鬼獄の夜 ネタバレ 37巻!美空に残した車のキーを柴に気づかれた鷹介は…

スポンサーリンク
鬼獄の夜 ネタバレ 37巻漫画ネタバレ

マンガMeeで連載中の漫画「鬼獄の夜」(加藤キャシー先生)

今日は、その漫画「鬼獄の夜」37巻を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

美空に残した車のキーを柴に気づかれた鷹介は…

「鬼獄の夜」36巻はこちら>>>

また、「鬼獄の夜」はマンガmeeで無料で読めます!

\「鬼獄の夜」を無料で読む!/ 

マンガmeeの無料ダウンロードはこちら!

「鬼獄の夜」をマンガmeeで、ぜひ絵付きで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

鬼獄の夜 ネタバレ 37巻!美空に残した車のキーを柴に気づかれた鷹介は…

満月の下に佇む贄獄神社。

覚えてるか?俺たちが高校を卒業した時のことを。

美空ねえちゃん式の間じゅうずっと声出して泣いてさあ、他の保護者や先生たちにドン引きされてたよな、ほんっとどんだけあの人弟のことが大好きなんだよ、と車のトランクのボタンを押しながら話しかける鷹介。

なあ?ハル

トランクを閉めた鷹介の後ろには、無言で佇む美空の弟、晴馬が。

仕方ないだろう、柴家を俺は裏切れない、と自嘲する鷹介。

ただの怪我ぐらいだったらエリカ様の血が消化してしまっても生きていける…だけど俺は一度死んだから、あのひとの血を貰い続けなきゃいけないんだ、とエリカの血の秘密を語る鷹介は、返ってこない返事を気にせず話し続けます。

スゲエよな、心臓や頭を再生不可能なくらい損傷しなければ、血があれば生き続けられるって、ハルだって俺と同じだったらそうするだろ、と車の座席を開け上着をとる鷹介の顔は、自分を皮肉めいて笑っているようです。

しかし突然手に取っていた上着を地面に叩きつけ、わかってる!あの人はお前の大切な姉ちゃんだって!と激しい声で叫ぶ鷹介。

俺だって見殺しなんかしたくない、だけどどうしたらよかったんだ、化けてでるくらいなら教えてくれハル!そう言って座席に突っ伏し叫ぶ鷹介は、手に握った車のキーを握りしめ、生き返った時にエリカに言われたことを思い出します。

逃げても数日しか持たない命を全うするか、柴に使えるフリをして血をもらいながら此処で生き続けるかという選択肢をエリカに突きつけられ、おかしくなってしまった牡丹を見て死ぬわけにはいかなくなったと苦しそうに話す鷹介。

どうして俺たちこんなことになったんだろうな、と何も言わない晴馬の横で呟き、楽しそうに話す3人のことを思い出しながら、時間はどうして戻らないんだろう、と虚しく考えます。

悪いハル、美空ねえちゃんは助けない、俺は牡丹を選ぶって決めたから、辛そうに決意した目で晴馬に告げた鷹介は、しかし、俺には何も出来ないけど、もしも自力で脱出できたら、と言って車のキーを座席に置き…

すると後ろから柴に声をかけられます。

猟銃を担ぎ、上着を着ながら柴が出てきました。

何してる、いくぞ、と冷たい目で言われ、ハイと急いでドアを閉め従う鷹介。

自分の前を急いで通り過ぎる鷹介に何か感じたのか、先程鷹介がいた車に目線を向ける柴。

 

夜中の森の中をライトを光らせる走り抜けるダンプ。

中では鷹介が運転し、柴が後ろの座席で何かを考えるように体を前に倒し手を組んで座っています。

鬼のアギトというのは贄取塚の奥にあるんですよね?取り敢えず贄取塚へ行けばいいですか?と柴に確認を取る鷹介ですが、柴は返事をしません。

何か不穏な気配を感じた鷹介は再び口を開こうとしますが、裏切る人間ってどんなやつか知ってるか?とにやけながら運転する鷹介の後ろから突然運転席の窓を開けるスイッチを押す柴。

なんで窓を?えっ?と鷹介が驚くまもなく柴は鷹介のシートベルトを外し、いきなり頭を掴み窓の外へ押しやります。

突然のことに抵抗できない鷹介は、肩から上が車の外にはみ出て危険な状態に。

柴の突然の凶行に状況が理解できない鷹介へ、オマエ迷ったね、と柴が楽しそうに笑います。

迷いは意思を弱く脆くし隙を作る、そして言い訳を始め保身にはしらせる、と鷹介の頭を外に出したまま車を走行させる柴に、柴さんやめてください!と必死に訴える鷹介。

柴は木の枝が鷹介の顔を傷つけているのも構わず、車のキーは赤坂美空のためにか?と尋ね、いや違うな、あれは自分のためだ、とほくそ笑みます。

車のキーを置いてきたことがバレ、こんな仕打ちを受ける鷹介は、うそだろ、と柴の様子に慄きます。

アレは!と鷹介が何か言おうとしますが、抱えきれない罪悪感を軽減するための虚しい自己満足のためだ、と言い聞かせる柴は、鷹介の顔をそのままに、アクセルに脚が乗ったままの鷹介の膝を自分の足で押し、さらにスピードを加速させます。

みえる、みえるよ、小娘に赤坂美空、そして僕、其々に言いわけをして取り繕う弱いおまえが…

死線の際で必死で柴の手をどかそうとしながらも、止めろ、止めてくれ、と柴の話を聞きたくないと思っている鷹介。

さっきの質問に答えをやろう、お前みたいな弱い奴がうらぎるんだよ、と狐みたいな笑顔を浮かべる柴。

目の前に迫り来る太い幹。

焦る鷹介は、柴にやめてくれと言い続けるも…次の瞬間、幹に当たって跳ね飛ぶサイドミラーと大量の血。

鉄格子のついた蔵作りの建物から、夜空に浮かぶ月を見上げる牡丹は、なにかを感じたのか、鷹介?と名前を呼ぶのでした。

 

キョウヘイは怪我大丈夫なの!?と、草むらをかける美空達。

わっかんねえけど今はそれどころじゃねー!と自分でも怪我の様子が分からないほどに焦っている茶山。

っていうか何でおまえが一番おっせーんだよ!?と喝を入れる茶山に、すみまッ、はしるの、にがて、でっ、と息を切れ切れに謝る灰原。

さっさと逃げねーと捕まっちまう!と茶山が振り返ると、すぐ後ろの木の間から巨大な鬼が口を開け迫ってきます。

そのまま木の間に挟まり、木をへし折りながら自分も転がってしまった鬼をあと目に、逃げ続ける美空達。

思い切り木に行方を阻まれた鬼を見ながら、避けるとかいう知恵はないみたいなのが救いね、という美空の言葉に、不完全なところがあるんでしょうね、顔なし鬼より足も遅いみたいです、と灰原も鬼を振り返りながら答えます。

ていうか突然なんだよ、鬼はオレのことは襲わねえんじゃなかったのか?怪我も治らねえし!と茶山が問いただし、血の効力が薄れてきているのかも知れません、と憶測を述べる灰原。

ああもうどうすりゃあいいんだ!と茶山が嘆く横で、美空も必死に歯を食いしばって逃げながら、ほんとうこれからどうしよう!?と先を思い悩みます。

信者達を逃すのに自分たちがターゲットになるよう仕向けた美空達ですが、腰から血を流す茶山に、息も絶え絶えの灰原を見ると、この逃走も長くは続けられません。

どおしたら、と美空が再び思った時、前方の山間に光が。

チカッと光るそれが車のライトであると分かった美空は、目の前の山の上が贄取塚である事から、柴の車であることを予測し、灰原に車の鍵をまだ持ってるかききます。

ありますが、あの車を追いかけるんですか?と驚く灰原に、そう!このまま鬼引き連れて下山するわけにはいかないわ!それだったらコイツごと贄取…

灰原の方に話しかけ足元に気を取られていた美空は、突然現れた斜面に足を滑らせ、そのまま落ちてしまいました。

幸い高さはなく動けなくなるような怪我はしなかった様子の美空。

慌てて上にいる灰原と茶山に呼びかけようとしますが、いつのまにかそばにいた茶山に後ろから抱えられ口を塞がれます。

先程美空がいた斜面の上には追いついた鬼の姿が。

鬼の死角に隠れて声を出さないようにした茶山の意図を汲み取り大人しくする美空は、そのままじっと待ちます。

すると鬼の去って行く気配が分かり、茶山も美空の口から手を離しました。

鬼が騒いでいない事から灰原も無事であることを確認し、茶山にお礼をいう美空。

すると茶山は美空の名を呼び、いきなり首筋に口付けてきました。

慌てて茶山を引き離しアンタこんな時に何してんの!?と思わず大声で文句をいう美空ですが、騒いでると鬼がくるぞ、と茶山に脅され口をつぐみます。

そんな美空の手を取り、オレ2回も死にかけたんだ、今もみーちゃんのこと助けて、頑張ったって思ってくれねーの?と手をほおに当て切なげに問う茶山。

そ、そうだけど、と言い淀む美空に、じゃあご褒美欲しい、と迫り始めた茶山は、美空にダメだと止められても唇を奪いにいきます。

キスをされさらに唇を舐められ、激しい抵抗はしないまでも必死に硬く口を引き結ぶ美空。

もうただの幼馴染と思ってるキョウヘイにこんな事されたくないと思いながら目を瞑り抵抗する美空に、口を開けろといっても態度を変えない美空の様子からそのまま首を攻め始めた茶山は、首筋に顔を埋め匂いを嗅ぎ、柴の匂いがする…腹が立つな、と嫉妬し耳たぶを噛みながらついに服の下から手を忍ばせます。

いやいやながらも、死にかけた事を茶山から引き合いに出され、強く抵抗できない美空。

中途半端に自分を受け入れる美空に、好きだよ美空、と囁く茶山は、ここまで美空のために体張るのは世界でオレだけだ、オレのところ戻ってこいよ、と再びキスを奪います。

そしてそんな二人を少し離れたところから、灰原が見下ろしているのでした。

 

昏睡状態で横たわる美空を見つめる灰原。

二年前からずっとずっと考えてた…

 

追いかけてきていた鬼が過ぎ去るのを木の影でやり過ごし、様子を伺っている灰原は、美空達も無事隠れたことに安堵します。

僕はまた一歩出遅れた…そう拳を握る灰原は、先程美空が足を滑らせ崖下に消えた時に茶山がすかさず飛び降りて助けに行ったことを思い出しながら、美空さんのために僕は何ができるのか、美空さんに僕は相応しいのかと…そう考えながら崖の下まで走っていった灰原は、木の間から目下で美空と灰原がキスしているのを目撃してしまいます。

俺の元に戻ってこい、という茶山。

そんな二人を見て表情を凍らせる灰原は、キスをしながらこちらに気づき視線をよこした茶山に、心がざわつきます。

すると茶山は見せつけるように美空の服の裾に手を入れ始め、おまえは俺の女だ、と告げ、そんな茶山の挑戦的な視線を受け衝撃を受ける灰原。

これまでの美空を助けるためにとってきた茶山の様々な命をかけた行動を思い出してしまい、今、美空さんにとってほんとうに相応しいのは…とその先を考えそうになった時、キョウヘイ、わたしは今だってアンタのこと好きなんだと思うわ、と後ろに灰原がいることを知らない美空が、茶山の目を見つめながら告げます。

その言葉を聞いて灰原はショックを受け、茶山は嬉しそうな顔をして美空の名を呼びます。

もう二度と会わないって思って別れたのに、アンタが死んだって思ったら胸が張り裂けるようだった…生きてくれててほんとうによかった、と話を続ける美空は、幼馴染であり元恋人であった茶山を、今の自分を作った大切な人であると再認識します。

しかしそんな茶山を両手で押し返し、だけどこれはもう恋愛感情じゃないの、ごめんキョウヘイ、そう言って茶山の気持ちを拒否した美空。

キョウヘイの想いには応えられない、とはっきり自覚し、わたし灰原が好きなの、と告白します。

少し黙った茶山が、彼奴に何が出来んだよ、と美空に尋ねます。

わたしを一番に想ってくれてるわ…でもわたしは今灰原を一番には思っていない。

弟や黄瀬、参番のことが思い浮かぶ美空。

そんなわたしを理解してくれているの、世界で灰原だけなの、そう茶山に説明する美空の言葉を聞き感動している様子の灰原。

だからわたしはその気持ちにこたえたいの、全部が終わったら灰原を一番に想いたい、と決意したように顔を上げた美空は茶山の手を取って重ね、七年前に言えなかったことをちゃんと言うね、今までありがとうキョウヘイ、と二人の関係に終止符を打ちます。

少しの間の後、口を引き結んだ茶山が、だからそれがなんだ!とずいっと美空の手を掴んで迫ります。

しかしそれは凄んでいるのではなく、ミーちゃんは俺のだ、そんなことで諦めるかよ!と駄々をこねているようです。

アンタ人の話聞いてたの!?と呆れる美空とのやりとりを聞きながら、ふ、と口元を緩ませた灰原。

まだ美空アイツとヤってないんだろ!?あんな粗チンで絶対満足できねえよ!と騒ぐ茶山に、ちょっと!大声で出さないでよ、と美空が注意するも、どんだけ好きでもセックスが下手だと続かねーんだよ!数年後に俺のチ○コが恋しくなるのが目にみ…とまで茶山が言ったところで、それはいいことをききました、と急に灰原の横槍が入ります。

二人がそばに来ていた灰原に気づき目を向けると、つまりは美空さんをずっと満足させ続ければいいってことですよね?と話かける灰原は、ニッコリと笑いながら、その点を重視して鋭意努力しますから先輩(元カレ)安心してご引退下さい、といつになく爽やかな笑顔で牽制し、それにアアン!?と凄む茶山。

灰原がいたことにやっと気づいた美空は驚きつつ恥ずかしいようです。

すると嬉しそうな顔で美空を見下ろしながら、ありがとうございます、とお礼を言う灰原。

僕にキョウヘイさんのような強さはありませんが、それでも僕を選んでくださるのなら…と見つめ合う二人。

僕は誰よりも美空さんを想い続けます。

盗み聞きするぐらいだったら助けてよバカ、と照れてるような美空に手を貸しながら、すみませんでした、と謝る灰原。

そんな二人の空気をお構いなしに、美空美空!一回だけ!そしたら俺のチン○思い出すから!と諦め悪く迫る茶山に、アンタやっぱり一回ぐらい死ねば!?(すでに2回ほぼ死んでる)と罵倒する美空。

美空に絡む茶山を鬱陶しそうにしながら、ていうか鬼を引きつけないと!こんな事してる場合じゃないのよ!と現状を思い出し焦る美空に、その事なんですけど…と灰原が何か話し始めます。

 

その後、山道に降りることができた美空達。

これって贄取塚に行く私道?と驚いてる美空に、先程隠れていた時に気がつきました、と灰原が答えます。

これだったら神社の駐車場だってすぐ行けるわね、と贄取塚の地理に納得した美空。

それじゃあ女のわたしが鬼を引きつけておいて、悪いけど灰原は車を取ってき…と言おうとする美空に、本当に贄取塚へ行くんですか?と改めて確認をとる灰原。

そんな美空達の後ろの山からガサリと何かが…

あたりまえでしょ、あの鬼がもし市街地まで行ったら、と美空が話していると、頭上に影がさします。

見ると木の間から先ほどまで美空達を追いかけていた鬼が。

ナイスタイミング!と笑う茶山。

美空と茶山はすぐに走り出し、車頼んだわよ灰原!と指示を出す美空に、顔を青くさせ呼びかける灰原。

すると背後の車道から突然車のライトが迫ってきます。

走りながら怪我をしている茶山にどこかで休むよう言う美空の指示に拒否する茶山。

そんな二人の後ろから、美空さんよけて!!と灰原の鋭い声が届き、後ろを振り返ると…車に鬼が跳ねられたところでした。

吹っ飛ばされ地面に落ちる鬼。

煌々とライトを照らす車は止まり、美空は茶山に庇われながら突如現れた車に呆然とします。

急いで駆け寄ってくる灰原。

いきなり何で…いったいだれなの?と状況が理解できていない美空達の前でドアが開き、出てきたのは何と牡丹でした。

ずるりと地面に座り込むように降りた牡丹は、お願い、美空おねえちゃん、鷹介が危ないの、贄取塚へ…!

そう助けを求めてきました。

鬼獄の夜ネタバレ 37巻!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「鬼獄の夜」ネタバレ 37巻を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「鬼獄の夜」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「鬼獄の夜」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTでタダで「鬼獄の夜」が読めるということ。

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

レイ
レイ

あとね、まんが王国では「鬼獄の夜」が先行配信されていて、早く読むことができるのよ!

「まんが王国」は無料の会員登録毎日最大50%のポイント還元がもらえて漫画がお得に読めたりします。

まんが王国会員登録無料!
毎日最大50%のポイント還元!
無料のじっくり試し読み作品、3000作品以上!

こんなにお得なサービス。

無料の会員登録で、お得に漫画が読めることが魅力です!

まんが王国について詳しくはこちら>>>

 

「まんが王国」のじっくり試し読みはたくさん種類があるので、ついついいろいろな作品を読んでしまいます。

気になる漫画がじっくり試し読みで無料で読める場合も。

ぜひ、「まんが王国」をチェックしてみてください!

\会員登録は無料!/

今すぐまんが王国で「鬼獄の夜」をお得に読む!

※毎日最大50%のポイント還元あり!
違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

鬼獄の夜ネタバレ 37巻の感想!

ここで牡丹かあ…!

凄い、ちょっと予想外です。

てっきり籠の鳥状態で何もできないと思っていました。

鷹介無事だといいですね。

そして美空はハッキリと灰原を選びましたね!!

まあ予想内でしたが、茶山が闇堕ちするんじゃないかとヒヤヒヤしていたんですけども、思ってたより全然大丈夫で安心しました。(笑)

漢気のあるキャラクターなので、美空の幸せを重んじて案外あっさり身を引いて見守ることになりそうですね。

しばらくは駄々こねしそうですが。

物語の佳境に入ってきた感じで、展開が待ち遠しいですね!

まとめ

「鬼獄の夜」ネタバレ 37巻と感想をご紹介しました!

「鬼獄の夜」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「鬼獄の夜」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「鬼獄の夜」を楽しんでくださいね!

「鬼獄の夜」次話はこちら>>>

「鬼獄の夜」ネタバレまとめはこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント