五十嵐カノアがイケメン!賞金がすごくてお金持ち?家族についても【東京五輪2021代表】

スポンサーリンク
スポーツ

2021年に行われる東京オリンピックのサーフィン代表に選ばれた、五十嵐カノア選手がイケメンだと話題です!

オリンピック代表に選ばれる実力がありながら、さらにイケメンだなんてどんな選手なのか気になります。

ということで今日は、東京オリンピック2021のサーフィン代表・五十嵐カノア選手の、wiki風プロフィールと経歴や学歴、サーフィン一家として有名な家族の話まで詳しく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

五十嵐カノアのwiki風プロフィール!

五十嵐 カノア(いがらし かのあ)

生年月日:1997年10月1日生まれ

年齢:23歳(2020年3月現在)
身長:180cm
体重:78kg
出身地:アメリカ・カリフォルニア州サンタモニカ
国籍:アメリカ、日本(東京オリンピックには日本国籍で出場)
所属:木下グループ
ホームポイント:ハンティントン・ビーチ
サーブボード:シャープアイ・サーフボード
スタンス:レギュラースタンス(左足が前、右足が後ろのスタンス)
ウェットスーツ:クイックシルバー

 

学歴は?経歴についても

イケメン五十嵐カノア選手の学歴や経歴についてご紹介します!

 

五十嵐カノア選手が通っていた中学や高校の名称は、残念ながら分かりませんでした。

しかし、英語・日本語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語の5か国語が話せ、15歳の時には2年飛び級で高卒認定試験(GED)に合格されるのですから、大変に優秀かつ努力家であることが分かります。

 

五十嵐カノア選手は、プロサーファーである御両親の影響を受けて、3歳からサーフィンを始めました。

6歳でローカル大会に優勝し、最年少の9歳でUSAサーフチームに入ります。

10歳でスポンサーがつき、13歳でプロに転向します。

2016年には、日本人として初めて、WSLワールドチャンピオンシップツアーに参戦します。

2019年シーズン、パリで行われた第3戦において、自身初そしてアジア人初のWCT優勝の快挙を達成します。

同シーズン、ポルトガルで行われた第10戦で、東京オリンピック2021への出場権を獲得しました。

 

成績がすごい!東京オリンピック2020サーフィン代表に!

五十嵐カノア選手の主な成績をまとめてみました!

 

・2009年 NSSA(全米アマチュアサーフィン連盟)年間最多優勝回数 30勝達成
・2010年 NSSA全米ナショナルチャンピオンを獲得
・2012年 USA Championship U-18 最年少優勝
・2016年 WCT Billabong Pipe Masters 準優勝
・2017年 WSL Vans US Open of Surfing 優勝
・2018年 WSL Qualifying Series 3000 – Pro Santa Cruz 2018 優勝
・2019年 WCT Corona Bali Protected 優勝

 

そして以下は、世界のプロサーファーを統括するWSL(ワールドサーフリーグ)が運営する、世界最高峰の舞台であるWCT(ワールドチャンピオンシップツアー、自動車レースでいうF1のようなものです)における五十嵐カノア選手の年間成績です。

・2016年シーズン 年間総合ランキング20位
・2017年シーズン 年間総合ランキング17位
・2018年シーズン 年間総合ランキング10位
・2019年シーズン 年間総合ランキング6位
(同シーズンの第3戦においてWCT初優勝、優勝賞金は10万ドルです)

これを見ると、年々着実に実力を付けてきていることがうかがえます。

 

2020年シーズンは、日本人史上初となるワールドチャンピオンを目指して頑張ってほしいです!

 

五十嵐カノアの賞金がすごくてお金持ち?

世界の舞台で活躍されている五十嵐カノア選手、プロサーファーとしてかなりの年収があるようです。

 

全米チャンピオンを獲得した翌年の2011年には、Quiksilver(クイックシルバー)とスポンサー契約を結んでいます。

その後、2017年からは木下工務店を傘下に持つ木下グループと所属契約を結んでいます。

これらの他に、RedBull(レッドブル)、Oakley(オークリー)、Audi(アウディ)、SharpEye(シャープアイ)、Visa(ビザ)、Dior(ディオール)など、多数の世界的企業とスポンサー契約を結んでいます。

 

では、五十嵐カノア選手の年収がどのくらいあるのでしょうか。

2018年の「The Stab Rich List 2018」によれば、競技で獲得した賞金とスポンサー収入などを合計すると、2億円近い収入があるようです!

プロサーファーとしては、破格の年収なのでは。

さすが、五十嵐カノア選手、すごいですね。

 

東京オリンピック2021でメダルをとれば、ますます多くのスポンサーがつき、年収も増えていくことでしょう。

 

家族はサーフィン一家!

五十嵐カノア選手の家族も、実はサーフィン一家なんですよ!

ご紹介しますね。

 

五十嵐カノア選手の家族は

引用:https://newtore.net/archives/5374

父親:五十嵐勉(つとむ)さん
母親:美佐子(みさこ)さん
本人:カノアさん
弟:キアヌさん

の4人家族です!

 

 

カノアはハワイ語で「自由」を、キアヌはハワイ語で「山からの清々しい風」を意味します。

両親は共にプロサーファーで、現在はスポーツトレーナーの会社を経営しています。

 

産まれてくる子供にサーフィンの英才教育を受けさせるために、拠点を日本からアメリカに移したそうです。

御両親は、結婚当初から、自分の子供を一流のプロサーファーに育て上げるために、かなり長期の計画を立てていたようですね!

 

弟のキアヌさんは現役のサーファー選手であり、兄弟だから当然かもしれませんが、五十嵐カノア選手似のさわやかなイケメンです。

2018-2019年シーズンに、NSSA総合ランキング1位を獲得するほどの実力者です。

キアヌ選手自身、兄の五十嵐カノア選手を目標に努力してきたようですし、近い将来、WCTの舞台で兄弟対決が見られそうです。

 

 

五十嵐カノア選手の家族はアメリカで生活していますが、会話は日本語だそうです。

日本へは毎年帰国しており、その度に祖父母の墓参りに訪れています。

五十嵐カノア選手は、自分のルーツである日本に対する思いも強いようです。

 

また、五十嵐カノア選手は、サーフィンで稼いだ賞金で、両親の長年の夢だった家をプレゼントし、両親に大変喜ばれたそうですよ!

五十嵐カノア選手の親孝行な一面が見られます。

 

五十嵐カノア選手の、東京オリンピック2021で活躍する姿が、とても楽しみですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
ヒビマス

コメント