体操着袋大きめの作り方!簡単な方法は?裏地ありや持ち手についても!

スポンサーリンク
趣味

小学生になると荷物がたくさん!

毎週持ち帰る荷物の1つに体操着があります。

体操着袋といっても、どんなものがいいの?巾着型とナップサック型があるけど?どっちがいいの?と悩まれている方には、ナップサック型をお勧めします。

ランドセルの上から背負えると両手が使えて安全!

また、荷物の多い日には体操着袋は背負って、手提げバッグには別のものを入れてくることもできますね。

 

スポンサーリンク

体操着袋大きめの作り方!簡単な方法は?(裏地なし)

ナップサック型は少し難しそうに感じるかもしれませんが、裏地なしならあっという間にできますよ!

まずは体操着袋に必要な材料をご紹介します。

 

・生地

しっかりとした生地のオックスか、キルティングがお勧めです。

 

男の子も女の子も、おしゃれなストライプ生地。

【楽天市場】有輪 オックス 生地 カジュアルストライプ 《 縞 ボーター ストライプ 有輪商店 ゆうわ yuwa 手芸 手作り ハンドメイド カルトナージュ デコパージュ コットン オックス 》:手作り工房 MY mama
MYmamaでしか手に入らない! YUWAストライプのオックス生地#ゆうパケ4点可。有輪 オックス 生地 カジュアルストライプ 《 縞 ボーター ストライプ 有輪商店 ゆうわ yuwa 手芸 手作り ハンドメイド カルトナージュ デコパージュ コットン オックス 》

 

・アクリル平テープ

持ち手と紐を通すタブ部分に使用します。

 

カラーが豊富!生地に合わせて色を選べますね。

【楽天市場】アクリルテープ 25mm幅かばんの持ち手・入園・入学グッズにおすすめです。【メール便は5mまで】:Rose Rosa
かばんの持ち手などに!(6903-25mm)。アクリルテープ 25mm幅かばんの持ち手・入園・入学グッズにおすすめです。【メール便は5mまで】

 

・アクリル紐

肩にかけた時に痛くないように少し太めがお勧めです。

 

こちらもカラーが豊富。生地や持ち手とお揃いにできますね。

【楽天市場】アクリルひもMサイズ【1】選べるカラーは全部で77色!※メール便合計40mまで: Rose Rosa
アクリルひもMサイズ【1】選べるカラーは全部で77色!※メール便合計40mまで

 

体操着袋大きめ(裏地なし、縦40㎝×横35㎝)の作り方

・生地 縦100cm×横37cm

・アクリル平テープ (25mm)20cmを1本、6cmを2本

・アクリル紐 140~150cm(お子さんの体型によって長さを調節して下さい)

 

①生地などの材料を裁断します。

生地をサイズに合わせ裁断し、生地のほつれを防ぐためにジグザグミシンをかけます。

 

②タブ部分を準備します。

タブ用の平テープの両端にジグザグミシンをかけます。

半分に折り、0.5mmの位置にミシンをかけてタブ部分を作ります。

 

③本体を縫います。

袋本体を中表に合わせ、袋底のわの部分から2cmの位置にタブを挟みます。

マチ針で仮止めします。

下記図の点線部分をミシンで縫います。

タブ部分は、力がかかる場所なのでミシンを往復させ、しっかりと縫いましょう。

縫い代部分を割って、アイロンをかけます。

 

④あき止まりを縫います。

あき部分にアイロンをかけ、ミシンをかけます。

 

⑤持ち手を取り付けます。

表側の中心から3㎝の位置に持ち手となるテープを仮止めします。

 

⑥紐通し部分を縫います。

中表のまま、1㎝折ってアイロンをかけます。更に3㎝折りミシンをかけます。

持ち手部分を上に上げ、袋口から0.5㎝の位置にミシンをかけます。

 

⑦紐を通します。

袋を表に返して、両側の紐通しの穴から紐を通します。

タブ部分にも紐を回し、結べば完成です。

 

サイズは異なりますが、裏地なしのナップサック型の体操着袋を動画で紹介されています。

動画で見ると流れが分かりやすいですよ!

 

 

体操着袋大きめの作り方!裏地あり!

次に裏地のある体操着袋をご紹介します。

裏地なしよりも複雑かな?と思われるかもしれませんが、端処理の必要もないので意外と簡単にできますよ!

 

体操着袋大きめ(裏地あり、縦40㎝×横35㎝)の作り方
・表地 縦86cm×横37cm

・裏地 縦86㎝×横37㎝

・アクリル平テープ (25mm)20cmを1本、6cmを2本

・アクリル紐 140~150cm(お子さんの体型によって長さを調節して下さい)

 

①生地などの材料を裁断します。

生地をサイズに合わせ裁断します。

 

②タブ部分を準備します。

タブ用の平テープの両端にジグザグミシンをかけます。

半分に折り、5mmの位置にミシンをかけてタブ部分を作ります。

 

③持ち手を取り付けます。

表地の表側に持ち手を仮止めします。

縫い付ける場所は、中心から3㎝の位置です。

この時、持ち手の先を生地から1㎝ほど出しておきます。

 

④袋口を縫い合わせます。

表地と裏地を中表で合わせ、袋口を縫い合わせます。

端から3㎝の位置を縫います。

 

⑤本体の脇を縫います。

表地同士、裏地同士にそれぞれ合わせ、袋の脇を縫い代1㎝で縫い合わせます。

この時、表地の下から2㎝の位置にタブを挟み込みます。

タブ部分は力がかかる場所なので、しっかりと縫い付けておきましょう。

表地は袋口の部分から2㎝ほど開けておきます。

裏地側は、10㎝ほどの返し口を残して縫います。

 

⑥袋の形を整えます。

脇を縫ったら、ひっくり返して袋の形をアイロンで整えます。

返し口はラダーステッチで綴じましょう。

 

ラダーステッチのやり方はこちら!

 

⑦袋口に押さえミシンをかけます。

端から2㎝の位置にミシンをかけます。

両側から紐を通し、タブ部分にかけて結べば完成です!

 

体操着袋大きめの作り方!切り替えあり!

次にご紹介するのは、表地に切り替えの入った体操着袋です。

切り替えなんて!と大変なイメージがあるかもしれませんが、裏地ありの手順とほとんど一緒です。

一手間加えておしゃれな体操着袋に仕上げてみませんか?

 

体操着袋大きめ(切り替えあり/裏地あり、縦40㎝×横35㎝)の作り方

・表地A 縦35cm×横37cm (2枚)

・表地B 縦20㎝×横37㎝(1枚)

・裏地 縦86㎝×横37㎝

・アクリル平テープ(25mm)20cmを1本、6cmを2本

・アクリル紐 140~150cm(お子さんの体型によって長さを調節して下さい)

 

以下の図のように生地を裁断し、表生地Aと表生地Bを縫い代1cmで縫い合わせます。

生地の図柄に上下がある場合は、図柄の向きに注意して下さい。

縫い代部分は、表生地B側に倒してアイロンをかけます。

この縫い代部分が浮かないように、切り替え部分に表から押さえミシンをかけます。

この作業で、表生地と裏生地のサイズが同じになります。

この後の作り方は、裏地付き体操着袋の②以降と同様です。

 

体操着袋大きめの作り方!おすすめのサイズは?

入学時には小さかった体操着も、学年が上がるとともに、どんどんサイズアップしていきます。

また、体操着の他にも、タオルや帽子、冬場はトレーナーなどの防寒着も入れるため、体操着袋は入学時から大きめがお勧めです!

お子さんの体型にもよりますが、「縦40㎝×横35㎝」くらいあれば安心!

大きくなるまで使えるサイズです。

 

まとめ

体操着袋大きめの作り方をご紹介しました!

子ども達が大きく成長する小学校の6年間。

大きめな体操着袋を作ってあげれば長く使えますね。

生地の種類も豊富にあるので、お好きな柄を見つけて、お気に入りの体操着袋を作ってあげて下さい!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
趣味
ヒビマス

コメント