この愛は異端 ネタバレ 3巻!ベリアルとラファエルの死闘で見えた真実の愛によしのは…

スポンサーリンク
漫画ネタバレ

ヤングアニマルで連載中の漫画「この愛は異端」(森山 絵凪先生)

今日は、その漫画「この愛は異端」3巻を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

ベリアルとラファエルの死闘で見えた真実の愛によしのは…

また「この愛は異端」は、まんが王国でお得に読むことができます。

 

\登録は無料!/

「まんが王国」はこちら!

※無料会員登録で半額クーポンがもらえます!

無料の会員登録でもらえる半額クーポンを使えば、好きな漫画をお得に読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

この愛は異端 ネタバレ 3巻!ベリアルとラファエルの死闘で見えた真実の愛によしのは…

3巻の始まりは、ベリアルの回想シーンから始まります。

 

ベリアルは誕生日や運動会など、イベントがある度によしのの写真を撮ってアルバムに収めてきました。

毎年夏になると、よしのの両親の魂がベリアルの元を訪れていたようです。

自分たちの魂を差し出すので、よしのを自由にしてやって欲しい、とよしのの両親はベリアルに懇願します。

しかし、よしのの両親は知らない、ベリアルの真実があったのです。

ベリアルの回想シーンはさらに続きます。

よしのが産まれる前、母親のお腹にいる頃から、ベリアルはよしのの清らかな魂に目をつけていました。

しかしその魂に目を付ける悪魔はベリアルだけではありません。

それだけよしのの魂は悪魔に取って魅力的なものなのです。

ベリアルは危険なことがあるたびによしのの魂を助けてきました。

よしのが生まれてからは、両親が寝静まった後で毎晩よしのの前に姿を現し、見守ります。

よしのが夜泣きするので、おしめを取り換えたり、ミルクを与えたりしているうちに、ベリアルはかなり献身的によしののお世話をすることになってしまいます。

ベリアルは堕天使ですが、天使の時の姿になることもできます。

普段は女性を誘惑するために天使の姿になりますが、よしのを泣き止ませる為に天使の姿になることもありました。

よしのが泣くとベリアルは落ち着きません。

天使だった自分がどうして悪魔になったのか、赤ん坊のよしのに身の上話を聞かせることもありました。

よしのが初めて立ち上がり、ベリアルの名前を「ベアル」と呼んだ時、ベリアルの気持ちの中に何かが生まれたのかもしれません。

ベリアルは複雑な表情でよしのを見詰めます。

よしのが3歳になり、夜起きていることが無くなってからは、ベリアルはよしのの前から一旦姿を消します。

しかしその後もベリアルはよしのを見守り、事故や恐怖からよしのを守り続けました。

13歳の夏、よしのは交通事故に遭い、両親を亡くしてしまいます。

実はその事故は、山神がよしのの魂を手に入れようとして起こした交通事故だったのです。

よしのだけ生き残ったのは、ベリアルが山神と戦ってよしのを助けてくれたからでした。

山神との戦いでベリアルは大けがを負ってしまいます。

そんな状態でも、両親の遺骨の前で涙を流すよしのに寄り添い、ベリアルは姿を見せないまま「これからもずっとついている」と語り掛けます。

その言葉通り、ベリアルはその後もずっとよしのを守り続けたのでした。

しかし、全てはよしのの肉体と魂を手に入れるためにやってきたことです。

よしのと契約したあの日、ベリアルはやっとよしのの肉体と魂を手に入れることができると思っていました。

すぐに手に入れるつもりだったのに、ベリアルは泣きじゃくるよしのの涙を見て、赤ん坊のよしのを思い出します。

夜泣きするよしのを寝かしつけたあの日々の記憶がよみがえったのです。

ベリアルは契約を譲歩しました。

対価はキスと愛撫だけで良いとよしのに約束し、契約させたのです。

いずれ肉体も魂も差し出すだろうと思ってしたことでした。

悪魔にとっての対価は、魂か肉体のどちらかだけで、口付けや愛撫では意味がないのです。

よしのの方がベリアルに触れることで悪魔から身を守ることができ、命を永らえることができているのです。

ベリアルは清い魂の為ならば、自分の魂が消えても良いと思い始めていました。

でも、悪魔は愛を理解できません。

だから、よしのに対する自分の感情がどういうものなのか、ベリアルにはわからないのです。

よしのの願いは、結婚し、子供を産み、家庭を築くことです。

この願いを叶えたいとベリアルは思い始めていました。

 

ベリアルは人間の女性と結婚した悪魔の友人を訪ねます。

そこでベリアルはどうやってプロポーズしたのか、子供は完全な人間なのか、など色々なことを聞いていきます。

友人の悪魔の話によると、人間である妻の死後は、悪魔である夫が地獄へ連れていくことになっているということでした。

子供は人間なので、地獄へ連れて行くことはできません。

地獄へ行った悪魔とその妻は、魂が消えるまで共に地獄で暮らすのです。

プロポーズについては、人間の女性には人間のやり方でとアドバイスを受けます。

友人の悪魔も指輪を用意してプロポーズしたのでした。

ベリアルが帰ろうとしたところで、天使ラファエルの話が出ます。

どうやら悪魔たちが次々と攻撃されているというのです。

ラファエルはベリアルが天使だったころの上司で、ラファエルに加担したせいでベリアルは堕天使となり、悪魔になってしまったという過去があります。

ラファエルとベリアルの力の差は明らかで、とても敵う相手ではありません。

友人からも気を付けるように言われます。

 

ベリアルはよしのと暮らす家に戻ります。

ポケットには指輪の箱を忍ばせていましたが、まだ渡しません。

よしのはプレゼントの箱に気が付いていました。

よしのはベリアルがやさしくするのは自分の魂と肉体を手に入れる為だと思っていたので、クリスマスプレゼントで気を引こうとしているのかもしれないと身構えていました。

ベリアルにハリーウィンストンは好きかと聞かれても何のことかよしのにはわかりません。

その頃、よしのの両親の魂に導かれ、ラファエルが日本にやってきました。

ラファエルはよしのの両親にベリアルからよしのを救い出すことを約束します。

 

クリスマスイブ当日、ベリアルはスーツ姿で「今日は大事な話がある」とよしのを後ろから抱き締めます。

よしのは恋人の振りでムードを盛り上げて、何か企んでいるのだと疑っていました。

ベリアルは学校へ出掛けるよしのに、授業が終わったらメールするように伝えて送り出します。

よしのが学校へ行っている間、ベリアルはよしのの親戚を訪ね、婚姻届けのサインをもらっていました。

夕方、よしのがベリアルにメールで連絡をしようとしていると、外人風の男が近付いてきました。

ベリアルの知り合いだという男は、彼の代理で来たと話してよしのを廃ホテルに案内します。

その男はラファエルと名乗りました。

元ベリアルの上司で、ベリアルを探しているあの天使ラファエルです。

よしのはラファエルがベリアルを探していることを知らないので、彼についていってしまったのでした。

廃ホテルでベリアルを召喚して欲しいというラファエル。

よしのは少し疑いながらも名前を呼び、ベリアルを召喚します。

召喚されたベリアルはよしのと一緒にいるラファエルを見て驚きました。

ラファエルはよしのとの契約書を出すよう、ベリアルに迫ります。

ベリアルの元へ行こうとするよしのにラファエルはベリアルの悪行の数々を伝え、行ってはいけないと忠告します。

ベリアルが両親のお腹の中にいるころからよしのの魂を狙っていたこと。

毎年お盆に両親の魂がよしのに会い来た時、ベリアルに追い返されていたこと。

ベリアルはよしのが自分に依存するように仕向けていたこと。

ラファエルの言っていることが真実なのか、よしのはベリアルに確認します。

ベリアルは本当のことだ、とよしのに告げました。

涙を流すよしのにベリアルは近寄ろうとしますが、ラファエルに阻まれます。

ラファエルとベリアルの戦いが始まりました。

二人とも翼を広げ、剣を交えての戦いとなります。

廃ホテルが崩れてよしのがケガをしてしまうことをベリアルは心配しますが、ラファエルはよしのがケガをしたら天使である自分の力で癒せばいいと考えていました。

戦いの場から離れているよう、ベリアルはよしのに言います。

ラファエルはよしのを守りたいベリアルの気持ちを利用しようと、わざとよしのの真上にあるシャンデリアを切り落としました。

ベリアルはよしのを守りますが、その為に隙ができてしまいます。

よしのにケガがないことを確認し、ほっとしたベリアルでしたが、ラファエルの剣がベリアルの体を突き刺していました。

ラファエルは契約書を出すように迫ります。

ベリアルは契約書を出しません。

ラファエルは容赦なくベリアルの翼を切り落としました。

それでもベリアルは契約書を渡しません。

その時、ベリアルと同じ堕天使の悪魔サタンが現れます。

黒猫にベリアルの動向を見張らせており、危険な状態を見かねて助けにきたのです。

サタンはベリアルの魂が壊れかけていると感じ、ラファエルに取引を持ち掛けます。

契約書を渡す代わりに、悪魔狩りから手を引くように促しました。

ラファエルはそれに同意します。

サタンが契約書を出すようベリアルを説得しますが、ベリアルは「死んでも契約を渡さない」と言い出します。

ベリアルに駆け寄ろうとするよしのを止めて、ラファエルは最終手段としてよしのの両親を召喚しました。

契約書がなければ自由になれるというのに、ベリアルのケガを心配するよしのの目を覚まさせようとしたのです。

再会を喜ぶよしのと両親ですが、両親から悪魔の元に行ってはだめだと説得されます。

よしのの魂と肉体を狙い、醜い対価を払わせ続けるベリアルは、よしのを弄んでいるだけなのだと両親は強く主張しました。

しかし、そこでサタンが口を挟みます。

サタンはラファエルがよしのの両親に言っていないことがあると話し始めました。

今までよしのが助かってきたのは、ずっとベリアルが守ってきたからなのです。

よしのを助ける為に命懸けで山神と戦った時には、大ケガを負って回復まで時間もかかりました。

悪魔にとっての対価は肉体と魂だけで、キスや愛撫は対価にななりません。

むしろキスや愛撫でベリアルの臭いをよしのにつけることで、魔よけになっていました。

ベリアルはよしのにいつでも魂と肉体の契約を迫れたのに、それをしなかったのです。

ずっとベリアルはただ働きさせられていたようなものだと、サタンは強く主張しました。

サタンはベリアルに、自分のコレクションの中からよしのに似た魂を一つ与えるから契約書を出すように言います。

しかしベリアルはよしのでなければ意味がない、20年守ってきたよしのを誰にも渡さないと断言しました。

死にかけている状況なのだからと出すように説得し続けるサタンに、ベリアルはやっと契約書を差し出します。

しかし、それはよしのとの契約書ではなく、地獄での婚姻届けでした。

ベリアルは「結婚してもいい」とよしのに告げます。

よしのはベリアルのカバンの中から人間界の婚姻届けと指輪を見つけます。

その時、今日大事な話があると言っていたのはこのことだったのだとよしのは気が付いたのです。

指輪はハリーウィンストンの指輪でした。

ベリアルは人間の女性と結婚した友人の悪魔に聞いたことをよしのに話します。

自分たちが結婚した場合、どうなるのかという話です。

自分たちの子供は人間であること、これは友人の悪魔の家で実際に見たことです。

よしのが死んだらベリアルが魂を地獄に連れていき、地獄で暮らすことになります。

子供は地獄には連れて行きません。

結婚した後も悪魔としての仕事は変わらないので、それはよしのに理解してもらわないといけないことです。

ただ、よしのの願いである「結婚し、子供を産み、家庭を築くこと」は叶えることができます。

偽りではない本当の家族になるのです。

よしのはベリアルに自分を愛しているか聞きますが、ベリアルはわからないと答えます。

ベリアルには愛という感情がわからないのです。

よしのは決心し、両親の目の前でベリアルが用意した結婚指輪を左手の薬指にはめました。

そして、ベリアルを愛していることを両親に伝えます。

ここで彼を選ばないと後悔するとも話しました。

ベリアルが愛していると言わなくても、愛してくれているとよしのは確信していたのです。

ラファエルは悪魔と結婚したら神の加護も恩恵も受けられないと忠告しますが、よしのはそれでもいいと言います。

今まで自分を守ってくれたのはベリアルだけだと言い切る娘に、両親もよしのの意思が固いことを感じていました。

そして結婚を認めたのです。

 

よしのは地獄での婚姻届けにサインしました。

婚姻届けはサタンに受理され、サタンはベリアルが持っていたよしのとの契約書をラファエルに渡します。

取引は成立です。

結婚し、夫婦になったよしのとベリアルですが、ベリアルはラファエルとの闘いで大けがを負ってしまっています。

ひとまずサタンが地獄に連れて帰り、治療することになったのです。

しばらく、よしのとは別々の生活がスタートします。

よしのは一人で婚姻届けを出しに行き、その後1年を1人で生活します。

ベリアルが作っていたよしののアルバムに写真を残していくために、イベントごとに写真を撮り続けました。

誕生日も正月も成人式も一人で過ごし、ベリアルからの連絡を待ち続けます。

苦手だった料理もできるようになり、1人で生活できるようになっていきました。

しかし時が経つにつれ、ベリアルがこのまま帰って来なかったらという不安が大きくなっていきます。

ベリアルのいない世界なんて耐えられないと、よしのは思うようになっていました。

 

1年後のクリスマスイブ、よしのが家に帰るとサタンが待っていました。

そこにベリアルの姿はなく、手紙だけを手渡し、サタンは帰ってしまいます。

手紙には住所が書かれていました。

よしのは、真実を知りたい気持ちと恐怖に押しつぶされそうになりながら、手紙の住所に向かいます。

住所の場所には大豪邸が建っていました。

表札にはよしのの苗字である「四宮」の文字が書かれています。

ベリアルを助けられなかったお詫びに、サタンが用意した大豪邸なのかもしれません。

よしのは怖くてインターホンを押すことができませんでした。

その時、玄関の扉が開いたのです。

そこにはベリアルが立っていました。

ベリアルに抱きつき、よしのは号泣します。

大豪邸は二人の為にベリアルが用意したものでした。

結婚記念日のクリスマスイブに合わせて準備したようです。

ベリアルはケガの回復に時間が掛かったものの、今はもう大丈夫だと話してよしのを安心させます。

定期連絡をサタンに頼んでいましたが、サタンはよしのへの連絡をすっかり忘れていたようです。

新居のリビングで、よしのの作ったアルバムを2人で眺めます。

ベリアルは成長したよしのを愛おしそうに見つめていました。

ケガで動けない間、ベリアルはよしのの夢ばかりみていたと話します。

ベリアルはよしのといた瞬間が、彼が生きてきた数十億という時間の中で、最も輝いていたと気が付いたのです。

よしのも、今はベリアルがしてくれたことの全てが無償の愛だったと知っています。

そしてベリアルは、よしのに口付けをするのでした。

この愛は異端 ネタバレ 3巻!無料で読む方法はある?

レイ
レイ

今日は「この愛は異端」ネタバレ3巻を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「この愛は異端」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「この愛は異端」を無料で読みたい、という方のために無料で読む方法を探してみましたが、現在のところ残念ながら無料では読めないようです。

「この愛は異端」が配信されているU-NEXTでは、31日間の無料トライアルで600ポイントがもらえますが、「この愛は異端」は600円以上なので完全無料では読めませんでした。

 

ですが、「この愛は異端」が配信されている「まんが王国」では、無料の会員登録で「半額クーポン」がもらえます!

その半額クーポンを使って、初回に限り好きな漫画がお得に買えるんです。

「まんが王国」に会員登録するだけで、「ここは今から倫理です」をお得に読むことができるんですね。

 

しかも、「まんが王国」は

まんが王国会員登録無料!
半額クーポンプレゼント!(初回のみ)
無料のじっくり試し読み作品、3000作品以上!
ポイント還元率最大45%でお得!

と、こんなにお得なサービスなんです。

まんが王国について詳しくはこちら>>>

 

「まんが王国」のじっくり試し読みはたくさん種類があるので、ついついいろいろな作品を読んでしまいます。

気になる漫画が、じっくり試し読みで無料で読める場合もあります。

ぜひ、「まんが王国」をチェックしてみてください!

\会員登録は無料!/

今すぐ「まんが王国」で半額クーポンGET!

※初回のみ好きな漫画を半額で購入できます!
違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

 

この愛は異端 ネタバレ 3巻の感想!

3巻では、ベリアルのよしのへの無償の愛がどんどん明かされていきます。

しかも生まれる前からだったことに驚かされますよね!

初めはよしのの魂と肉体が目当てだったベリアルですが、徐々によしのが大切な存在になっていく過程が丁寧に描かれていました。

1巻、2巻に出てきた話はこういう意図だったのか!と理解して感動する。

そんな瞬間が何度もありました。

ベリアルが命懸けでよしのを守り、傷だらけになりながらもよしのに寄り添う姿には胸が熱くなりました。

ベリアルを愛していると気が付いても、ベリアルには心がない、自分を愛していない、と思い込んでいるよしの。

よしのを大切に想っているのに、愛を知らず、不器用なやり方でしか表現できないベリアル。

二人の想いがすれ違っている様子が切ないです。

それでも最後は二人が結ばれて本当に良かったです。

ベリアルは最後までよしのに愛しているとは言いませんでした。

でも、彼の行動の全てが、無償の愛だということがよしのに伝わっています。

ストーリーはもちろん、森山絵凪先生の絵が素晴らしく、表紙や巻頭カラーの美しさには目を見張ります。

3巻までは第一部で、4巻からは第二部がスタートすると、後書きに書かれていました。

人間と悪魔が結婚したのですから、二人には幸せだけではなく、色々な困難が待ち受けているはずです。

夫婦となった二人がどう困難に立ち向かっていくのか、第二部も目が離せません!

まとめ

「この愛は異端」ネタバレ3巻と感想をご紹介しました!

「この愛は異端」は、まんが王国でもらえる半額クーポンでお得に読む方法もあります。

まんが王国はこちら!

ぜひ、絵とあわせて「この愛は異端」を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント