右手に指輪をする夫 ネタバレ 6巻!拓也との和解を考える爽子の前に現れたのは…

スポンサーリンク
漫画ネタバレ

コミックなにとぞの人気漫画「右手に指輪をする夫」

今日は、その「右手に指輪をする夫」6巻を読んだので、ネタバレと感想をご紹介したいと思います!

拓也との和解を考える爽子の前に現れたのは…

また、「右手に指輪をする夫」はmusic.jpで無料で読むことができます!

\「右手に指輪をする夫」を無料で読む!/ 

music.jp公式サイト

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

music.jp30日間の無料おためしでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

右手に指輪をする夫 ネタバレ 6巻!拓也との和解を考える爽子の前に現れたのは…

ある日曜日、爽子は会社の先輩である真弓とお互いに子連れで公園に来ていました。

ベンチに腰掛けて二人がお喋りをしていると、どこからともなく飛んできたフリスビー。

爽子の足元にフリスビーが落ちると、「すみませーん」と声がしたので、爽子が投げ返してあげると、一家4人が声をそろえて「ありがとうございます」と爽子にお礼を言います。

とても楽しそうで仲がよさそうな一家の様子は、爽子の目にはキラキラと眩しく映るのでした。

そんな爽子に真弓が、人は光の中にいる時、そのまばゆさに気付かないのだと言います。

それを聞き、爽子は思わず真弓に離婚理由を聞いてしまいました。

真弓は隠すことなく、元旦那のウツが原因だと教えてくれます。

初めは支えようと思ったけれど、どんどん悪化してしまい、最後は子供にまで暴言を吐くようになった元旦那に対し、もう無理だと思ったと。

別れて良かったかと尋ねる爽子に、少し悩んでから、後悔はしていないと真弓は答えました。

あの時はそれしかなかったと思うと。

ただ、子供たちは今も元旦那が好きで、面会日は前の日から楽しみにしているので、それを見ると自分が我慢すれば父親と一緒にいさせてあげられたのかもしれないとは思うとも。

真弓のその言葉を聞き、爽子の脳裏には未来を抱く拓也の姿が浮かび、胸が痛くなります。

 

その頃、元カノの花苗は、陶芸教室で仲良くなった拓也の母・景子の家に来ていました。

景子は、自分の若い頃の着物を花苗に着せてやり、とても嬉しそうにしています。

本当は拓也の嫁である爽子に着てほしかった景子ですが、爽子は興味がなく、残念だったのです。

そこに、花苗が和服に興味がありそうだと分かり嬉しくなり、着付けも教えてあげると言い出しました。

それを聞き、無邪気に「嬉しい!」と言って見せる花苗は、景子が自分の母親のようだと言って、自分の身の上話を始めました。

母は亡くなっていて、父は忙しい人だったから家族団らんを知らなくて、爽子が入院していたときに景子と未来と一緒にご飯を食べたりしたとき、自分の母が生きていたら、自分に娘がいたらこんな感じなのかなって思ってしまったと。

景子は花苗の身の上話を気の毒そうに聞いていましたが、何か思いついたようで、「そうだ!」といました。

 

更にその頃、拓也はと言うと、大学時代の友人赤羽の訪問を受けていました。

そこで爽子と未来が出て行ったことを知り、何が起きたのか拓也に尋ねます。

流石の拓也もこの状況で隠し事は出来ず、未来の名前の秘密を爽子に知られたことと、その彼女が今、未来の保育園の先生をしていることを赤羽に話しました。

2人で会っているのかと問い詰められた拓也は、お前に言うことじゃないと答えますが、それは絶対に会ってる!と赤羽に見破られます。

そして、自分もどうこう言えるほど潔い人間ではないが、奥さんがズタボロになるのだから、バレるな!と怒ります。

怒り心頭の赤羽に対し、当人の拓也は冷静で、どうしたらいいのかわからないと言い出しました。

爽子と未来を失うなんて考えられないが、花苗を放っておけないと。

 

未来には拓也は仕事だから帰ってこれないのだと言ってあるので、いつになったら帰ってくるのかと未来に聞かれた爽子は返答に困ります。

丁度そのとき、景子から電話があり、毎年している未来の誕生日のお祝いについての相談をされました。

景子には拓也も別居のことをまだ話していないようです。

景子からの電話が切れると、今度は拓也から電話が来ました。

拓也からの電話だと分かると、大喜びで「代わって!」と言って電話で拓也と話す未来を見て、大事なお誕生日会はいつも通りにやろうと決心する爽子でした。

 

誕生日会の当日、久しぶりに会う拓也の顔をみて、未来は大喜びです。

未来と拓也と爽子と景子、みんなが楽しそうに笑っているのは、いつぶりだろうかと爽子は考えてしまいました。

拓也は爽子と二人きりになったタイミングを見計らって、もう花苗と会わないので未来と家に戻って欲しいと爽子に謝ります。

その言葉を聞き、自分は許せないけれど、それでも未来はずっと笑っていられるかもしれないと思う爽子でした。

 

景子がランチを予約しておいてくれたレストランに向かうと、なんとそこにいたのは花苗でした。

花苗の身の上話を聞いたとき「そうだ!」と景子が思いついたのは、未来の誕生日会に花苗を招待することだったのです!

まるで家族の一員になれたみたいで、招待がとても嬉しかったと言う花苗の言葉に「藤井さんの家族を私にくれませんか?」と以前言った花苗の言葉が頭の中で被さり、爽子は顔面蒼白になってしまいました。

右手に指輪をする夫 ネタバレ 6巻!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「右手に指輪をする夫」ネタバレ 6巻を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「右手に指輪をする夫」は、music.jpやU-NEXTなどで読めますね。

レイ
レイ

「右手に指輪をする夫」を無料で読むことはできるのかしら?

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

※おすすめ・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「右手に指輪をする夫」を無料で読みたい方のために調べてみると、music.jpで無料で読む方法がありました!

しかもmusic.jpでは「右手に指輪をする夫」が先行配信されているので、どこよりも早く読めるのです。

music.jpには30日間の無料おためしがあり

600円分の通常ポイント
(プラス1000円分の動画ポイント)

がもらえるんです!

そのもらった600円分の通常ポイントで「右手に指輪をする夫」最新7巻を無料で読むことができるんですね。

これはとってもお得ですよね!

 

music.jpの30日間無料おためしは

music.jpの30日間無料おためし600円分の通常ポイント/1000円分の動画ポイントがプレゼント
音楽もダウンロードできる(通常ポイント利用)
動画レンタルもできる(動画ポイント利用)
30日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

music.jpについて詳しくはこちら>>>

 

また、music.jpは漫画だけでなく、音楽はもちろん、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

30日間無料おためしでは、そんなmusic.jpの音楽や動画も楽しめます!

ぜひ、music.jpの30日間無料おためしをチェックしてみてください!

\おためし600ポイントで!/ 

「右手に指輪をする夫」をmusic.jpで今すぐ読む!

※無料おためし期間(登録日を含む30日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

右手に指輪をする夫 ネタバレ 6巻の感想!

景子は何も知らないとは言え、なんてことをしてくれるのでしょう!

爽子は花苗に家族ごと奪われてしまうのでしょうか。

それにしても、元カノとはいえ、なぜそこまで拓也にこだわるのか、不思議です。

離婚経験者の真弓先輩の言葉も、爽子の胸にはガンガン突き刺さっているみたいですね。

やはり、未来のために、拓也を許すのでしょうか。

まだまだ目が離せません。

まとめ

「右手に指輪をする夫」ネタバレ 6巻と感想をご紹介しました!

「右手に指輪をする夫」は、music.jpの30日間無料おためしで、無料で読む方法もあります。

music.jpで「右手に指輪をする夫」を今すぐ読む

ぜひ、絵とあわせて「右手に指輪をする夫」を楽しんでくださいね!

右手に指輪をする夫」7巻はこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント