マリエルクララックの婚約 ネタバレ 25話!小屋から脱出したマリエルを待っていたのは…

マリエルクララックの婚約 ネタバレ 25話漫画ネタバレ

Comic ZERO-SUM」で連載中の漫画「マリエル・クララックの婚約」

今日は、その漫画「マリエル・クララックの婚約」25話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

小屋から脱出したマリエルを待っていたのは…

「マリエル・クララックの婚約」24話はこちら>>>

また、「マリエル・クララックの婚約」はU-NEXTで無料で読むこともできます!

\「マリエル・クララックの婚約」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

マリエルクララックの婚約 ネタバレ 25話!小屋から脱出したマリエルを待っていたのは…

ギャストンが小屋に火を放ち、脱出経路も塞がれてしまって窮地に立たされたマリエルたち。

この窮地で一番に動いたのはミシェルでした。

ミシェルは塞がれた扉に体当たりをして扉をなんとか開こうとします。

リュタンとシメオンもそれしかないかと行動します。

二人が扉に体当たりするたびに小屋が揺れます。

ミシェルの側で身を低くして耐えるマリエルですが、熱く、苦しく、息がまともにできません。

ようやく、扉が壊れ、シメオンとリュタンはマリエルとミシェルを抱き支えて小屋の外へ脱出することができました。

脱出と同時に小屋は炎にまかれて崩れてしまいました。

シメオンはギャストンを追うと言いました。

周囲を見ると乗ってきた馬がおらず、ギャストンが追えないよう放ってしまったようです。

けれど、訓練済の軍馬はシメオンの指笛でマリエルたちの元へ戻ってきました。

しかし、侯爵家の馬は乗っていかれたようです。

シメオンは馬にまたがり、不本意ですが任せられますねとリュタンに言います。

リュタンはマリエルの肩に手をのせ、ごゆっくり♡と言いました。

その言葉に対し、シメオンは冷ややかな視線で、彼女に手を出すなら墓碑銘を考えておきなさい、お望み通りに記してあげますよと告げて、ギャストンの後を追うのでした。

 

ミシェルは自分がギャストンに頼んだからご迷惑を…とマリエルたちに申し訳ありませんと謝ります。

マリエルは、悪いのはギャストンですと告げ、ミシェルの責任ではないと言います。

ミシェルは、問題のある人なのはわかっていたが、元々秘密を知られて脅されていたので、いっそ協力者にと思ってしまってと言いました。

マリエルはその言葉にぎょっと驚き、詳しく話を聞こうとしますが、リュタンに足音がすると止められました。

煙に気付いた村人がきたのかとマリエルは思いましたが、リュタンはそう思っていないようで、ここで来ちゃうかぁと愚痴ります。

マリエルは、リュタンは一応婚約賛成の外交官ラグランジュ派であることを思い出します。

そして、それ故にリュタン自身が狙われる可能性があることに気づいたのです。

マリエルたちの前に現れた複数の人はラビア語でチャルディーニ伯爵とお見受けする、突然だが我々とご同行願いたいと告げました。

マリエルはやっぱりそっちの関係者じゃないの、と心の中で叫びます。

相手はマリエルが王太子の腹心シメオンの婚約者であることも知っており、平和的交渉に大いに役立ってくれそうだと二人一緒にご招待しますよと不敵な笑みを浮かべます。

マリエルは、ミシェルにどうせここにいても足手まといになるため、馬に乗って私たちだけで逃げましょうと言いました。

リュタンはその言葉に賢明だと言い、君のそういう所が気に入っていると言って、戦闘に入りました。

しかし、相手の人数が多く、マリエルの後を追おうとした敵に、リュタンはダリオの名を呼び、行く手を阻みます。

その隙に二人は馬に乗って逃げますが、追手3人が馬に乗ってマリエルたちを追いかけてきます。

マリエルはミシェルに自分が合図したら馬から飛び降りて隠れるよう言います。

一人になればもっと速く走れるからと告げます。

ミシェルはだったら私が!と願い出ますが、マリエルは彼らの狙いは一応私ですし、男装のミシェル様の方が飛び降りやすいでしょうと言い、お願いします!と懇願しました。

ミシェルはマリエルの言葉通りに行動することにし、馬から飛び降りました。

 

一人になり、馬の速度も上がりましたが、追手に追いつかれ、馬から引き下ろされます。

それでも足で雪道を逃げるマリエルですが、息が上がり、倒れこんでしまいます。

そこへ別の方向から複数の馬に乗った人達が現れました。

その中には、王太子であるセヴランがいました。

マリエルの前に馬に騎乗したまま、殺すなよシメオン!大事な証拠品だ!と叫びます。

マリエルが起き上がった視線の先にはシメオンがおり、セヴランの言葉にもちろん、今は死なない程度にしておいてやりますよと答えていました。

シメオンの言葉にもう大丈夫なんだわとマリエルは安堵します。

セヴランはマリエルに手を差し出し立てるかというと小さい笑いを吹き出します。

マリエルは立ち上がりながら、その笑いに……なんですか…と言います。

セヴランはマリエルの頭に手を置き、いや、よく頑張ったと褒めたのでした。

マリエルクララック ネタバレ 25話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「マリエル・クララックの婚約」ネタバレ 25話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「マリエル・クララックの婚約」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額2,189円(税込)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額976円(税込)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1,958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「マリエル・クララックの婚約」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「マリエル・クララックの婚約」が読めるということ。

これなら、タダで「マリエル・クララックの婚約」を読むことができます。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\ 無料トライアル600ポイントで!/ 

「マリエル・クララックの婚約」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

マリエルクララック ネタバレ 25話 の感想!

怪我もなく脱出出来て良かった…と安堵する暇もなく、今度はリュタンを狙う人にマリエルも狙われるという災難が!

絶体絶命かと思われた所でセヴランとシメオンがやってきて難を逃れることができて良かったです!

けど、シメオンが戻って来ていたということは、追っていたギャストンを捕まえれたということなのでしょうか?

そうだとしたら捕まえるの早い!ですねw

あと、ミシェルが言っていた自身の秘密を知られたという話も何なのか気になりますね~。

次回も楽しみです。

まとめ

「マリエル・クララックの婚約」ネタバレ 25話と感想をご紹介しました!

「マリエル・クララックの婚約」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「マリエル・クララックの婚約」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「マリエル・クララックの婚約」を楽しんでくださいね!

「マリエル・クララックの婚約」26話はこちら>>>

漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント