ミステリというなかれネタバレ京都からの手紙!新幹線でひろこの母親の謎を解く(エピソード3)

スポンサーリンク
漫画ネタバレ

flowersで連載中の漫画「ミステリと言う勿れ」(田村由美先生)

今日は、その漫画「ミステリというなかれ」京都からの手紙のお話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

また、「ミステリというなかれ」はU-NEXTで無料で読めます!

\「ミステリと言う勿れ」を無料で読む!/ 

U-NEXTの公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

ミステリというなかれネタバレ京都からの手紙!新幹線でひろこの母親の謎を解く(エピソード3)

東京の品川に着いた久能は、広島に行かなければと言う。

前回の事件の際に行けなかった「印象派展」が今度は広島で開催されるとガロに言われた久能は、広島に行けばガロに会える気がしていた。

そうして久能は広島行きの新幹線に乗り込み、席について上着を脱いだ。

今日はお弁当日和だと鼻歌交じりの久能は、貝づくし弁当を新幹線の中で広げる。

お弁当にぎっしり詰まった貝を見て上機嫌な久能の隣へ、隣へ座ってもいいかと髪の長い美人女性がやってきた。

何となくその女性の横でご飯を食べることに気恥しさを覚えた久能は体を縮こませてこそこそと貝づくし弁当を食べる。

食べ終えて美味しかったと手を合わせた久能は、ゴミを捨てるべく隣の女性に声をかけて前を横切り新幹線の通路を歩いた。

 

ゴミを捨てて帰ってくる時に久能は、新幹線の乗客が多く混んでいることに気づく。

広島に着くまで4時間あるため、席に戻った久能は寝る選択をした。

自分の席の後ろへ背もたれをMAXまで倒してもいいかと尋ねてから久能は席を倒し、上着を毛布のようにかけてうとうとし始める。

うとうとする久能の隣で、美人女性は手紙の封を開けた。

それをうとうとしながら見ていた久能は、ふいに「京都には来るな?」と首を傾げながら言葉を発する。

自分には関係ないと思って美人女性は一瞬聞き流していたが、久能の言葉に思い改まり自分へ言ったのかと久能に尋ねた。

席の背もたれを戻しながら久能はすみませんと謝りながら、そこに書いてあったと言う。

しかし美人女性は手に持つ手紙を見ながら、どこに書いているのか分からず狼狽えた。

手紙には娘が京都へ来るのを心待ちにしている親からの文章のみだったが、久能は文章ではないと言う。

久能は手紙の文章の下や周りにある手描きのイラストの、うさぎなどのことだと言った。

手紙の下や周りにある手描きのイラストの頭文字を繋げて並び替えると…と説明をしていく久能に、美人女性は待ってと言いながらイラストの名前をメモ帳に書き起こして頭文字に丸を付けていく。

そうしてうさぎや人参などを繋げていくと、久能の言う通り「京都には来るな」となることを美人女性も確認した。

京都へ行くところだと言う美人女性は不安げな顔を浮かべる。

それを見た久能はたまたまかもしれないが出来すぎていると言った。

 

美人女性は思い出したように久能へ他の手紙にも毎回イラストがあることを告げる。

広げたもう1つの手紙も親から娘へ向けた手紙だったが、周りには変わらずイラストがあった。

レモンやサンタなど1番最初の手紙とは別のイラストがあったため、それらを先程同様文字で書き起こして頭文字を繋いで濁点を無視すると今度は「だまされるな」となる。

今までの手紙にあるイラストを解読していくと、「もどるな」「きけん」など娘が京都へ来ないよう指示していた。

今まで口を勝手に出していた久能だったが、改めて横から口を出して良いか美人女性に訪ねる。

美人女性が許可を出すと、久能はこれが誰から誰に宛てた手紙で「紘子」というのは誰かと美人女性に聞いた。

美人女性は自分が「紘子」だと言い、手紙は父からだと言う。

母の女手一つで育てられた紘子は父とはいえ覚えていないそう。

実の両親は紘子が小さな頃に亡くなり、引き取って育てたと看護師をしている今の母に聞かされた紘子。

今の母は実の母と友達だったとのこと。

しかし最近、今の母のクローゼットから隠すようにしまっていた手紙の束を見つけた紘子。

手紙は全て父から今の母へ、紘子を返すよう頼んでいる手紙だと紘子は言う。

今の母は両親が亡くなったから紘子を引き取ったと自分に嘘をついていると、紘子は髪の毛の先を弄りながら苦渋の表情を浮かべた。

ついその髪の毛の先を弄る仕草を真似ていた久能は、ガロに癖を真似をするのは怒らせるかもしれないからやめた方がいいと言われたことを思い出しハッとする。

今の母に嘘をつかれていると思った紘子は、手紙にある住所へ手紙を出してみたそう。

すると、父から紘子へ返事の手紙が来たらしい。

久能は確認のため、束の1つが古いものでもう1つの束が新しい方かと紘子に尋ねた。

父は今も生きていて、実の母は体を壊し入院中だが元気だと紘子は言う。

紘子に会いたいと父から手紙で返事を貰い、今の母に内緒で京都へ行こうとしていると紘子は言った。

もうすぐ結婚をする紘子は、バージンロードを父に一緒に歩いて欲しいと頼んだそう。

うれしい、ぜひ歩きたいと返事があったものの、その正反対の意味のイラストがあることに紘子は悩み再び苦渋の表情を浮かべた。

それを静かに聞いていた久能は昔の手紙にもイラストがあるかを尋ねる。

昔の手紙にもイラストがあると言う紘子に、この際全て解いてみようと久能は提案した。

 

早速1つめから「しんじるな」と解けた途端、紘子は落胆の声を漏らす。

「ぼうりょく」や「あばれてる」というワードが出てきたところで久能は事柄を整理し始めた。

古い手紙も新しい手紙も紘子の父が書いている、しかしこのイラストは紘子の父が描いたものでは無いと久能は言う。

久能は、紘子の父の身近にいて手紙に書き添えることができる人だが、その人は文章で伝えることができず…しかし紘子の父にバレずに紘子に警告を出したかったのでは?と言った。

手紙を出すよう言いつけられる位置にいるが、紘子の父にチェックされてしまうため苦肉の策で許されるイラストを使ったと思われる。

そこまで久能の話を聞いて、そのイラストを描いた人は紘子の実の母だと紘子は気づいた。

暴力と支配を受けていると久能は付け加え、そして紘子はハッとし実の母から一つだけ貰っていたお守りを思い出し取り出す。

そのお守りにには「紘子」という文字と「ケーキ」「人参」「エビの天ぷら」のイラストの書かれた紙が入っていて、紘子は自身が好きなものを実の母が描いただけだと思っていた。

エビの天ぷらからエビを取って濁点を無視すると「にげて」と解読でき、紘子の手は震える。

そんな紘子をただじっと見る久能。

紘子は震える手で握りしめたお守りに何か違和感を感じ、中に何か物がある事に気がつく。

お守りをひっくり返してみるとターコイズが出てきて、紘子は今まで入っていなかったから今の母が入れたのではと言った。

久能は手紙のイラストについて、紘子の今の母と実の母の仲が良かったことや、紘子が気づかなければ意味が無い事を踏まえ紘子の今の母へと実の母が送ったメッセージだと考える。

紘子の父から紘子を逃がすために紘子の今の母へと託したのでは、と…。

イラストの中には「魚」と「狐」があり久能には分からなかったが、紘子によって「サキ」という紘子の今の母の名前であることも判明した。

「ありがとうサキ」という実の母から今の母へのメッセージに紘子は思わず涙する。

 

そして久能は一段落したところでトイレへと立った。

トイレの行き帰りの通路で、久能は名古屋を過ぎたこともあり席が空いてきたと感じる。

久能が席に戻ると紘子は新しい手紙の中にもイラストメッセージがあったと言った。

「けっこんおめでとう」と解読出来た紘子だったが、古い手紙の中で解りにくいものが一つあると久能に相談する。

食パンや足、テントといったイラストの数々。

紘子は久能に話しかけながら「ひろこ幸せで」だと理解し、そして涙した。

しかし久能はその紘子の解読に、風船のイラストが抜けていることに気づく。

合わないと頭を悩ませる久能だったが、紘子は自分で解読した文章だと思うことにした。

そうして京都へ来るなとは言われた紘子だったが、実の母に会い今の母にも話を聞かなければと決意する。

しかし久能はここで列車に乗る時に事故が起こったら…という考えを話し始めた。

外国で列車の衝突事故があった際に生き残った人が通路の進行方向に足を向けて伏せたことにより頭を守った、というその話を聞いてから列車に乗る時は周りを見回すようにしていると久能は言う。

咄嗟に動けそうか、どの席が空いていてどこに伏せられそうかなどを考えている久能。

そして紘子に、後ろの席の人は知り合いかと久能は尋ねた。

言われた紘子が後ろの席をみると、そこには紘子の今の母、サキの姿が!

紘子の今の母、サキもなぜ自分に気づいたのかと久能に驚きの表情を見せる。

久能は、見る度に席を移動して近づいてきて最後には後ろの席にいたからだと言った。

紘子は手紙のことも京都へ行くことも伝えていないのになぜ…と驚きを隠せない。

久能はサキへターコイズをいれたことを確認し、邪悪なものや危険なものから持ち主を守る旅のお守りの石であることから紘子が京都へ行くことをサキは知っていたと言う。

そこまで言ってから、聞き耳を立てたりしないから二人で話してと久能は再び席を倒し背を向け上着を自身にかけた。

 

三席の窓側に久能、真ん中に紘子、通路側にサキが座る。

一息ついたサキは被っていた帽子をおろし、紘子へ話をし始めた。

紘子が紘子の実の父と手紙をやり取りし始めたことに気付き、こっそり手紙を見たというサキ。

紘子の実の母とサキは幼なじみでよくイラストを使った「絵手紙」をしていたという。

紘子の実の母とサキはその「絵手紙」で秘密の会話をしていたのだ。

紘子の父は気が弱いにも関わらずすぐにカッとなりやすく、手や物や足がすぐに出てしまう人だったためサキは紘子の実の母に別れろといっていた。

しかしそれが紘子の実の母には出来ず、とうとう紘子まで危険になる状況に…

そのため紘子の実の母に頼まれてサキは今まで紘子を育てていたそう。

紘子はそこでサキへ、実の母も一緒に逃げたら良かったのにと言ったがサキは自分もそれは言ったと紘子へ教えた。

紘子の実の母は自分が逃げてしまうことで紘子が危険になることを避け、自分が残ることで紘子を守れると信じていたそう。

紘子が実の父から逃がされた後、暫くは紘子を返せと猫なで声の手紙が来ていたがある日紘子の実の父は心不全で亡くなったとサキは言った。

荒れた生活と酒飲みだったということもあり、不思議はないというふうにサキは言う。

実の父が死んでいるということを知った紘子は、手紙が来ていることもあって狼狽えた。

と、そこへ久能が昔の手紙と今の手紙の筆跡が違うことを横から指摘する。

紘子は改めて手紙を見返したが分からなかった。

サキは、紘子の実の父が死んでから実の母は病み、今も紘子の実の父は生きていて自分が紘子を守っていると思い込んでいると告げる。

不安定な精神状態である紘子の実の母は、暴力を奮う紘子の実の父がいて自分はそこから紘子を守っていると思うことで生きる目的を生んでいる、と…。

だから今の手紙は文章もイラストも、紘子の実の母が書いているとサキは言う。

サキは実の母が紘子を守っているつもりでいる、そんな事実を縁談にも触るかもしれない為なかなか紘子に言えなかった。

手紙にある京都の住所には誰もいない為、紘子は諦めて帰ってくるかと思っていたサキ。

紘子は一人浮かれて実の父とバージンロードを歩きたいと思っていたことを今更恥ずかしく思った。

サキは彼の父と歩けばいいと紘子に言う。

そこへ横から久能が、バージンロードへの疑問を口にした。

信仰であれば別だが一つのセレモニーを何故一番手や時間をかけて育てた母親を脇に立たせ父親とだけ歩くのか、と…。

父親のものから夫のものになる引き渡し式のようなスタイルで、新郎は親元にいたまま新婦だけが移動することに久能はそれでいいんだろうかと考える。

そもそもバージンロードは日本人がつけた和製英語だと久能が言うと、紘子は驚いて見せた。

最後に久能は、一番大事な人と歩いてと紘子に告げる。

それを聞いた紘子は、育ててくれたサキへ一緒にバージンロードを歩いて欲しいと頼んだ。

そして実の母にも会いたいと紘子は言う。

気の進まなかったサキだったが、紘子に会うことで何か変わるかもしれないと考え直した。

 

京都へ着くアナウンスが新幹線内に流れ、紘子は久能へ感謝と久能が結婚したら親と歩くのかと尋ねる。

結婚の前に彼女すらいた事がなく女の人も好きになったことが無い、という久能を紘子は男の子が好きなのかと茶化した。

久能が男の子の人も好きになったことは無いが気になる人がこの間行方不明になったと言うと、紘子は見つかるといいねと返す。

サキに行くよと言われ席を立った紘子は、久能に感謝と一礼をした。

と、そこで久能は何かに気づく。

新幹線を降りようとするサキを呼び止め、イラストで余っていた「風船」について話し始める久能。

紘子が「ひろこ幸せで」と解読したが、「風船」をしっかり入れて解読しなおすと「ひろこ幸せで」ではなく「ふたりでころした」になると久能はサキへ言った。

久能は紘子の実の母が病んだのは紘子の実の父をサキと二人で殺したからでは無いかと考え、サキへ伝える。

しかしサキは絵手紙は読みたいように読める、紘子は幸せでと読んだから紘子にはそれが正しいのだと久能へ言葉を返した。

サキは紘子の実の母とこれからも二人で紘子を守るのだと言う。

ターコイズが友情の証であることを久能は知っていた。

そのターコイズは学生時代に送りあったとサキはいう。

そして通りすがりの久能に全てを忘れてとサキは言ったが、久能は記憶力がいいため忘れないと言った。

久能にも育ての親がいて良くしてくれた為、孝行しなければと思ってる…と久能はサキに話す。

そしてバージンロードを夫と歩く娘をそっと見守りたい母親もいる、とサキは久能に告げて紘子と二人京都へ降りていった。

新幹線のドアが閉まるまで二人を見ていた久能は再び席に戻り、広島に着くまでの2時間を寝て過ごそうと考える。

後ろの席のショートカットの少女へまたMAXまで席を倒していいか確認して、久能は上着をかけて眠りに落ちた。

ミステリというなかれネタバレ京都からの手紙!無料で読む方法は?

レイ
レイ

「ミステリというなかれ」京都からの手紙、久能の謎解きが鮮やかだったわね!手紙のイラストから真実を読み解く。すごいわ〜

今日は「ミステリというなかれ」京都からの手紙のネタバレを詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「ミステリというなかれ」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「ミステリというなかれ」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「ミステリというなかれ」が読めるということ。

これなら、お金をかけずに「ミステリというなかれ」を読むことができますよ。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\31日間無料トライアル600ポイントで!/ 

「ミステリと言う勿れ」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

ミステリというなかれネタバレ京都からの手紙の感想!

絵手紙一つから紘子の周りの状況を読み解いていくのはなかなかすごかったですね!

確かにイラストは一つでも読み方は色々ありますが、久能が読み解いたことが本当な気がします。

あのまま久能と出会わなければきっと紘子は実の母に守られていた事も全て知らないままだったのではないでしょうか?

結果紘子は真実を知ることや気づくことはありませんでしたが、今回は知らぬが仏…ということなんでしょう。

ただのなぞなぞでは無くかなり深い意味のある絵手紙は、漫画のイラストを見ながら読んで行くとかなりワクワク感が倍増しますよ!

そして、久能の後ろの席の人の容姿が最後に出てきたのにはまた何か意味があるように思えます…。

次のエピソードにも注目です!

まとめ

「ミステリというなかれ」京都からの手紙のネタバレと感想をご紹介しました!

「ミステリというなかれ」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「ミステリと言う勿れ」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「ミステリというなかれ」を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント