鬼獄の夜 ネタバレ 93話(31巻)!攻撃に耐えた美空は言葉で柴を攻め続けるも…

スポンサーリンク
漫画ネタバレ

マンガMeeで連載中の漫画「鬼獄の夜」(加藤キャシー先生)

今日は、その漫画「鬼獄の夜」93話(31巻)を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

攻撃に耐えた美空は言葉で柴を攻め続けるも…

「鬼獄の夜」31巻(92話)はこちら>>>

また、「鬼獄の夜」はマンガmeeで無料で読めます!

\「鬼獄の夜」を無料で読む!/ 

マンガmeeの無料ダウンロードはこちら!

「鬼獄の夜」をマンガmeeで、ぜひ絵付きで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

鬼獄の夜 ネタバレ 93話(31巻)!攻撃に耐えた美空は言葉で柴を攻め続けるも…

スピーカーから聞こえる美空と柴の会話。

こんな状況にそんな事よく言えるね…そんな挑発的なあんたも嫌じゃないが…、という柴の声が流れるなかムクリと起き上がった茶山は、茶山さん…!?と話しかける灰原を無視して立ち上がり、いきなりガバッとエリカの胸ぐらを掴みます。

テメエの兄貴は何処にいやがる、と凄む茶山。

何も言わないエリカに、何処だって訊いてんだよ!この放送…アイツ美空に何してんだ!とエリカを掴み上げたまま怒鳴る茶山を、茶山さん体は大丈夫なんですか?異常はないですか?と起きていきなり激しい動きをする茶山を灰原が心配します。

しかし茶山はなんの問題も無いようで、ああくそ元気だよ、何したか知んねえが、疲れも痛みも全然無え、これで思う存分ブン殴れる、と力がみなぎっているようです。

そのハッキリと意識がある様子に、エリカさんのいう通り鬼にはなってなってない…?と様子を確認した灰原は、だからとっとと居場所を教えろ!と目の前で柴の居場所をエリカに詰め寄る茶山から目を離し、チラリと会話が漏れ聞こえているスピーカーへ目を向けます。

突然入ったスピーカーに、これは恐らく柴さんが意図して流しているのでは無い、と気づいた灰原は、美空が動いたと言うことを確信します。

早く美空さんの所へ…でもまだエリカさんに聞きたいことが…!と葛藤する灰原の横で、なんとか言え!と未だエリカを問い詰める茶山。

すると今まで黙っていたエリカがやっと、さっきの質問よ、どうして美空ちゃんのためにここまで出来るの?と茶山に疑問を投げかけます。

それに、そんなの決まってんだろ!美空がいなきゃ生きていけないんだよ!アイツがいなきゃ寝つきも悪いし飯もマズイし、野良猫の写メ送る先がないんだよ!離れて分かった、美空の代わりは何処にもいない、とかつて美空が去ったアパートの前で項垂れていた茶山は、だから死んでも他の男に渡したくないんだよ!と美空への本気の思いを語ります。

それを聞いて目を見張るエリカ。

しかしそこでスピーカーから、そんなに激しく抱かれたいのかな…と言った柴の話し声が聞こえ、茶山は乱暴にエリカを離します。

クソ!もういい自分で探し出す!と荒々しく出て行った茶山を慌てて、茶山さんちょっと待って!と追いかけようとした灰原。

しかしグイッとエリカに腕を握られ引き止められてしまい、そして、灰原くん、お兄ちゃんには言わないで?と何故か急にお願いされます。

事態を飲み込めない灰原。

 

一方美空は、あーあ負けちゃったよ、と笑う柴に背中にのしかかられていました。

柴に激しく攻められたようで美空は荒い息をつきながらもなんとか耐えたようです。

流石に最後の一枚はヌルくないね、と褒める柴を睨みつける美空。

まあいいや、煽られた分は次で挽回しようか、確かいっぱい攻めてくれるんだよね、と美空から降りた柴。

するとその瞬間バッと素早く美空が起き上がり、砂時計を素早くひっくり返すと突然柴のメガネを蹴り飛ばします。

飛んでいってベッドの柱に当たり砕けるメガネ。

やっと私の番ね、と柴の前に立ち上がった美空は、そうよ、沢山攻めてあげるわ、と柴の急所を踏みつけます。

今までのは撒餌、さし餌を入れるのはここからよ、と深い海に釣り針を垂らした美空。

あんた自身を責めてあげる、と踏んだ足を退けずに言う美空は、ねえあんた本当は寂しいんでしょ?と柴に話しかけ始めます。

子供の頃から親と因習に搾取されて、そのことは同情するわ…と語り始め、アンタにとって顔無し鬼が唯一の拠り所だったのよね?可哀想、と哀れみの微笑みを浮かべる美空。

ココでの宗教ごっこもアンタの歪んだ人生を肯定するための自分を慰める行為よね、普通の親も家庭も愛も得られなかったのは自分が特別な柴家の人間だから、と話しながらグリグリ足を動かす美空は、そう思えば寂しくないわ、気持ちよくて仕方ないわよね、となお柴を理解したように話しかけ、足の指でグイッと挟みます。

しかしそこで顔を近づけ、でもそれってアンタの父親と一緒よ、と突然話を変えた美空は、アンタの子供もアンタが父親を見る目でアンタを見るでしょうね、と柴を父親と同列に扱うようなことを言います。

それに驚いたように思わず聞き入ってしまった柴は、美空が話し終わると、いい加減にしろよ、窮鼠猫を噛むのつもりなんだろうがもう一度立場をよく考えろ、と先程機嫌が良かったときとは一転、うつむき雰囲気を変え、突然美空の足首を掴み上げ美空をベットへ引き倒します。

ベットに激しく落ちる美空に、ゲームに乗ってやってるのはこっちだ、と言う柴へ、声を出したわね!これでアンタの…と勝ちを宣言しようとする美空を、うるさいよ、と恐ろしい声音で口を塞ぎ黙らせる柴。

あんたは調子に乗りすぎたね、と言って掴んだ手に力を込めますが、その瞬間、巨大なサメがかかったことを美空は確信します。

鬼獄の夜ネタバレ 93話(31巻)!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「鬼獄の夜」ネタバレ93話(31巻)を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「鬼獄の夜」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
半額クーポンがもらえる
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「鬼獄の夜」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTでタダで「鬼獄の夜」が読めるということ。

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

レイ
レイ

あとね、まんが王国では「鬼獄の夜」が先行配信されていて、早く読むことができるのよ!

「まんが王国」は無料の会員登録半額クーポンがもらえて漫画がお得に読めたりします。

まんが王国会員登録無料!
半額クーポンプレゼント!(初回のみ)
無料のじっくり試し読み作品、3000作品以上!
ポイント還元率最大45%でお得!

こんなにお得なサービス。

無料の会員登録で、お得に漫画が読めることが魅力です!

まんが王国について詳しくはこちら>>>

 

「まんが王国」のじっくり試し読みはたくさん種類があるので、ついついいろいろな作品を読んでしまいます。

気になる漫画がじっくり試し読みで無料で読める場合も。

ぜひ、「まんが王国」をチェックしてみてください!

\会員登録は無料!/

今すぐ「まんが王国」で半額クーポンGET!

※初回のみ好きな漫画を半額で購入できます!
違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

鬼獄の夜ネタバレ 93話(31巻)の感想!

遂に動き出した美空VS柴!!

柴さん今までよく耐えてました(笑)

そしてあのスピーカーへ繋げたのが灰原への合図って伝わるところもすごい!

以心伝心ですね。

そして駆けて行ってしまった元気いっぱいの茶山君。

美空への想いはしっかり伝わりました!

でも問題児ではあるので今後も美空は苦労しそうですね(汗)

流石ヒロインだけあって男性陣から大人気の美空さん、灰原は柴から危機一髪助け出せるのか!?

次回も大期待でお待ちしてます。

まとめ

「鬼獄の夜」ネタバレ93話(31巻)と感想をご紹介しました!

「鬼獄の夜」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「鬼獄の夜」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「鬼獄の夜」を楽しんでくださいね!

「鬼獄の夜」32巻(94話)はこちら>>>

「鬼獄の夜」ネタバレまとめはこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント