青のオーケストラ ネタバレ 38話後編!自分と原田は雲と雷のようだと思う高橋…

スポンサーリンク
青のオーケストラ ネタバレ 38話後編漫画ネタバレ

裏サンデーの漫画「青のオーケストラ」(阿久井 真先生)

今日は、その漫画「青のオーケストラ」38話後編を読んだので、ネタバレと感想をご紹介しますね。

自分と原田は雲と雷のようだと思う高橋…

「青のオーケストラ」38前編はこちら>>>

また「青のオーケストラ」は、まんが王国でお得に読むことができます。

\登録は無料!/

「まんが王国」はこちら!

※無料会員登録で毎日最大50%のポイント還元!

無料の会員登録で毎日最大50%のポイント還元のチャンスがありますので、ぜひ好きな漫画をお得に楽しんでくださいね♪

スポンサーリンク

青のオーケストラ ネタバレ 38話後編!自分と原田は雲と雷のようだと思う高橋…

オケ部のチェロ奏者である高橋の回想シーンが続きます。

原田と隣の席になった高橋は、ことごとく原田と意見が合わないことに気が付きます。

そんな原田は、女子からの人気が高く、オケ部でもバイオリン奏者として一目置かれる存在でした。

高橋も、原田のバイオリンの腕は認めているようです。

 

ある日、音楽を聴いている高橋に、原田の方から声を掛けます。

いつも何を聴いているの、と尋ねられた高橋は、イヤホンを原田に差し出します。

それはチェロでロックを奏でる海外アーティストの音楽でした。

意外にも共感した原田に対し、親近感が湧く高橋…。

明日CD持ってくるね、と原田に答えるのでした。

 

場面は演奏会へと戻ります。

アントニオ・ヴィヴァルディ作曲の「四季」から、「春」を演奏する3年の弦楽器メンバー。

高橋はチェロを弾きながら、かつて原田と私は水と油のような存在だったと考えます。

皆の音を引っ張るように、美しく奏でられる原田のバイオリン。

そうじゃない、私たちは…雲と雷のような関係だ、と考える高橋。

ここで、穏やかだった曲調が一気に激しく変わります。

「春」が終わり、曲は「夏」へと差し掛かっていました。

息をつかせぬ速さで奏でられる低音。

そこに原田のバイオリンが、雷鳴のように激しく鳴り響きます。

それはまるで、立ち込める暗雲と走る稲妻…。

先ほどまでの、穏やかな春の日差しを薙ぎ払うかのような、夏の嵐の訪れです。

そして舞台に立つ、オケ部のメンバーの顔つきも変わります。

一変した様子に、戸惑う観客の中には、怖いと感じるものもいます。

舞台で弾いている原田の気迫に、原田先輩だよな…?と感じる青野。

それほどまでに雰囲気が変わった原田は、激しく稲妻のような速さでバイオリンを弾き鳴らします。

原田の音色に、応えるかのように弾く、米沢がいます…。

 

米沢の回想シーンが入ります。

演奏会の前、メンバーと一緒に「四季」についての意見を交わす米沢。

高橋が、もっと低音を速く弾かないか、と提案します。

それに対し米沢は、これ以上速くされるとキツい、と思います。

イメージと違う、と話す高橋に、どんなイメージを考えているのか尋ねる原田。

高橋は、「四季」の「夏」は、作曲したヴィヴァルディの故郷であるイタリアの夏の嵐を表現している、と話します。

それはまるで、真っ暗な空にこれでもかっていうほどの激しい雷鳴が鳴り響く「雲」と「雷」ではないか、とも…。

いつもは擬音語で伝わってこない高橋のイメージが、具体的だったと笑う米沢。

その言葉に高橋は、この曲が好きだから、みんなでこのイメージを共有したかった、と照れながら話します。

何だか原田のような物言いに、高橋が変わったことを米沢とオケ部のメンバーが驚きます。

コントラバスの柴田が、頷きながら話します。

じゃあ、俺たちが「雲」で、原田のソロが「雷」だな、と…。

こうして、皆の意見がまとまり、演奏会の練習が始まるのでした。

 

再び演奏会へと場面が戻ります。

積み重ねてきた練習の成果が、3年を筆頭に、美しく激しく発揮されます。

厚い雲の中を鋭い稲妻が暴れるように、音を奏で続ける原田…。

まるで幼い子供がはしゃぐようにも見えます。

音は混じり合い、一気に盛り上がりへと向かいます。

来る、と青野。

その瞬間、青い閃光が放たれたように原田の音が場内を包みます。

圧倒される観客たち…。

完璧なまでに大役をこなす原田に、カッコつけやがって、と高橋は笑います。

やがて曲は終わりへと近づきます。

放たれた閃光は、雲と共に去り行くように消えていきます…。

 

こうして、演奏は終わりました。

オケ部のメンバー、そして原田の見事な演奏に、惜しみない拍手が送られます。

その拍手を受けながら、後ろを振り返る原田。

目に映るのは、共に演奏をしてきた仲間たちの満足げな表情です。

そんな仲間たちに向かって、最高の笑顔を向ける原田。

今まで見たことのない原田の満足そうな笑顔に、呆気にとられたオケ部メンバーなのでした。

 

舞台裏で、原田の肩を思いっきり叩く高橋がいました。

お疲れ、と声を掛ける高橋は、小声でカッコ良かったよ、ともつぶやきます。

原田には聞こえていたのでしょうか。

高橋もまた、清々しい顔で舞台裏を進んでいくのでした。

青のオーケストラ ネタバレ 38話後編!無料で読む方法はある?

レイ
レイ

今日は「青のオーケストラ」ネタバレ 38話後編を詳しく紹介したけど、やっぱり絵があったほうが面白いわよね!

マスター
マスター

「青のオーケストラ」は、U-NEXTでも読めますね。

漫画は、電子書籍配信サービス以外に動画配信サービスでも読むことができます。

無料お試しでもらえるポイントを使えば、タダで漫画が読めることも!

配信サービス配信状況特徴
・31日間の無料トライアルあり
ポイント600円分もらえる
・月額1990円(税抜き)

U-NEXT公式サイト

・2週間無料おためし
最大900円分のポイントがもらえる
・月額888円(税抜き)

FOD公式サイト

・30日間無料おためし
600円分のポイントがもらえる
・月額1958円(税込)

music.jp公式サイト

・会員登録無料
・無料漫画9000作品以上
割引セールが多い

ebookjapan公式サイト

・会員登録無料
・毎日最大50%のポイント還元
・「じっくり試し読み」が人気

まんが王国公式サイト

「青のオーケストラ」を無料で読みたい、という方のために無料で読む方法を探してみましたが、現在のところ残念ながら無料では読めないようです。

U-NEXTでは、31日間の無料トライアルで600ポイントがもらえますが、「青のオーケストラ」は600円以上ポイントが必要なので完全に無料では読めませんでした。

 

ですが、「青のオーケストラ」が配信されている「まんが王国」では、無料の会員登録で毎日最大50%のポイント還元のチャンスが!

しかも、「まんが王国」は

まんが王国会員登録無料!
毎日最大50%のポイント還元!
無料のじっくり試し読み作品、3000作品以上!
まとめ買いがお得!

と、こんなにお得なサービスなんです。

まんが王国について詳しくはこちら>>>

 

「まんが王国」のじっくり試し読みはたくさん種類があるので、ついついいろいろな作品を読んでしまいます。

気になる漫画が、じっくり試し読みで無料で読める場合もあります。

ぜひ、「まんが王国」をチェックしてみてください!

\会員登録は無料!/

今すぐ「まんが王国」で青のオーケストラを読む!

※毎日最大50%のポイント還元!
違法サイトに注意
漫画を無料で読めるような「違法サイト」

ですがそれらは違法のため、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

青のオーケストラ ネタバレ 38話後編の感想!

原田先輩の最後のコンマス、圧巻の演奏でしたね!

そしてそんな原田先輩を支える、3年のメンバーたちの何とも雰囲気のいいこと…。

オーケストラは全員で創り上げるものだということを、改めて感じた回でした!

原田先輩は、バイオリンを弾いている時が一番カッコいいですね。

クールな高橋が、最後に原田にそっとつぶやくシーンも素敵でした。

まだまだ演奏会は続きます!

まとめ

「青のオーケストラ」ネタバレ 38話後編と感想をご紹介しました!

「青のオーケストラ」は、まんが王国でお得に読む方法もあります。

まんが王国はこちら!

ぜひ、絵とあわせて「青のオーケストラ」を楽しんでくださいね!

「青のオーケストラ」ネタバレ 39話はこちら>>>

「青のオーケストラ」ネタバレまとめ>>>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
漫画ネタバレ
ヒビマス

コメント