ラブファントム ネタバレ 49話!百々子と長谷の前に現れた少女は突然消えてしまうも…

漫画ネタバレ

プチコミックで連載中の漫画「ラブファントム」(みつきかこ先生)

今日は、その漫画「ラブファントム」49話を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

百々子と長谷の前に現れた不思議な少女は、百々子や双子たちと遊び、最後は2人の前から突然消えてしまうもまた会えるような気がして…

また、「ラブファントム」はU-NEXTで無料で読むことができます!

\「ラブファントム」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

ラブファントム ネタバレ 49話!百々子と長谷の前に現れた少女は突然消えてしまうも…

平沢百々子と長谷慧の職場である都内某老舗ホテルのカフェでは、お客様がお連れのお子様向けに、百々子によるピアノ演奏会が催されています。

同じくカフェで働く同僚たちはその様子を見ながら、ここはいつ保育所になったのだか、お母さんたちがくつろげているからいいのでは?と、立ち話の最中です。

するとカフェの店長である木村雅江が、適材適所、あなたたちもあなたたちの仕事をなさい、とこの雑談をピシッと収めました。

そこで静かに百々子に見惚れていたのが、カフェのコーヒー焙煎士である相良淳平です。

相良は密かに百々子に好意を寄せていますが、百々子以外はみんなそのことに気づいています。

 

すると朗らかにあいさつをしながら常連客の原様がいらっしゃいました。

原様はこのホテルの会長ですが、その事実を知る人物はこのカフェでは木村雅恵と百々子だけです。

原様が本日連れているのは孫で双子の兄妹である、5歳の男の子の怜央と女の子の莉央でした。

怜央と莉央は百々子のことを百々子さんと呼び慕っています。

原様はこの日も既に裏で手を回しており、店長命令という名目で百々子はそのままカフェの仕事を切り上げて同ホテル内にて怜央と莉央の子守りをすることになりました。

 

百々子が双子に父親の様子を尋ねると「しゅらば」と到底子どもからは返って来ないであろう言葉が返ってきました。

双子の父親は原様の息子であり、このホテルとは異なるIT系の会社を経営しています。

百々子と双子の父親とは顔見知りです。

百々子と双子の側には、肩まで伸びた黒髪をパツっと前髪だけ眉の上で切り揃えた女の子がいつの間にか立っていました。

そこへ眼鏡をかけた仕事モードの長谷が颯爽と登場し、百々子と双子に向かってこの黒髪の少女は誰なのかと尋ねます。

百々子と双子は長谷に声をかけられるまでその少女の存在に気づいていませんでした。

 

少女に名前を尋ねると可愛らしい笑顔で〜と答えます。(字が伏せられていて読者からは認識できません。)

双子と並ぶと同じくらいの背丈なので年頃もだいたい同じくらいでしょうに、周りに親らしい存在が確認出来ません。

百々子と長谷は、迷子かもしれないからフロントに問い合わせようと話し合っています。

すると双子はお互いに顔を寄せて申し合わせるようなしぐさをして、二人で少女の手を両側からぎゅっと繋いで百々子と長谷に言いました。

お友達だから大丈夫、一緒に遊ぶ約束をしていたの、と莉央が少女にウインクをすると、少女はまたにこりと笑って返事をしました。

百々子は双子の言葉をそのまま信じていますが、長谷はその一連の様子を見ながら何か考えているような表情をします。

仕事を少し片づけて案内するからその辺で待ってて、と長谷は百々子達に声をかけて仕事に戻ります。

 

海外のお客様に外国語で対応する長谷を愛おしそうに眺める百々子の隣で、少女もまた長谷の姿に見惚れています。

かっこいいね、少女は百々子にこう話しかけ、笑顔を向けました。

百々子はこの少女が可愛くてしょうがないといった表情で、そうだねと同意します。

顔を見合わせて笑いあう百々子と少女の様子を見た双子が、ふたりがそっくりだと言って笑うので百々子は照れてしまいました。

 

仕事がひと段落ついた長谷は百々子と子どもたちを屋上庭園に連れて行きました。

この屋上庭園の一角には、木蘭(マグノリア)の木が植えられておりますが、今は花を咲かせていない時期です。

じじい(原様)の特令ってことで、この時期一般公開はしてないから今日はここにいていいそうだ、後で食べるものも持ってこさせる、任せっぱなしでごめんと言うと、長谷は百々子にキスをしました。

少女は二人を眩しそうに見つめています。

視線に気づいた長谷が少女を見ると、少女は長谷にもにこりと笑顔を向けました。

長谷もまた百々子と同じように少女の笑顔に表情を緩ませ、黙っているときと笑ったときのギャップが良いなと考えながらまた仕事に戻っていきました。

 

百々子が子どもたちが庭園で遊ぶ様子を見守っていると、少女が木蘭の木の根元で座り込んでしまいました。

心配した百々子と双子がどうしたのかと少女に尋ねます。

わたしの名前の字がある、なんて書いてあるの?と、少女は木蘭の木のネームプレートを見ながら今度は百々子に質問しました。

この木は木蘭といって、この木と咲くお花のことを“マグノリア”というの、と百々子は少女の隣にしゃがんで目線を合わせて答えます。

お花が咲くの?さらに少女が尋ねました。

そうだよ、今年はもう終わってしまったけど真っ白できれいなお花だよ、と言うと、“きれいなお花”という言葉をかみしめるように呟きながら、少女はまた笑顔を見せます。

そこへカフェの同僚と淳平が百々子たちにお菓子と飲み物をもってきてくれました。

4人分の注文ということは後で長谷も合流するのかと同僚が尋ねるので、百々子はよくわからないという反応を返しています。

 

そして日が暮れようかとする頃、双子の父親である原太蔵が長谷の付き添いのもと双子を迎えにきました。

こなくてよかったのに、と双子は百々子や少女と過ごすのが楽しかったのか太蔵のお迎えに抵抗を見せます。

太蔵は悲しそうにそんなこと言わないでくれと言って涙を流しています。

しかし太蔵はすぐに笑顔で百々子の方に向き直ると手を握り話しかけますが、口説き文句を言い終わらないうちに怒った表情の長谷から突っぱねられます。

いい加減にしろ、と長谷に怒られ、冷や汗をかきながらも太蔵は開き直った態度です。

太蔵に抱き上げられた双子は少女に向かってさよならを言いました。

それに少女もさよならを返しました。

 

百々子と長谷も双子が帰ったことでこの日の業務は終わりのはずですが、少女はまだ百々子と長谷と一緒にいます。

少女が結局どこの子だったのかを双子や太蔵に尋ねるのをすっかり忘れていたと、太蔵たちを追いかけようとする百々子の左手と長谷の手右手を自分の両手で握った少女は、ふたりの手を握らせました。

なかよし、そう百々子と長谷に語り掛けると次の瞬間にはまたねと言ってそのまま消えてしまいます。

百々子と長谷は驚いて目を丸くします。

 

場面は帰路に就く双子と太蔵に移ります。

太蔵には少女が見えてなかったようで、さっきばいばいを言っていた〜ちゃんというのは誰のことかと尋ねますが、双子はお互いの顔を見ながら口に人差し指を当てて秘密だという合図をします。

さらに双子は、こどもの日に子どもをないがしろにする大人には内緒だとまたしても太蔵に厳しい言葉を浴びせました。

 

さらに場面は変わり、百々子と長谷は自宅でくつろいでいます。

ソファーでホットドリンクを飲みながら何か考えている様子の百々子にお風呂上りの長谷がどうしたのかと尋ねます。

名前の漢字の話はした気がするのに、あの子の名前を忘れてしまいました、と百々子は日中出会った黒髪の少女の名前が思い出せない上に顔もうろ覚えだと言います。

いつもは怖がりなのに、少女が突然姿を消したことは怖くなかったのかと長谷は百々子の隣に座りながら聞きました。

不思議と怖くなくて、また会えたらいいなと思うくらいです、と百々子は優しく微笑みながら答えました。

その表情を横目に見ながら、長谷は百々子の肩に頭を乗せるように寝ころびます。

また会える気がするな、という長谷のこの言葉に、百々子も同意しながら待ち遠しいと言いながら少女の笑顔を思い浮かべます。

長谷もその笑顔を思い出したのか、ふたりの表情は和らいでいます。

いつの間にか長谷は百々子の膝に頭を乗せて寝ころんでいました。

小さない客様のご要望の通り、仲良くする?と長谷が不敵に笑いながら百々子の髪にそっと触れるので、百々子は顔を真っ赤にして照れています。

じゃあって…百々子が言い終わる前に、長谷は膝の上に寝ころんだままの姿勢でぐいっと百々子の首を寄せてキスをしました。

空いている手を百々子の右手にそっと重ねながら、長谷のキスは一層深くなっていきます。

“じゃあ”は何にかかるんですか?百々子は頬を赤く染め、息を乱しながら長谷にこう尋ねます。

まあ、たまには不思議があってもいいんしゃない?長谷はそれに“なんとなく”と楽しんでいるかのような表情で答えました。

そういうことにしておいてあげます、と百々子はからかうように答える長谷を恨めしそうに見つめています。

長谷は百々子の前髪を指にからめながら、そんな百々子の表情を嬉しそうに見上げました。

→「ラブファントム」ネタバレ 50話に続く

ラブファントム ネタバレ 49話!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「ラブファントム」ネタバレ 49話を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「ラブファントム」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額2,189円(税込)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額976円(税込)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1,958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「ラブファントム」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「ラブファントム」が読めるということ。

これなら、タダで「ラブファントム」を読むことができます。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントがもらえる
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
継続すると、2倍の1200ptがもらえる

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます。

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\ 無料トライアル600ポイントで!/ 

今すぐ「ラブファントム」を無料で読む

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

ラブファントム ネタバレ 49話の感想!

この日は5月5日のこどもの日の設定のようですので、おそらく百々子と長谷が近い将来出会うであろうふたりの娘がふたりに会いにきたのでしょう。

百々子と長谷と双子以外にはずっと見えていなかったですものね。

少女の名前はやはり“蘭ちゃん”なのでしょうか。

ふたりがはじめて出会った場所に咲いていた大切なお花の名前からきているなんてとても素敵です。

双子だけでなく、長谷も少女と出会ってすぐの時点で百々子の笑顔に似ているなと考えていたのではないかと勝手に推測していました。

少女の笑顔を見るたびに長谷が百々子といるときにしか出さない甘々な顔をしているのも、またほのぼのした気持ちにさせてくれます。

この伏線が回収される回もまた待ち遠しいですね。

まとめ

「ラブファントム」ネタバレ 49話と感想をご紹介しました!

「ラブファントム」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「ラブファントム」を読む

ぜひ、絵とあわせて「ラブファントム」を楽しんでくださいね!

漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント