かりそめの公爵夫人 ネタバレ 42!幻想魔法でみせられたクロードの母レイチェルの過去

スポンサーリンク
かりそめの公爵夫人 ネタバレ 42漫画ネタバレ

ピッコマで配信中の漫画「かりそめの公爵夫人」

今日は、その漫画「かりそめの公爵夫人」 42を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

「かりそめの公爵夫人」 41はこちら>>>

幻想魔法でみせられたクロードの母レイチェルの過去…

\好きな漫画を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

U-NEXTは、31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

かりそめの公爵夫人 ネタバレ 42!幻想魔法でみせられたクロードの母レイチェルの過去

イヴォナを救い出し、自分が使った力に戸惑うクロード。

意識を取り戻したイヴォナは、柱を見た後に頭が真っ白になったのだと痛む頭を抑えながら呟きます。

柱はどうなったのかと顔を上げると、柱は忽然とその場から姿を消していたのでした。

消えた柱を探して、遺跡の中を進んでいく2人。

柱から魔力を増やすどころか奪われてしまい、何がダメだったのかと考え込むイヴォナの足元に黒い闇が忍び寄るのでした。

次の瞬間、辺りの光が消えクロードの姿がパッと消えてしまいます。

クロードの名前を呼ぶイヴォナの耳に流れ込んできた声は、ガスパルの即位を祝福するものでした。

目の前に広がるのは馬に跨がって街を凱旋するガスパルと、彼を救世主だと称える民衆の声。

それは前世でガスパルが皇太子になった日のイヴォナの記憶でした。

ボロボロのイヴォナに指示を出すガスパルのことを、現在のイヴォナは木陰から見つめています。

思い出したくない記憶を見せる幻想魔法なのだろうか?

動揺するどころか意思が強くなったと冷静にその状況を分析するイヴォナ。

 

その頃クロードは、幼い頃の記憶を辿っていました。

アゼンタイン城のベッドで目を覚ます傷付いた幼いクロード。

そこに現れたのは厳格そうなクロードの母親でした。

どうやらクロードは中級魔獣を倒して怪我をし、ベッドで休んでいたようです。

クロードの母は、今度こそクロードが聖剣に認めてもらえるだろうと寝室に聖剣を持ち込んでいました。

クロードは起き上がろうとしますが、傷が痛んで悶え苦しみます。

苦しむクロードに母は早く剣を取れと冷たく命令するのでした。

その声に怯えた様子のクロードは、起き上がり震えながら聖剣に手を伸ばしますが、剣を取ろうとした瞬間強い光に弾かれてしまいます。

弾かれたクロードの手の平はザックリと切れ、血が吹き出しました。

呻くクロードに、母は今回も失敗なのかと大声で責め立てます。

中級魔獣ごときに手を焼いているから聖剣に認められないのだと傷だらけのクロードを叱責し、聖剣を持つ手が傷だらけでは恥ずかしいと、人に手を見られぬようにと忠告して母は去って行きました。

1人寝室に残されたクロードは、傷付いて震える右手を抑えながら瞳を涙で潤ませるのでした。

代々聖剣を守って来たアゼンタイン家に予言が下りたのは数百年前。

337年に救世主となる聖剣の持ち主が現れるだろうという内容でした。

そして予言の時が近付き、当時の家主であるルスフは自分の息子が救世主になるだろうと結論を出したのです。

予言を盲信していた彼は子供が出来なかった妻を追い出し、後妻に息子を産ませようと必死になりましたが、彼女が命を賭して産んだのは女の子でした。

ルスフは、妻の遺体の前で後継になれない娘など必要ないと怒鳴ります。

予言された年に息子が生まれなければ全てを失うと思い込んだルスフは、ついにまだ16歳の娘・レイチェルに婿養子を取って妊娠させます。

婿養子のジェラルドは剣術の腕だけは一流でしたが、人柄と気品が最低であったため公爵になれず、レイチェルに暴力を振るって劣等感を解消していました。

父・ルスフもレイチェルに我慢を強いており、彼女は神に自分の生きる意味を問います。

そんな毎日の中、彼女は自分が救世主の母親になることに希望を見出し、息子の誕生を心待ちにするのでした。

それからすぐにジェラルドは魔獣討伐で亡くなり、レイチェルはクロードが5歳の時に余命を宣告されます。

クロードが16歳の時に、弱り切ったレイチェルは自分の死期を悟り、クロードに古代遺跡へ行くように促すのでした。

彼に辛く当たるのは、救世主の母として生まれたレイチェルの人生の意味を証明するためだったのです。

母の期待に応えるため、クロードは遺跡に向かいました。

そして戦いの中、深い傷を負ったクロードは毒の湖の中へ落ちてしまいます。

力も入らず、助けを求めるクロードの脳裏に響くのは自分を叱責する母の声、自分に期待する民衆の声、辛い日々の思い出。

自分を助けてくれる人などどこにもいないと諦めるクロードの頭に現れたのは、彼に救いの手を伸べ、彼の名前を呼ぶイヴォナの声なのでした。

 

目を覚ましたクロードが目にしたのは、不安げな顔をしてクロードの名前を呼ぶイヴォナ。

目を覚ましたクロードに、イヴォナは幻想魔法のことを説明します。

あの記憶が真実だったら今頃自分は死んでいただろうと、ぼんやりとした頭で納得するクロード。

体が酷く濡れているクロードを心配するイヴォナは、彼の体に残る大きな傷跡を見つけます。

聖剣が治癒する前に傷を負ったのかと彼の体を気遣うイヴォナの手を取り、クロードは長くなると前置きをして話し始めるのでした。

かりそめの公爵夫人 ネタバレ 42!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「かりそめの公爵夫人」ネタバレ 42を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

無料で読む方法はあるのかしら?

マスター
マスター

「かりそめの公爵夫人」は、ピッコマで読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

ですが、「かりそめの公爵夫人」の配信状況を調べてみると・・・

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「かりそめの公爵夫人」は、上記の配信サービスなどで読むことはできませんでした。

 

ですが、U-NEXTでは31日間無料お試しでポイントがもらえて好きな漫画が無料で読めたり

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

また、「まんが王国」は無料の会員登録毎日最大50%のポイント還元がもらえて漫画がお得に読めたりします。

まんが王国会員登録無料!
毎日最大50%のポイント還元!!!
無料のじっくり試し読み作品、3000作品以上!
まとめ買いがお得!

こんなにお得なサービス。

まんが王国について詳しくはこちら>>>

 

ぜひ、上記サービスを利用して、好きな漫画を絵付きで楽しんでください!

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

かりそめの公爵夫人 ネタバレ 42の感想!

クロードのこれまでの人生は、とても辛いものでした。

しかし、彼の母親レイチェルも救世主の予言の被害者であったことは事実です。

彼らはずっと、世界を救うはずである「救世主」の予言に苦しめられていたんですね。

彼に救世主であることを求めず、手を伸ばしてくれたイヴォナ。

そんな彼女にようやく、クロードが自分の話をすることが出来るのがとても嬉しいです!

「かりそめの公爵夫人」 43はこちら>>>

漫画が無料&お得に読める!おすすめサービスTOP3!

好きな漫画が無料&お得に読めるおすすめのサービスはこちら♪

no1

U-NEXT公式サイト

・31日間無料トライアルあり
・無料トライアル登録で600円分のポイントがもらえる
・見放題対象の動画は14万本以上
・雑誌読み放題サービスあり
・継続利用でもらえるポイント2倍
no2

まんが王国公式サイト

・会員登録無料
・まとめ買いがお得!
ポイント還元率最大50%でお得!
・無料会員で3000作品以上が読み放題
・じっくり試し読みが豊富
no3

music.jp公式サイト

・30日間無料
・登録時に600円分の通常ポイントがもらえる
・1000円分の動画ポイントももらえる
・音楽もダウンロードできる
・動画レンタルもできる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント