クッキーをフライパンで焼くコツ!卵なしでもおいしくできる?

スポンサーリンク
趣味

ちょっとクッキーが食べたいな。

そんな時に手軽に作れるのが、フライパンで焼けるクッキー。

少ない材料で、オーブンを準備する時間もかからず、簡単にできちゃいます。

ですが、クッキーをフライパンで焼く時には、ちょっとしたコツが必要なんです。

実際にクッキーをフライパンで作ってみましたので、クッキーをフライパンで上手に焼くちょっとしたコツをご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

クッキーをフライパンで焼くコツ!

では、実際にクッキーをフライパンで焼いてみた焼き方と、上手に焼くコツをご紹介しますね。

 

今回、フライパンで焼いたクッキーの材料はこちら!

薄力粉
砂糖
マーガリン

これだけです。

たった3つの材料で、クッキーが焼けるんです。

とっても便利!

 

では、作っていきます。

まずは、小麦粉を計ります。

 

袋に空気を入れて、シャカシャカ振ります。

 

これで、粉ふるいが完成です。

粉が散らからなくていい!

 

そこに、マーガリンを入れます。

 

ここで、クッキーをフライパンで上手に焼くコツの1つ!

 

マーガリンは少しずつ・細かくして入れる!

 

これは、この後の作業に関係するのですが、このマーガリンと小麦粉を混ぜ合わせる時にマーガリンが大きいままだと、うまく混ざらないのです。

すると、生地の中に粉っぽい部分ができて、ムラになってしまいます。

ですので、クッキーをフライパンで焼くコツとして、マーガリンは少しずつ・細かくして入れましょう!

 

では、小麦粉にマーガリンを入れたら、袋の上から揉み込みます。

マーガリンを細かくして入れておくと、この時に、小麦粉と混ざりやすいんです。

そうしないと、この混ぜる作業がけっこう大変です。

意外と、混ざらないんですね。

 

小麦粉とマーガリンが綺麗に混ざったら、クッキーを少しずつ丸めて、平らにして、フライパンの上に並べていきます。

ここでも、クッキーをフライパンで上手に焼くポイントが!

 

クッキーの生地は薄く伸ばしましょう!

 

実際にクッキーをフライパンで焼いてみるとわかるのですが、気をつけないと、すぐに焦げてしまいます。

なので、クッキーを薄くしておかないと「まわりは焦げてるけど、中が焼けてない・・・」ということにも。

クッキーをフライパンで焼くときは、クッキーは薄く伸ばしましょうね!

 

クッキーをフライパンに全て並べたら、まずは中火でフライパンをあたためます。

 

フライパンがあたたまったら、弱火にします。

クッキーをフライパンで焼くと、とても焦げやすいです。

クッキーは、出来るだけ弱火で、じっくり焼きましょう。

 

火力や、クッキーの厚みにもよりますが、裏表を焼いて20分くらいで完成です!

うっすら焼き目がついて、とても綺麗に焼けました。

 

フライパンでもクッキーは上手に焼けましたよ!

 

クッキーをフライパンで焼くコツ!卵なしでもおいしくできる!

今回、クッキーをフライパンで焼いてみましたが、材料に卵は使いませんでした。

クッキーなのに卵を入れなくても、おいしく焼けるの・・・?

と思いながら、焼いてみました。

 

出来上がりを食べてみると、卵がなくても、おいしいクッキーが焼けました!

ということで、クッキーをフライパンで焼く「卵なし」の材料をいくつかご紹介しますね。

 

ココアクッキー

薄力粉 60g
ココア 8g
砂糖 20g
サラダ油 20g

 

くるみクッキー

薄力粉 100 g
砂糖 大さじ 3
バター 50 g
くるみ 大さじ 3

 

紅茶クッキー

小麦粉 200g
砂糖 55g
紅茶ラテ(粉状)1スティック
塩少々
サラダ油 80g

 

どれも、作り方は簡単です!

ビニール袋に粉物を入れてフリフリして、最後に油やバターを入れて馴染ませて、クッキーの形を作ってフライパンで焼くだけ。

もし、クッキーの生地が柔らかいな、という場合には冷蔵庫で少し寝かせてあげると、クッキーを生成しやすくなりますよ。

基本のクッキーがフライパンで焼けたら、ぜひ、いろいろなバージョンのクッキーにチャレンジしてみてくださいね!

 

クッキーをフライパンで焼くコツ!サクサクにするには?

クッキーをフライパンで焼いてサクサクになるの、という疑問もありました。

クッキーというと、オーブンで焼くのが普通ですよね。

作り方も簡単だし、フライパンで同じようにサクサクに焼けるのかな、と思っていました。

 

実際に、クッキーをフライパンで焼いてみると・・・サクサクに焼けました。

ですが、なんとなく、しっとりした感じに仕上がったような気がしますね。

クッキーとパンの間、のような感じでしょうか。

クッキーを焼いたのがフライパンだったから、サクサクじゃなかったのかな・・・?

味は美味しいのですが、あのクッキーのサクサク感がやはり欲しいな、と思ったので、どうしたらサクサクのクッキーを焼けるのか調べてみました。

 

クッキーをサクサクに焼くには

・生地は薄力粉で、打ち粉は強力粉
・切り混ぜを正しい方法で
・生地を冷蔵庫でしっかり休ませる
・部屋や作業台を冷やしておく
・クッキーを手早く成形する

これらの項目がきちんとできていることが必要なようです。

 

まず、

・生地は薄力粉で、打ち粉は強力粉

これは、クッキーでフライパンを焼くときには、打ち粉は使わないので関係ないですね。

 

次に

・切り混ぜを正しい方法で

これも、クッキーをフライパンで焼くときには、ビニール袋で全て混ぜてしまうので、関係ないです。

 

そして

・冷蔵庫で休ませる

これは、今回の作り方でもできますね!

生地を焼く前に、冷蔵庫で少し休ませておきましょう。

休ませる時間の理想は、一晩ということですが、最低でも1時間、ということです。

もし時間に余裕があれば、冷蔵庫で1時間くらい生地を休ませてから焼いてみるといいかもしれませんね。

 

次に

・部屋や作業台を冷やしておく

ですが、これはクッキーを生成するときに部屋や作業台が冷たくないと、生地が固くなる原因の「グルテン」という物質が多くなってクッキーが固くなってしまうそうです。

ですので、作業する台を保冷剤で冷やしておく、夏ならクーラーの温度を下げておく、などできることをしてみるといいと思います!

 

最後に

・手早く成形する

ですが、これは先ほどの部屋や作業台を冷やしておく、と同じ理由ですね。

ささっとクッキーを成形しないと、手のひらの温度で生地があたためられて、クッキーが固くなる物質「グルテン」が多くなり、カチカチのクッキーに!

とにかく、素早く!クッキーを生成するように気をつけましょうね。

 

クッキーをフライパンで焼くコツ!まとめ

ということで今日は、クッキーをフライパンで焼くコツをご紹介しました。

 

まとめると

粉を混ぜてマーガリンを入れるときには、細かくしてから入れる
クッキーを成形するときには、焦げないように薄く作る

これを意識して作るのが、クッキーをフライパンでうまく焼くコツになると思います!

 

また、サクサクのクッキーにするには

部屋や作業台を冷やしておく
生地を冷蔵庫で1時間程度寝かせる
クッキーを手早く生成する

ということが必要でしたね。

 

フライパンで焼くクッキーは、本当に簡単で、しかもおいしく焼けます。

オーブンをあたためたりする準備もいりませんので、思い立ったらすぐ作れますよ。

ぜひ、フライパンでクッキーを焼いてみてくださいね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
趣味
ヒビマス

コメント