植木鉢が汐路の上に落ちてくるように仕掛けを作っていたことも見抜いていました。

汐路にそのことを話す整ですが、汐路は証拠は?などと言ってはぐらかします。

はぐらかさず、逃げずに話を聞いてください、とはっきりと整に言われた汐路は黙ります。

整は汐路の母親に話を聞いたそうです。

汐路はパパっ子であり、父親も汐路のことをかわいがっていた。

だから、汐路は自分の父親が居眠り運転で兄弟全員を死なせてしまったことを受け入れられないのだと母親は言います。

さらに、父親の事故が原因ということで従妹全員から責められた汐路は居眠り運転が事故ではなくて、遺産争いで殺しあったと思いたかったのではないかともいいます。

父親が事故ではなかったとするために、自分たち従妹も遺産争いの為の殺し合いをさせようと考えている汐路のことを、本当に人を殺してしまう前にガロは止めたかったのではないかと整は言います。

 

そんな話をしていると、ゆらと新音と理紀之助が汐路たちの元にやってきます。

そして、事故の件で汐路を責めて悪かったと謝ります。

無事に話し合いをして従妹同士わだかまりもなくなったところで、整は、みんなを殺してでも遺産を独り占めしたいと考える人がいないのであれば従妹同士協力しないかと提案します。

全員、もらえるものはもらいたいけどそこまでするほどではない、ということになりこれからは協力して謎を解くことにした従妹。

無事に解決したかと思ったのですが、本家に帰ろうとする整の元に車が突っ込んできました。

避けようとした整は勢い余って川に転落してしまいます。

あんなに嫌がっていた人の家のお風呂についに入ることになってしまった整。

しかし、お風呂の中で自分に突っ込んできた車はわざとではないかと疑問を持ちます。

お風呂から上がった整は汐路の母親から汐路の家族のアルバムを見せてもらいます。

そこで、一族で亡くなった人にバツ印が付いていることに気が付いた整。

さらに、その人物たちの共通点にも気が付いたようです。

慌てて、汐路の部屋をノックし、もう一度従妹を集めて欲しいと話をします。

そして、汐路の父親はやっぱり事故ではなく殺されたのではないかという整。

また、汐路の父親たちだけでなく昔の人たちもそうであったと言います。

でもその理由は遺産相続ではないと整は言います。

 

何かに気が付いた整は汐路の従妹たちを集めます。

すると、そこに朝晴も呼ばれました。

急に朝晴が来たことで驚く整、新音も関係ないと言っています。

しかし、朝晴を呼んだのは汐路でした。

汐路は自分の父親のことを朝晴にも聞いて欲しかったから呼んだようです。

なかなか話が進まないため、整は従妹たちに写真を見せます。

急に見せられた写真に疑問を持つ従妹たちですが、整は、皆さんの先祖です、そして遺産争いで喧嘩して命を落としたかもしくは事故で早くに亡くなった人たちです、と言います。

共通事項があると思いませんか?と写真の人物の共通点について整は話します。

しかし、性別も年齢もバラバラに見える写真の人物に共通点を見つけられません。

整はそんな従妹たちに正解を告げます。

彼らの共通点は「天パ」であることでした。

意外すぎる答えに新音は驚きますが整は続けます。

天パで明るい色で顔も白くて全体的に色素も薄くて外国人っぽい、他の写真も見ましたが長生きした人はみんな直毛で黒黒としている、という整に、だからなに?とゆらは言います。

つまり、ある特定の容姿を持った人たちだけが消されていたんじゃないか、という整。

遺産争いに見せかけて何かほかに理由があったのではないか、そしてその共通点に汐路の父親も気が付いたのだと言います。

そして、自分もその特徴に当てはまると考えた汐路の父親は同じ特徴を持つ新音の母親に相談をした。

そして二人は謎を解くために蔵を開けることにした。

蔵にあるものをもとにどんどん謎の核心をつかめてきた二人は、ゆらの母親と理紀之助の父親も誘った。

しかし、彼らが突き止めた核心は誰かにとって都合の悪いものであったのです。

だから4人は事故に見せかけて殺されたんだと思うと整は自分が気が付いたことを話します。

整はお茶碗からこの核心に迫ろうとしましたが、行き詰ってしまったようで、今度は汐路と見つけた演劇のチケットを元に核心に迫ったようです。

ネットで調べるとこの演劇は9年前に数日だけ上演されたものだったようです。

劇団は無くなってしまったのですが、主催者を特定できたのでその人物を汐路とあたってみた整。

すると、その演劇がいわくつきなものであったことをその主催者から知らされます。

まず、この作品の脚本を書いた人物が上演から数日後に自殺していたそう。

そして、その親戚なのか弁護士なのかよくわからない人物がきてその演劇にまつわるものを全部持って行ってしまったということでした。

弁護士の名前が車坂という名前ではなかったかと尋ねる整ですが、主催者は忘れたと言います。

でも自殺した脚本家は自殺するような人物ではなかったと主催者の男性は答えます。

脚本家はどんな人物だったかという整の問いに対して、主催者はたいして才能のある人物ではなかったそうで、親にも勘当されていたがお金に困ると親戚の蔵にある焼き物などを勝手に持ち出して売り払っていたそうで、でもバレると困るから全く同じ贋作を作っていた、面白い人物であったといいます。

その人物が珍しく脚本を書いてきたというのが今回チケットが見つかった舞台である「鬼の集」

弁護士に上演の映像や脚本などは持っていかれてしまったようですが、出資者用に作ったダイジェストの映像があるというのでその映像を借りて来た整は、狩集の家ではなくホテルで見て欲しいと用意したホテルにみんなを連れて行きます。

 

そこでDVDをみることになりました。

DVDの内容は次のようなものでした。

時は江戸から明治に移りゆく動乱の狭間、広島の深い闇の中に3匹の鬼が住んでいました。

鬼のボスは明るい色の長い巻き髪を持ち異人のような白い肌をしていた。

その姿に心酔する後の2匹は忠実な下僕でした。

彼らは浮過と呼ばれる土地を持たない日雇いの小作人に紛れて人のふりをしていたのですが、ある時狩田という麻農家に雇われました。

彼らは大麻を育て蚊帳を編みながら当然のようにその家の若い嫁に懸想したのです。

その時、広島藩は幕府により長州征伐を命ぜられており、農家もそれにかりだされていたのです。

狩田の主人も戦で大けがをし、戻ってたちまち伏せりました。

そして、3匹の鬼はある夜主の家に押し入りました。

使用人を殺し、居合わせた小作人を殺し床についていた主人も入念に殺して、妻を手に入れました。

残虐を極めた鬼たちは勝利の美酒に酔いながら、このままここに住み着いてしまうのはどうかと考えました。

この家の人間になり替わって狩田の主として生きていこうと思ったのです。

しかし、それをするには手抜かりがありました。

主人夫婦の一人娘が使用人の手によって逃がされていたのです。

鬼たちは必至に少女を探しましたが見つけることができませんでした。

しばらくたったが、少女は人を連れて戻ることもなかったため、野犬にでも食べられたのだろうと考えることにしました。

狩田の主となり替わった鬼たちは綿の栽培を始め、養蚕にも手をだしました。

鬼が押し入った夜殺した人々はバラバラにして敷地内の小高い丘に埋め、その上に4つの蔵を建てました。

そのうち一つの蔵の中には座敷牢を作り奪った若妻を閉じ込め夜な夜なさいなみました。

やがて若妻はボスの子どもを身ごもってしまいます。

商売も順調で、さらにカキの養殖、土地の売買にも手を広げそれらの成功により大土地所有者となったボス。

髪を黒く染めた成功者の彼のことを誰も鬼と思う人はいなかったのです。

なのに、鬼はふと不安に襲われます。

それは、本当の狩田家の娘を取り逃がしたから。

いつか、その娘が警察を連れて戻るのではないか、いつか復讐を決意して寝首を襲いにくるのではないか、鬼たちはおびえました。

その不安から鬼たちは家のいたるところに魔除けを置き塩を盛りました。

それでも不安が消えない鬼たちは自分と同じ明るい髪を持った子供を殺しだしたのです。

3匹の鬼は掟をもうけました。

それは、自分たちと似た容姿の子どもが生まれた場合その子を殺すこと。

時は流れて現代になってもその鬼の掟は生き続けているのです。

 

という話しでした。

それを聞いた従妹たちは自分たちのことを綴ったようなこの舞台の内容に驚愕します。

整も鬼は比喩だろうけど実際にあった話だと思うと言います。

そして、その脚本を書いたのが宝田完次という人物でした。

汐路は気が付かなかったようですがこの人物は今、狩集家で働いているマリの弟だというのです。

 

家に帰りマリに弟の話と舞台の話を聞きましたが、マリは舞台については知らないと言います。

しかし、マリも弟が自殺するようには見えなかったとこぼします。

それを聞いた整は事実を確認しようと言います。

そして蔵の下を掘ることにしました。

半信半疑で掘り進めた従妹たちですが、人骨を発見しました。

しかも上半身左側の骨ばかり。

ということはほかの部位は別の蔵の下に埋められているということです。

これで物語が事実と確定しました。

すると、汐路の父親の事故は事故ではなかったということにもなります。

そして朝晴はいいものを見せようと言って従妹たちを連れ出します。

朝晴は庭にある鳥居から見上げると4つの蔵は重なって観音像の形になることに気が付いていて、その場所にみんなを連れて行きました。

これで4つの蔵が不思議な形をしていた謎が解けました。

観音像を見上げながら従妹たちは掟にとらわれていた自分たちの人生を振り返り、これからは自分の好きなように生きていこうと考えるのでした。

最後の謎はゆらがみつけた手帳です。

この手帳の中身はまた明日確認することになるようです。

 

みなさんお疲れ様です、調べたことをまとめて意見をすりあわせましょう、と整は場を仕切りますが、誰も聞いておらず喫茶店で何を注文するかの方に意識が向いてしまっています。

落ち着いたところで、汐路は自分の父親の事故を担当した刑事に聞いた話をします。

事件性がないと思われたこの事故は解剖もせずに事故と断定されてしまったようです。

しかし、刑事さんは不思議な点がいくつかあったといいます。

まず、家族のだれも4人がどこに行くのか知らなかったこと。

さらに、荷物が変だったこと。

その荷物というのは木箱に入った人形やお茶碗だったようです。

黒こげになっていたので詳しくは分からなかったが弁護士を通して遺族にそれらは返したということでした。

その遺品は祖父が処分したのではないかと朝晴は言います。

しかし、事件から日数がたっているため、今更その事故を事件として考え直すのは難しいのではないかと整は言います。

たとえ薬を盛られたとしてももう調べられないのです。

すると、ゆらが手帳の話をします。

汐路はその手帳に書かれている文字を見て自分の父親のものだと言います。

手帳にはページがごっそり抜かれているところがありましたが、残っていたページから汐路の父親の動きを推理すると最終的には鬼の集の舞台にたどり着きました。

そこで、マリは脚本家であるマリの弟が自殺した事件を担当した刑事に話を聞きに行ったようです。

刑事は自殺だと断定しています。

その理由は借金に悩まされていて、泥酔してお風呂に入り発作的に手首を切ったからだといいますが、マリに聞くと弟は遊び人ではあったけどお酒は一滴も飲めなかったといいます。

ここでも矛盾が生まれました。

しかし解剖すら行われていなかったため詳しくはわからないそう。

そして手帳に書かれていた、人形がカギ、という文字が最後の謎です。

すると、整は汐路の父親は狩集家の本当の血筋の人物を探そうとしたのではないかと言います。

だから、少女が持って逃げた人形がカギではないか、と言います。(少女は人形を持って逃げていた。)

そして、汐路の父親たちはその人形から本当の血筋の人物を探し出すことができたのだと言います。

その理由がなくなった3体の人形。

1体が当時逃げた少女が持って逃げたもので、もう1体が汐路の父親たちの事故の際燃えてしまったもの、だとしたら残りの1体は見つけた本当の血筋の人物に渡せたのではないかと整は言います。

そうすると、父親たちはその家に事故当日向かっていたのではないかという汐路。

それを聞いた新音は何かに気が付きます。

それは、刑事さんが言っていた、汐路の父親のポケットにUSBのキャップらしきものが入っていたということです。

しかし、USB本体の方はどこにもなかったようです。

汐路の父親がパソコンを使っていたことも思い出した汐路ですが、何かに動揺して思わず水をこぼしてしまいます。

この事故が事件だった場合何とかできるかと弁護士である朝晴に尋ねますが、本家の血筋を引くものが事実を述べたのだとしても何が本当かわからず立証するのは難しいとのことでした。

唯一証明できるものが人形だけですがそれも難しそう。

今の話じいちゃんたちに話しておくから何かあったら連絡して、と言って朝晴は喫茶店を後にします。

今の話から、整はUSBがどこに隠してあるか予想がついたようです。

 

世界遺産である宮島の厳島神社とその鳥居は海上に浮かんでいる姿が有名ですが1日に2度干潮を迎えるとその鳥居の下まで歩いていけることもあります。

その干潮を利用した鳥居のぎりぎりの隙間あたりにUSBが隠されていると整は言います。

そしてUSBを発見した人物がいました。

その人物はUSBをパソコンに挿入し、内容確認し、本当の血筋である人物にたどり着くと、その家を燃やそうとしました。

その人物は朝晴でした。

USBがあると言ったのは整の嘘だったようです。

しかしその嘘は朝晴以外の全員にも伝えられていました。

その嘘を聞いて動く人物が犯人であると整は考えていたのです。

そして、汐路は父親の事故の朝、朝晴が自分の家に訪れ、父親にミカンジュースを飲ませていたことを思い出したのでした。

そして誤って手帳にミカンジュースをこぼしてしまったことも思い出します。

すると、理紀之助は手帳を調べてみたところ、ミカンジュースと睡眠薬の成分が出たと言います。

そんなの今頃でるわけない、という朝晴。

紙に沁み込んだものは残りやすい、と理紀之助は言います。

そして、車の事故は朝晴がやったのかと新音は責めます。

しかし整は、3匹の鬼は狩集家、車坂家、真壁家の3家になって協力して掟を守ってきたのです、といいます。

暗殺部隊は真壁達であったことに驚く従妹たち。

でも今回は殺すのが早すぎた、と整は言います。

汐路の父親と新音の母親は容姿から殺す人物に入っていた、けれど家のことを調べられたくなく早めに殺してしまった。

しかし、手帳やUSBを見て逃げ出した少女の血筋がだれなのか突き止めてから殺すべきであったと整は言います。

それは、ずっと復讐に来られるとおびえていた少女の手がかりを完全に失ってしまったから。

なので、子供たちに何か言い残していることはないかと汐路たちに探りをかけたけれどそれでも見つからなかった。

だから今回の遺産相続に関する争いを仕掛けたのだと整は推理するのでした。

ミステリというなかれ ネタバレ 3巻(ep4)!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「ミステリというなかれ」ネタバレ 3巻を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「ミステリというなかれ」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「ミステリというなかれ」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「ミステリというなかれ」が読めるということ。

これなら、お金をかけずに「ミステリというなかれ」を読むことができますよ。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\31日間無料トライアル600ポイントで!/ 

「ミステリと言う勿れ」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

ミステリというなかれ ネタバレ 3巻の感想!

まさかの犯人でした。

しかし、暗殺部隊とか本当にあったのが驚きです。

整がこの家族の元に来てよかったですね。

朝晴の誤算は整が来てしまったことだと思うので、もし来なかったら朝晴の思惑通りことが運んでしまっていたのだろうから。

しかし、少女の血筋の人物は誰なんだろう。

次の話がさらに楽しみです。

まとめ

「ミステリというなかれ」ネタバレ 3巻と感想をご紹介しました!

「ミステリというなかれ」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「ミステリと言う勿れ」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「ミステリというなかれ」を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント