アシガールネタバレ 74!制服姿の忠清を友だちに見せびらかす唯…そして衝撃の事実が

スポンサーリンク
アシガールネタバレ 74漫画ネタバレ

「ココハナ」で掲載中の漫画「アシガール」(森本梢子先生)

今日は、その漫画「アシガール」74を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

制服姿の忠清を友だちに見せびらかす唯…そして衝撃の事実が…

「アシガール」73はこちら>>>

また、「アシガール」はU-NEXTで無料で読めます!

\「アシガール」を無料で読む!/ 

U-NEXT公式サイトはこちら!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

31日間無料トライアルでもらえる600円分のポイントを使えば、好きな漫画を無料で読めますので、ぜひ絵付きで漫画を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

アシガールネタバレ 74!制服姿の忠清を友だちに見せびらかす唯…そして衝撃の事実が

初めて唯と忠清が一緒にいる姿を目の当たりにした速川家は、二人が無事現代に辿り着いた事に喜びの声を上げます。

ただいま!と元気よく言う唯。

久方ぶり、現代に来るのはこれで二度目となる忠清が、またしても速川家に世話になってしまうことを、申し訳なさそうに詫びました。

速川家の両親は、二人が無事だったことにホッとした様子で、忠清がまたこちらに来たことも歓迎しました。

 

家に入った途端、改めて目の前にいる忠清の存在をぽーっとした表情で見つめる唯。

自分の家に若君がいるという状況が未だに信じられません。

しかし目の前の自分の家族たちは、忠清の存在に当たり前のように接しています。

親し気に話す父親と、当然のように若君の着替えを用意する尊、風呂に入るように勧める母親。

以前もここにいた忠清に、皆が当然のように接します。

ただ一人、この状況が初めての唯には、それが不思議に思えました。

 

忠清が入浴中に、キッチンの隣の和室に忠清の布団を準備する母親。

自分の部屋でないことに少し不満げな声を上げる唯に、高校生なんだから節度を守れ、と父親から最もなお叱りが飛びます。

そこに風呂から上がった忠清が、濡れた髪をタオルで拭きながら現れました。

初めて生で見る現代の洋服(寝巻)を身に纏った若君の姿に見とれてしまう唯。

だらしなく開いた口を母親に指摘されながら、自身も風呂に向かいました。

 

唯が風呂から上がり和室を覗くと、縁側で夜空を眺める忠清の姿がありました。

隣に座る唯に、羽黒城で見上げていた月を今この450年後で眺めるなんて、と感慨深げに話す忠清。

月に見入るその腕を掴み、もう遠く離れるのは絶対に嫌だ、と忠清を真っすぐに見つめた唯は伝えます。

忠清は、腕にしがみ付くような唯の手を握り、静かにそれに応えました。

風呂から出た娘が若君の部屋から出てこない…親として不健全を許すわけにはいかない父親は、部屋の前で“ウホンッ”と大きな咳ばらいを一つ。

そろそろ部屋に戻れ、と緊張したように声をかけ部屋を覗くと、見えた二人の姿に緊張していた空気が一気に緩みました。

——余程疲れていたのね、と二人の様子に微笑む母親。

もう離れないとでもいうように手を繋ぎ、一緒に眠ってしまっている二人の姿がそこにはありました。

 

唯は現代に戻ってから、忠清の夢をよく見ていました。

場面は必ず戦国の世なのに、目が覚めて現代のベッドにいる自分に、いつも落胆していました。

——鳥のさえずりで目が覚めた唯は、ベッドから飛び起きました。

駆け降りた階段の先、白Tにジャージ姿で朝の鍛錬をしている忠清の姿を庭で見つけた唯は、安堵と共に、うっとりと忠清を見つめました。

既に家族全員と隣の向坂じいに取り囲まれる中、一番遅くに起きてきた唯に気付いて微笑む忠清。

その姿に唯は少し恥ずかしそうに、しかしはっきりとお願いを口にしました。

『制服で迎えに来て!』

 

放課後。

彼氏って唯の妄想でしょ?、と校舎から校門まで歩きながら呆れたように言う友人たち。

若君って呼んでいいよ、と言う唯の台詞に、呼ばない、と益々呆れています。

すると校門前に何やら人だかり…騒いでいるのは女子生徒たちのようで、誰あの人!モデル?撮影⁉、と黄色い声が上がっています。

その中心に立つ人物を見つけ唯が走り出し“若君!”と呼びます。

振り返ったのは、制服を着た忠清。

その姿に、友人たちは声を揃えて、“若君”ですね!と声を上げました。

『“生制服姿”の若君を見ること』と『友人に若君を紹介する(見せびらかす)こと』

唯の長年の夢は叶ったのでした。

 

その夜。

忠清が二十歳になったと聞き、嬉しそうにビール瓶の蓋を開け、忠清のグラスに注ぐ父親。

自身もグラスにビールを注ぎ、お殿様に自分も会ってみたい、と言うと、次は唯は留守番で自分と忠清が戦国に行く、と言い出します。

その台詞に、ピクリと反応する尊。

吉乃さんにお礼をしにいきたい、と今度は母親が言い、こっちにきてもらうのはどうだろうなんて言葉まで聞こえて、尊は焦り出しました。

『みんな激しく勘違いしている‼』

そう、皆好き勝手に言っていますが、今回の二人乗りタイムマシンは、自由に何度も時代を行き来出来るものではないのです。

次は、間違いなく時空に亀裂を生むことになります。

それはつまり、次が本当に最後の一回。

二度とこちらに戻れなくなるということです。

『戦国で生きるか、現代で生きるか、選ばなければいけない』

尊の口から知らされた衝撃の事実に、浮かれていた両親が固まります。

ただ忠清は、焦ることも狼狽える素振りも見せず、静かにその事実を受け止めました。

アシガールネタバレ 74!無料で読む方法は?

レイ
レイ

今日は「アシガール」74のネタバレを詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「アシガール」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴

※おすすめ
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「アシガール」を無料で読みたい、そんな時におすすめなのが、U-NEXTです!

 

U-NEXTは、31日間の無料トライアルがあります。

無料トライアルに登録すると、なんと600円分のポイントがもらえるんです!

この600円分のポイントを使って、U-NEXTで「アシガール」が読めるということ。

これなら、お金をかけずに「アシガール」を読むことができますよ。

 

U-NEXTの31日間無料トライアルは

U-NEXT31日間無料トライアル600円分のポイントプレゼント
見放題対象動画の作品が無料視聴できる
雑誌読み放題サービス(70誌以上の最新号)
31日間無料(日数計算)

と、こんなにお得なサービスなんです。

31日間ずっとこのサービスは続きます。

「月末で終了」というわけではないんですね!

また、31日間無料トライアルから継続すると、2倍の1200ptがもらえるんですよ♪

U-NEXTについて詳しくはこちら>>>

 

また、U-NEXTは漫画だけでなく、アニメやドラマ・映画などの動画もたくさん配信されています。

しかも、漫画がドラマ化や映画化された作品も無料で視聴できるものが、たくさんあるんです。

31日間無料トライアルでは、そんなU-NEXTの動画も楽しめます!

ぜひ、U-NEXTの31日間無料トライアルをチェックしてみてください!

\31日間無料トライアル600ポイントで!/ 

「アシガール」を無料で読む!!

※無料トライアル期間(登録日を含む31日間)に解約をすれば、料金はかかりません! 

違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

アシガールネタバレ 74の感想!

現代の若君をやっと生で見る事ができた唯、本当なら一生無理なはずだった願いが叶って本当に良かったですね!

若君ならみんなに自慢して見せびらかしたくなります。

しかし、尊の口から出た衝撃のラスト一回発言。

ドラ〇もんみたいに自由に行き来はできないもんなんですね(笑)

心残りの羽木家を思う、忠清はどんな決断を下すのでしょうか。

そしてその時、唯には完全に現代を捨てる覚悟はあるのでしょうか?

続きが気になります。

まとめ

「アシガール」ネタバレ 74と感想をご紹介しました!

「アシガール」は、U-NEXTの31日間の無料トライアルで、無料で読む方法もあります。

今すぐ無料で「アシガール」を読む!

ぜひ、絵とあわせて「アシガール」を楽しんでくださいね!

「アシガール」75はこちら>>>

「アシガール」まとめはこちら>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント